コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年01月26日

牽引力のあるリーダー

リーダーといっても新キャプテンは誰に? という話ではありませんヨ~!
今日は珍しく真面目な話題です。文字の間違いは添削しないで下さいね (笑)

アメリカの大統領選挙が始まってから、つい先日のオバマ就任までを見てきて
私的には何だかとても羨ましく感じました (^o^)

アメリカの大統領選挙は二大政党の候補者選びから本選までお祭り騒ぎ状態。
就任式を見ていると、国民が選んだ (と言えるかどうかわからないけど) リーダー!って感じがします。

日本の場合は衆議院議員の数が多い政党の中で選ばれるようなものだから
何だか国民全体で選ぶリーダーという雰囲気が私には感じられません。
衆議院議員を選挙で当選させたのは我々の1票ではあるけど
その1票 ⇒ 首相までの距離はとても遠いような気がします (^_^;)

日本がアメリカのように牽引力があるリーダーを国民みんなで決めるような時代は
未来永劫やってこないかも知れないけど
今のままなら今年9月に任期満了となる衆議院選挙で政権交代が起こるような気がします。
もしかしたら、そのまま日本はアメリカのように
二大政党による政権争いをするようになって行くのかも知れませんね。

なお戦後以降、衆議院が任期満了による選挙を行ったのは僅か1回のみです。
「今なら議席数を増やせそうだ!」 というタイミングで解散しますからね (^_^;)
  ※ 衆議院解散 = 総理大臣が行える伝家の宝刀!

ちなみに私は別にアメリカが好きなわけではありません。
だいたい行った事もないし、永久に行く事もないでしょうから (笑)

posted by hiroki |18:12 | 気楽に日記風 | コメント(0) |