コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年02月01日

ワンツーフィニッシュ!と思いきや

FISスキージャンプ・ワールドカップ男子の第18戦 札幌大会が終了し
石狩市出身の佐藤幸椰選手(札幌日大高⇒雪印メグミルク)が優勝!
これで通算2度目の優勝かな?

1本目、137.5mで6位につけ
2本目は138.5mと飛距離を伸ばしての逆転勝利でした。

1本目に141.5mを飛んで1位だった小林陵侑選手は
2本目で110mと飛距離を出せず16位でした。

2本目で佐藤幸椰選手が首位のままラストジャンパー小林陵侑選手の順番になり
これで日本勢がワンツーフィニッシュか!と思いましたが
今日のところはオアズケとなりました。

明日はSTVで録画中継があります。
勢いに乗って佐藤幸椰選手が連勝する可能性もあるし
小林陵侑選手が巻き返してくるかも知れません。楽しみです。

posted by hiroki |18:22 | スポーツの話 | コメント(0) |

2020年02月01日

内村選手が引退

長い間、本当にお疲れ様でした。

FC今治の公式サイトに内村選手の引退がリリースされましたね。

コンサドーレには2010年~2018年まで在籍。
公式戦で60ゴールを決めてくれました。

数ある内村選手のゴールシーンで最も印象的なのは
何と言っても2016年11月12日のJ2第41節(フクダ電子アリーナ)。
ジェフユナイテッド千葉との試合で終了間際に決めた決勝ゴールです。

 94分05秒  ソンユンが河合へボールを出す
 94分13秒  河合が前線へロングフィード(行ってこーーーい!的な)
 94分17秒  スルスルと相手DFの前に抜け出た内村が右足を振り抜く
 94分18秒  ボールが千葉ゴールマウス左隅に吸い込まれる

その瞬間、解説の水沼貴史さんが 「うわーーーーー!」 と叫びました。

この劇的勝利により第42節(最終節)を残して
J1昇格に向け非常に有利な状況を得ることが出来ました。


長い間お疲れ様でした。多くの感動シーン、ありがとうございます!
もし可能なら北海道コンサドーレ札幌のスタッフに戻って来てほしいです。

posted by hiroki |16:03 | コンサドーレ | コメント(0) |