スポンサーリンク

2006年08月02日

亀田兄が号泣の王座獲得!

いや~終わりましたね~。最悪の結果も覚悟しましたがギリギリ勝ちました。
フランス人ジャッジに感謝です→114-113で亀田!

終盤に突入して、もし判定で勝ったら正直TV局のチカラだろう?
な~んて思っていましたが
いざ勝利が決まると僕も涙が止まりませんでした(^ ^;)
「親父のボクシングが間違ってなかった事を証明できました。」
それを聞いた父さんは号泣。更に朝赤龍がリングに上がって抱きかかえて……。
もうこれは涙なくしては見られませんでした。

3人の解説者(鬼塚・竹原・畑山)は11Rにパンチを浴びフラフラの亀田を見て以降
「初回にダウンで出鼻をくじかれたのに19歳の若さで本当に頑張った!」
「彼は本当に素晴らしいボクサーです!」と、負けを覚悟して擁護の言葉を述べました。

しかしボクシングの判定は各ラウンドごと内容で優劣をつけますから
1R終盤に痛烈なダウンを喰らい、11Rにはグロッキー状態に陥ったという
流れというかストーリー的には「負けただろうな~」と思えても
冷静に振り返ってみれば、その2つの回を除き
ポイントを奪われたラウンドはあまり無かったという事です。
フランスのジャッジが114-113、韓国のジャッジは115-113でしたから
1Rに2ポイント、11Rに1ポイント取られたのは確実なところなので
それを除けば、1ないし2ラウンドしか劣勢じゃなかったのです。

あんなに強いと思っていた長兄が新井田と接戦を演じたランダエタ相手に大苦戦では
次男大毅は本当に世界王者になれるかな?と思ってしまいます。
ちなみに三男の和毅(ともき)は当面の目標が北京五輪ですが、相当強いらしいです。

しかしながら、まずは興毅が世界チャンピオンになるという第1章をクリアして
本当に良かったと思います(^ ^)/

続きを読む...

posted by hiroki |21:53 | プロボクシング | コメント(5) |

2006年08月02日

もうすぐゴング!

ボクシングWBA世界Lフライ級王座決定戦
1位 ファン・ランダエダ(VENEZUELA) vs 2位 亀田 興毅(協栄) 横浜アリーナ

異例の2時間30分近くものTV放映!
亀田が王座獲得の場合、大晦日恒例の日本レコード大賞を30日に行い
大晦日のゴールデンに亀田の初防衛戦を放映する話も出ているようです。

さて、これだけ注目を集めている試合だけに
どんな結果が出るのか、考えるだけでもドキドキします。

相手のランダエダが童顔につき「ベビー」と呼ばれていることで
ハンバーガーを食べながら調印式に現れた亀田は、キューピー人形をプレゼント。
それに対抗し、ランダエダは昨日の計量の際
ベネズエラで買ってきたという紙おむつおしゃぶりを亀田に渡そうとして
亀田陣営が怒り狂ったとのこと。
とにかく凄いパフォーマンスの連続です。

ランダエダは2年前の10月、新井田 豊が持つミニマム級王座に挑み
かなり微妙な判定で敗れています。
新井田は現在も王座に就いていますが、いつもギリギリの判定勝ち。
それから見れば亀田の方に分がありそうですが、一体どうなるのでしょう!?
専門家の間では、中盤に亀田KO勝ちの予想が多いようです。

これだけ強気のパフォーマンスを続けてきて、もし負けるようなことがあると
どうなっちゃうのかな~?というのもあるし
色々な面で注目度の高い一戦を見れるだけでも僕は幸せです。

posted by hiroki |19:23 | プロボクシング | コメント(2) |