スポンサーリンク

2019年11月01日

20191026ルヴァンカップ決勝~彩の国へ4

 遠征記最後です。

 10/27の飛行機は羽田10:30発です。

 万全を期して大塚を7時過ぎに出発し品川で京急乗り換え、8時半前に羽田空港到着。荷物を預け(ガラガラでした)空港散策。

 札幌サポもチラホラ見かけます、お疲れさまでした。

 お土産を買って早めに保安検査場を抜けます。今回は行きも帰りも引っかかりませんでしたがパーカーやトラックジャケットは脱がされます。

 時間もだいぶあるので出発の儀を執り行います。クラシック、麦とホップ、サッポロラガーなどをいただきました。搭乗口近くので試食をいただきながら羽田限定のを購入。

 ガラガラだった搭乗席付近の座席も気付けば沢山の人達が。そして搭乗。座席指定がうまく行かず仲間たちとはバラバラです。

 帰りの飛行機は順調です。wifiにつなげネットをしながら過ごします。

 ふと窓をみればもう北海道、ここでなんとも言えない気持ち、今回の遠征の試合のことを思いジーンと来ました。

 「大好きで誇らしい北の大地に帰還」

 ガラじゃないけどね。

 千歳に着き仲間と別れ、スポーツ紙を探しコンビニめぐり。

 3紙はなんとかゲットしましたが道新スポーツは無し。

 慌ててもしょうがない、と銀座ライオンさんで到着の義としてクラシック大ジョッキ、当たり前にクラシックを飲むことができる環境が嬉しいです。

 クラシックを飲んでいると「道新スポーツあったよ」の報が。

 勝てなかったけどスポーツ紙大人買い。滅多にないことです。

 ジョッキに残ったクラシックをぐいっと飲み帰路に着きました。

 今回のルヴァンカップ、決勝という場に立ち会えて本当に良かったです。

 コンサドーレが今後いくつものタイトルホルダーになった時、その礎はこの試合にあったのだなと思うのでしょう。

 

 

posted by budsun |21:11 | コメント(0) |

2019年10月31日

20191026ルヴァンカップ決勝~彩の国へ3

 いよいよ埼玉スタジアム2○○2へ到着。2012浦和戦以来、あの時は古田の2ゴールで勝ったなぁ。

 赤黒と水色の方たちが混在。グッズ売り場などを覗きながら北門へ向かいます。

 いるわいるわのコンササポ、どこが最前列なのかわからないくらいの混雑。待機列に並ぶ前に黒ラベルを飲ります。しかし日差しが強い、ビールはすでにぬるくなっているが十分。

 結局待機列がさばけたのは入場開始40分くらい経ってからでした。
 我々も入場。
 でかいですねぇ、上段の席なんてどれくらい階段を登った事でしょうか。
 
 スタジアムの景色をパチリパチリ撮りながら過ごします。両ゴール裏も随分埋まってきました。

 札幌ゴール裏から一発目のスティング、屋根がある事も相まって埼玉スタジアムに響きわたりました。

 そしてキックオフ、菅ちゃんの先制ゴール!前半終了間際の被弾、後半終了間際の被弾、そして・・・・

 あと1プレーか?というところでCKを得ました。ソンユンも1997のディドばりに上がってきました。「コンサドーレのゴールを守る選手は誰もいません」

 そのCKを深井選手が頭で合わせ同点ゴール!行ける!この試合は行ける!

 延長に入るとチャナの突破を川崎の谷口選手が止めてこれがイエロー、その後レッドに変更になり退場、数的有利になりました。

 そのプレーで得たFKを福森選手が恩返し弾を決めてリード!
 戴冠が近づいたと思われました。

 だがリーグ2連覇中の川崎もしぶとい。

 セットプレーから小林悠選手が決め振り出しに戻ります。

 簡単には勝たせてくれません。そりゃそうです、川崎も4度ファイナルで敗れルヴァン(ナビスコ)カップの悔しさを多く知っているチームの一つです。

 延長戦でも決着がつかずPK戦へ。

 ここでも戴冠の絶好のチャンス、決めれば勝ちという場面。

 しかし無情にも相手キーパーに阻まれサドンデスへ、川崎の6人目が決め札幌のキッカーは進藤選手・・・・・

 結果はご存知の通り川崎がPK戦を制してルヴァンカップ初優勝。

 北海道コンサドーレ札幌は準優勝でした。

 よくやった、なんで!?、悔しい!など複雑な感情、しかし試合前、試合中、試合後、多くの方が書かれているような涙は出ませんでした。

 準優勝の表彰で悔しさを噛み締めている選手を見ながら、これからもこのチームと共に歩むのだな、と当たり前の再確認をしました。

 川崎フロンターレに関わる全ての皆様おめでとうございます。
 あっ、自分も元川崎市民でした、北の方ですが。

 川崎の表彰を目に焼き付けて、またこの舞台に立ち会いたい、後押ししたいという気持ちでスタジアムを後にしました。

 嬉しそうな川崎サポ、自分らも含めて悔しそうな札幌、共に向かうのは浦和美園駅。

 スタジアム周辺こそ道が狭くなっていましたが、そこを越えると駅までは割とスムーズでした。

 駅周辺は流石に混雑、臨時改札に並ぶ人、通常の改札に向かう人、我々は通常改札へ。
 入場規制もありましたが混雑したホームで一本電車を見送ると次の電車で座ることができました。これはラッキー。

 スポーツナビを見ながら過ごしていると駒込到着、そして大塚へ。

 残念会は北大塚ラーメンさんのチャーシュー麺。飲みに出るとは誰も言い出さず解散。
 
 買い出しの後、近くに銭湯があるということで向かいました。

 大塚記念湯さん、シャンプー、ボディソープ付きで470円。それほど広くないですが汗を流し疲れを癒やすのは十分です。

 汗を流した後は大塚界隈を散策、結局飲みには寄らずホテルに戻りました。
 ホテルでサッポロを飲りながらスポーツニュースを見ていたら決勝戦の模様が。試合の後短いですが札幌特集、見ていて良かったです。

 お風呂の気持ち良さと心地よい疲れで早めに床につき20191026は終了。

 

posted by budsun |22:28 | 遠征 | コメント(0) |

2019年10月31日

20191026ルヴァンカップ決勝~彩の国へ2

 ルヴァンカップ決勝の朝。

 5時過ぎに目が覚める。Twitterを覗くと夜の道内組の移動の凄まじさを把握。海を越えて来るサポーターにとって、こういう不測の事態も乗り越えなければならないのが遠征なのです。

 朝から湯船に湯を張り朝風呂。朝食を摂っていざ出発。ホテル出発時間は前日の予定では8時半だったが、それより早く集合していました。

 ホテルを出ると昨日までの雨が嘘のように晴れていました。カップを獲るにはお似合いの天気。

 大塚から埼玉スタジアムまでは山手線から駒込で南北線に乗り換え。南北線が埼玉スタジアム線に乗り入れています。
 山手線では見かけなかった札幌サポさんたちも南北線では目立ってきました。
 当然川崎サポもいて自作のルヴァンカップらしきものを持った親子連れも乗車していました(その親子は何故か途中下車しました)

 そんなこんなでスタジアム最寄りの浦和美園駅に到着したのは9:30前。スタジアムとは反対側のイオンへ向かいサッポロビールを補給してからスタジアムへ向かいます。

 道中は歩行者専用道になっており、歴代ルヴァンカップ決勝の結果がパネルになっていました。柏時代のスゲさんもいました。
 川崎フロンターレはこれまでファイナル4連敗、そして無得点、今年こそはとの意気込みは相当でしょう。
 しかし我々北海道コンサドーレ札幌もカテゴリーは違えど悔しさは嫌というほど味わっています。
 意地と意地との戦いになるでしょう。

posted by budsun |21:18 | 遠征 | コメント(0) |

2019年10月30日

20191026ルヴァンカップ決勝~彩の国へ

 ブログポータルへは非公開にしている弊ブログにたどり着いた方、よろしくお願いします。多くの方がルヴァンカップ決勝参戦の様子をブログに書いているので便乗してみました。

 そもそも決勝参戦を決めたのが準決勝2ndレグの帰路。観戦仲間からの誘いもあってその場で飛行機と宿をじゃら○で抑えました。2泊3日の予定です。
 チケットもすったもんだありましたが無事ゲット。本州にいる親族も観戦したいとの事で彼らの分も購入。

 出発当日の25日新千歳空港へ。台風の影響で東京は強い風と雨が降っているそうです。
 まずは出発の儀という事でクラシックをいただきます。そして搭乗、今回はJAL様です。風が強いとの事で道中大きな揺れもあり30分ほど到着が遅れました。その時は「仕方がない」と思っていましたが、この便で正解でした。

 これ以降の便は徐々に出発時間が遅れ、中には千歳空港に引き返した飛行機も。極めつけは最終便、出発が日付を超えてから、到着は3時過ぎだったそうです。また、欠航が決まった26日朝の便の方たちは新幹線などで埼玉に集合したで、まさに執念ですね。

 午後に羽田に着いた我々はノープラン。取り敢えず昼食、という事で入ったのはリンガーハット(札幌でも食べられるのに)

 そして本日の宿泊地大塚を目指します。京急で品川、山手線で大塚という乗り換えが少なくラッキーと思いましたが、さすがそこは東京、品川から乗車した山手線は中々の混雑、さらには車両の中には機内持ち込みが絶対不可なサイズのキャリーバッグが2、3個ドア前、いや通路真ん中に鎮座されています。
 持ち主は海外の方々、混雑で端に置くのもままならない状態だったのかな?そのキャリーバックに座れるんじゃないかと思ったほど。
 品川から乗車した我々は奇跡的に席に座ることができました。

 山手線の下から上、30分ほどで大塚到着。池袋でだいぶ人が減りましたがそれまでは混雑していました。

 ここまでは雨が降ってても乗り物の中でしたがここからは傘を刺してホテルまで移動。駅構内でエルゴラゲットしました。

 若干迷いながらホテル到着。2泊するには十分なお部屋。テレビを付けると場所によってはひどい大雨、被害もあったとの事です。

 しばし休息した後、前夜祭へ。

 ホテルから近い「大提灯(おおちょうちん)」さんへ。
 生はア○ヒさんでしたが赤星の瓶があったのでそちらを注文。やきとん数本と煮込み、ポテサラなどを頂いてサクッと撤収。ごちそうさまでした。

 2軒目は「やきとんあさちゃん」さん。
 やきとんにビール、ハムカツ、ポテサラ、純レバなど。ビールは違った銘柄でしたが199円。2杯飲んだことは内緒です。

 ホテルに帰ってから部屋で軽く3次会。ここからはサッポロオンリーです。

 こんな感じで初日は終了です。

 長くなりそうなので続く。

 

 
 

 

 

posted by budsun |21:07 | 遠征 | コメント(0) |

2019年02月10日

ワタクシは騙されたかもしれない(いや騙された)その3

あらすじ
  ネット通販(北東北某市)でコンサドーレのアパレルを購入したワタクシですが、入金後も商品を送ってくる気配が全くなく警察に相談。

  振込先の銀行へ連絡をするところから再開します。
※コンサドーレのオンラインショップではありません。

某銀行の救済窓口フリーダイヤルへ連絡。

「混み合っております」のアナウンスが。

何回かけてもそのアナウンスでその日は諦めてしまいました。

翌日、同じく「混み合っております」のアナウンス。

しかし何回もかけ直したところ繋がりました!

事情を説明し警察に相談している事を伝えると

相談先を聞かれました。

当該口座については既に“凍結”されており

残金が1,000円以上あるとの事。

1,000円以上と言ってもちょうどかもしれません。

銀行によると手続きを行った上で、口座の残高を同じ様に被害に遭った人数で按分するそうです。

手続きの申請書は調査などを行ってからになる為、手元に届くまで3か月くらいかかるとの事でした。

まあ、幾ら戻るかわかりませんが時間のかかる話ですね。

首を長くして待つしかありませんのでまた状況が進みましたら報告させていただきたいと思います。

皆さんも怪しい通販には気を付けて下さい。

posted by budsun |10:20 | コメント(0) |

2019年02月07日

ワタクシは騙されたかもしれない(いや騙された)その2

 到着まで2~5日かかるとの事であわよくば年内到着を期待していましたが、発送の連絡すら無し。

 その時は「ああー正月休みに入ったのかな?」と思うぐらいでした(今思えばここで気付くべきでした)が年が明けても一向に音沙汰無し。

 年が明け業を煮やしてHPの問い合わせフォームから催促の連絡を。

 ここで気付いたのです、そのHPにある会社案内には

 電話番号が無い事を!
1549546212-004.jpg


 

アドレスの最後が.xyzこれも怪しい(ここで気付くべきでした)


1549546080-0041.jpg


 

 催促の連絡に返信はありませんでしたありませんでした。

 


続きを読む...

posted by budsun |22:16 | ブログ | コメント(0) |

2019年02月07日

ワタクシは騙されたかもしれない(いや騙された)

 コンサドーレのアパレルで探していたものが有りました。

 しかし探す時期が遅く軒並みソールドアウト!

 仕方がないと諦めていました・・・

 が、検索を重ねに重ねるとあるじゃないですか!!

 しかもサイズもバッチリ、さらに価格も定価より2割ほど安い(今思えばここで気付くべきでした)

 HPをよく見ると会社は北東北某所、グーグルマップで確認すると
1549541710-kisaku.jpg


 な場所でした(今思えばここで気付くべきでした)

 12月某日の出来事でした。

 HPのフォームから注文をします。
1549544974-001.jpg


 アカウントが登録されました、という旨のメール、

 直後に
1549544997-002.jpg


 と注文内容確認のメールが来ました。

 さらに2日後、
「ご注文のお礼とご入金のお願い」という内容のメール。
1549545020-003.jpg


 振込先と金額が書かれています。(あとで知りましたが支払い方法が振込だけというのも怪しいそうです)

 翌日入金を済ませ届くのを楽しみにしていました。

(つづく)



posted by budsun |20:57 | ブログ | コメント(0) |

2018年12月20日

熱い刺激はしばらくいらない

都倉 賢選手 セレッソ大阪へ完全移籍のお知らせ

 正直C大阪が獲得に動いているという報道が出ても話半分でした。

 しかし大本営の北海道新聞に載った時は「これは(移籍)するかも」と思ってしまいました。

 Twitter上では移籍が正式に決まっていないのに罵詈雑言を浴びせる方、静観すると言いながら静観できていない方(俺もか)、冷静な態度を取る方、応援しようという方など様々な方達がいてまさに混沌としていました。

 コンサドーレを応援してきた歴史の中で切っても切り離せないのは中心選手の移籍です。

 宏太、山瀬、今ちゃん、ダヴィ、大伍、征也、西嶋、奈良などなど(レンタル組は除く)引き抜かれの歴史でした。

 今回まさに寝耳に水のオファー、都倉なら残るのでは?という期待は微塵に砕かれました。

 ただ残念な気持ちはあるものの彼を責める気にはなれません。上記のような中心選手の移籍に耐性がついた自分もいるのでしょう。以前ならもっと毒づいていたでしょう。

 都倉にはザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)、ヴィッセル神戸時代に得点を決められ「嫌な選手だ」と思いました。
 そんな彼が北海道にやってきたのは2014年、初出場の松本戦でのゴールは今でも鮮明に覚えています。
 その後の彼の活躍はここで書くのは不要なくらい皆様御存知でしょう。

 2016J2優勝、2017と2018のJ1残留は彼の活躍が大きな要因であることは間違いありません。そして2019シーズンも北海道コンサドーレのと都倉賢として一緒に闘えることを信じていました。

 オフィシャルに載っている彼のコメントが全てですが、俺としては何故?という思いは捨てきれません。報酬はもちろんですがそれプラスアルファが彼を動かしたのでしょう。
 勝手な想像ですが、彼は向上心の塊、主力流出でチーム崩壊に近いあのチームを自分の力で立て直そう、やってやろう、という気持ちもあったのではないのでしょうか?繰り返しますが想像です。

 俺は北海道コンサドーレ札幌のサポーターです。コンサドーレ以外のチームを真剣に応援することは出来ません。

 それゆえJリーガー都倉賢を応援することはしばらく出来ませんが、サッカー選手都倉賢、一人の漢・都倉賢は応援させてもらいたいです。

 「都倉ナーナ ナナナナナナーナ ナナナナーナ 都倉ー. 熱い刺激をさぁ俺たちに! ナナナナーナ都倉ー」

 しばらく熱い刺激はいらないよ!

 都倉選手へ、2019年怪我なくコンサドーレ戦以外で活躍を。

 さようなら!行ってらっしゃい!
 

 

 

posted by budsun |21:16 | 選手 | コメント(0) |

2018年08月19日

20180819FC東京戦

 最悪の前半から最高の後半!

 逆転サッポロ!

posted by budsun |22:57 | 試合 | コメント(0) |

2018年08月15日

20180815G大阪戦

 強豪G大阪とのアウェイ戦はアディショナルタイムに都倉のゴールで追いつき1-1のドロー。

 2012の2-7の悪夢が未だによぎりますが昨年は勝利、今年はドローとアウェイG大阪戦の苦手意識は少しずつ払拭出来ていると思います。

 次節こそ勝利を。

posted by budsun |23:34 | 試合 | コメント(0) |