スポンサーリンク

2021年10月10日

何だか切ない運動会

先日のニュースで
ある小学校の運動会の取材模様が放映されました。

6学年を3つのグループに分け
それぞれ運動会を約45分間で実施。
種目は徒競走とダンス類のみ。
観戦できるのは各家庭の保護者1名のみ。

釧路から300kmかけて
孫の運動会を観に来たお婆ちゃんが
柵の外で淋しそうに観戦していました。

何だかとても切ないですね。
孫が元気に走る姿を
ずっと楽しみにしていたと思います。

密になるからと
運動会名物である玉入れや綱引き等もNG。

屋外で充分な自然換気があるのだから
マスクの着用程度で何とかなりそうなものです。
教室で授業やっているより
遥かに安全だと思う人は少数派なのかな。

政府が主たる感染原因である空気感染に関して
強調する気が殆ど無いですからね。
空気感染について口をつぐんでいるのは日本だけです。
何か不都合でもあるのでしょうか。

昨日、私が散歩していると
保護者が体育服を着た子供を連れて
ぞろぞろと帰宅する姿が目に入りました。
10:30頃の話です。
直ぐ近くの小学校からは
スタート合図のピストル音や
軽快で活気のある音楽がスピーカーから流れていました。
柵越しに観ている人もいました。

バックネットに掲げられた紅白の得点表の上には
◎△小学校運動会 の横幕がありました。

来年の運動会は普通にやれるといいですね。
というより来年の2月あたりから
マスク着用と手指消毒は継続すると思うけど
ほぼコロナ禍前の日常に戻るような気がします。
ススキノへ行こうの大合唱もOKかも。

posted by hiroki |11:13 | 気楽に日記風 |