コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年05月09日

PCR検査の信頼度

【外出の自粛】
先日緊急事態宣言に一区切りがついたのですが
今日のニュースなどを見るかぎり人の動きが戻っているようです。
これで1週間ぐらい経つと、また感染者数が一気に増えるのか
或いは、このまま減少が続いていくのかは非常に注目です。
もし減少の一途を辿るなら
外出の自粛にはそれほど意味が無かったと言えるのかも。
<研究結果【県外ナンバー車への偏見】
そもそも起因になっているのは越県パチンカーだと思います。
例えば大きな自衛隊駐屯地・基地が在る町は
他都道府県からの転入者が多いから当然他県ナンバー車は多いです。
数年で転勤するため、ナンバープレートをいちいち変える人は殆ど無し。
他県ナンバー狩りなどもっての外でしょう。これこそ犯罪です。


【PCR検査】
メディアはこぞってPCR検査を増やせと煽っていますが
医療現場の最前線からは、医療崩壊に繋がるので
不必要なPCR検査はやめてほしいとの声も上がっています。
PCR検査において陽性者が陽性と出る確率は良くて70%。
つまり、実は陽性者である1000人に検査を行うと
700人には陽性反応が出ますが、300人は陰性となってしまいます。
その300人が安心して町を出歩き多くの人と接触すれば
当然感染は広がり入院者が増えて
入院者が増えれば医療のパンクに繋がっていきます。

ただし確実に陽性者を見つけて隔離するのが基本なので
それを当初から行えるよう
次の冬にも来襲すると言われる大きな波に備え
検査技術者を大幅に増やし
受け入れ医療体制をしっかり準備しておく事は必須かと思います。

posted by hiroki |17:02 | 事件 | コメント(0) |