コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2012年01月19日

誰かが言ってやらなきゃ

職場での話。
お偉いさんが視察に来るんで、事前に視察コースの点検を受けるってのは時々あります。

先日、我が部署にそんな感じの事前点検が入りました。
しかし点検者3名の内の1人……
私から見ればかなりの若造が、やたら細かいところをじっくり見てるんですよ。
まぁ、ほかの2人は常識的な見方をしていたわけですが
その若造が思いっ切りしょうもない事を指摘してきたのです。

一緒に立ち会っていた我が部署のスタッフ数名は黙ってそれを受け入れる様子。

くだらない指摘に呆れた……というかムカついた私は
「アナタの指摘なんだけど、それって根拠はあるの?」 と突っ込みを入れました。
周囲の人達はナゼか目が点に……。

こういう場面で指摘とかに反論する人って多分ほとんどいないのでしょうね。
指摘した本人はそれまでの高飛車な態度から一変、しどろもどろ状態に (笑)

「根拠あるのか無いのか今わかんないんだったらさ、あとでちゃんと調べて連絡してよ」
「は・は・はい!そ・そうします」

あとで一緒に立ち会った人の感想では
私の言動で 『スッキリした!』 と 『マズイんじゃないの?』 が賛否両論。
でも私に言わせれば、いくら立場が上であっても理不尽な要求にはハッキリ反論すべき!
こういうことを黙って受け入れてきた歴史が職場の諸悪につながっているんだと思います。

誰かが言ってやらなきゃ!と思うんです。
これを言ってしまうことで私が悪者になったとしても全然後悔はしません。


どんな理不尽な要求だったかについては書きませんが
知ったら多分 『バカじゃねぇの!』 って思うでしょうね~ (^_^;)

posted by hiroki |18:57 | 茨城から | コメント(6) |