スポンサーリンク

2012年05月03日

破顔一勝

 なんともうれしい勝利

 ロスタイムの5分がなんと長く感じたか。

 最後は奈良まで投入してはっきり守りきるとの合図

 最後のコーナーを守りきって主審の笛を聞いたときには周りでハイタッチの嵐。

 忘れかけていた勝利の味をかみしめた。

 なんと勝利のよいことか。

 ナビスコでは勝ったが、リーグ戦で勝ったのはまた違った喜びが湧き出るものだ。

 今日試合が良かったのは前からのプレスが効いて、相手に自由にさせなかったこと。相手にミスが続出したのもやはり前から行くという姿勢がそうさせたと思う。

 それにしても近藤のゴールは見事なものだった。

 得意のショートカウンターから日高のグランダーのクロスが近藤に入って近藤が反転してのシュート。近藤のシュートもよかったが、日高のアシストも見事

 その後は相手のミスや前俊のテクニックで決定的な場面を何度か作ったが追加点はなし。はらはらさせられながらの今年リーグ戦初勝利だった。

 反省点は追加点がとれなかったこと。せっかく相手がミスをしてボールを高い位置で奪った場面を何度も作りながらゴールできなかった。そのあたりは今後の修正点だろう。

 ただ、守りでは1点を守ったことは見事

  1点では正直厳しいと思っていたが1点を守りきったことは自信に繋がっただろう。

 采配も時間帯を見て芳賀、奈良を投入すると言ったはっきり守るという意識を示した見事なものだった。

 みんなで1点を守った勝利。

 この勝利は大きい。厚別で勝ったことも大きい。

 そして、試合中雨が降らなかったのが奇跡的

 雨にも濡れずに、勝利にも立ち会うことができて二重の喜びだった。


  ただ、すぐ横浜FM戦がある。気を引き締めて次の試合に臨もう。

 
 それから岡本ヤス結婚おめでとう。


  ※ 試合の感想は勝手に叱咤コンサ外伝にもありますのでよろしければ御覧ください。 

posted by 孔明 |18:06 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(1)

2012年05月02日

C大阪戦展望(厚別開幕戦をみんなで良い思い出にしよう!)

 明日の厚別開幕戦のC大阪戦

 これまで7連敗の最下位。どん底の状態なだけに聖地厚別でまずは1勝をあげて巻き返しを図りたいところ。そのためにはサポーターの力が必要。こんなときこそ多くの声援が必要だ。

 一方、対戦相手のC大阪のこれまでのリーグ戦の成績は4勝1分け3敗の8位とまずまずの成績。毎年残留争いをしているだけに少しでも上位に上がりたいだろう。

 前節はホームで磐田と対戦。
  前半序盤からサイド攻撃を活発化させ、左サイドの丸橋と酒本がどんどんクロスを入れる展開。
先制点はキム・ボギョンのキープから清武が押し込む。
その後も攻撃の手をゆるめずに右サイドからキム・ボギョンの崩しから扇原が豪快に蹴り込んで2点差した。後半になっても攻撃を活発化させてキム・ボギョンがドリブルで仕掛けて見事に蹴り込んで、3点差とした。

 その後は疲労から足がとまり相手の猛攻を受けて2点を入れられ、なんとか逃げ切った。

 C大阪のシステムはケンペスをワントップに置く4-2-3-1
攻撃的なサッカーを標榜し、サイドあから真ん中からと波状攻撃を仕掛けてくる。

  清武、キムボギョンのワイドがケンペスと絡む攻撃は迫力がある。

  彼ら2人と扇原と山口を含めオリンピック代表候補が4人いて個人の能力が高いチーム

 攻撃はサイドバックが頻繁に上がってくる。特に左サイドバックの丸橋はクロスの精度が良い。できるだけクロスを上げさせないようにしなければいけないだろう。

 清武は海外移籍を視野に入れており、今最も旬な選手。アイデアが豊富で、テクニックもあり、DFラインをすり抜ける動きがうまい。

  キムボギョンはキープ力があり現在、6得点をあげている。シュート力がある選手。できるだけフリーにしないように気をつけなければいけないだろう。

  ボランチの扇原と山口はオリンピック代表でもコンビを組み、相性がいい。

 特に山口は攻守の要で、彼の所からボールを出てくるので、彼にしっかりとプレッシャーをかけて自由にさせないことが必要となる。

 ロングボールも時には使い、ケンペスめがけて蹴ってくる。ケンペスはキープ力もあるのでその対応はしっかりしなければいけないだろう。  

 特にワンツーを使ったりドリブルで中に仕掛ける攻撃には注意したい。防戦一方にならないようにしっかりとした、ポジショニングや対応が必要だ。

 後半に出てくる播戸や柿谷にも警戒しなくてはいけないだろう。局面を変えることができる選手だけに、注意したい。

 また、山下が先発するかどうか。連戦になるだけに藤本に代わって先発する可能性もある。



C大阪予想スタメン

         ケンペス

    ブランキーニョ    
清武                      キムボギョン
        山口  扇原  

丸橋  藤本 茂庭  酒本

              キムジンヒョン

  こちらとしてはいつものように前からプレスをかけてショートカウンターで攻撃しなくてはいけないが、簡単なパスミスや連係ミスはできるだけ少なくしなければいけないだろう。

  まずは前半、相手は主導権を握るためどんどん前に出てくるはずなので、負けずに迎え撃たなくてはいけない。

 相手に押し込まれた展開ではしっかりとブロックをつくってサイドのケアをすることだ。黙っているとどんどんサイドからクロスを入れてくるので、サイドで主導権をとり攻撃を仕掛けたい。

 こちらはやはりサイドからの攻撃を活発化させることが肝要 

 特に相手のサイドバックが上がったスペースをつきたい。

 そこから素早い攻撃で得点を演出してほしいものだ。

 相手は後半に息切れする傾向が強い。

 前半リードすることが理想だが、前半0点でも後半にチャンスが出てくるはず。後半勝負をかけるつもりでペース配分をしっかりやってほしい。

 セットプレーは相手はゾーンで守る。

 そのため良いボールを蹴ることができれば得点の期待がふくらむ。

 攻撃はサイドで主導権を握ることだ。相手をサイドで押さえつければ相手の攻撃力が半減する。

 守備では90分集中してできるだけミスを犯さないようにしなくてはいけないだろう。

 とにかく厚別開幕戦。今シーズンこれまでの苦しい思い出から良い思い出に変えよう。


  勝手に叱咤コンサ外伝

posted by 孔明 |19:27 | 次節の展望 | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ