スポンサーリンク

2024年06月05日

予定調和からの失点、予定調和からではない得点。予定調和を続ける限り未来はない。

 1対1でほっとするような得点が入らないような戦術の糞面白くないサッカーをまた見せられた。

 ドームに行ったサポーターの皆さんには本当に頭が下がる。

  そしていきなり失点。当然、東京Vと同様な戦い方をしてきた相手。DFの裏へのロングボールが通って桐耶と1対1、桐耶が足でボールをとろうとして失敗。抜かれてゴール左隅に流し込まれた。0-1

 まあ、いつものようなスタイルだからこうなる。

 こららは失点してから多少アグレッシブになったが、いつものように足元、足元のパスばかり。GKが出てきたところを見た家泉のロングシュートは枠の上
 相手を押し込んでコーナーやFKを何度もとるがコーナーでは相手のゾーンに自ら入り込みわざわざマンツーマンのようにさせて、そこに入れて跳ね返される。こればかり。
 マンツーされている選手は動くもそこにできたスペースに入っていく選手はいないし、克幸もそこに入れず 可能性のないセットプレーばかり。

 惜しかったのがやはり相手GKが出すぎたのを見た長谷川のロングシュート。入ったと思ったがバーに当たってしまった。

 その後、コーナーから岡田のヘッドは枠を外す。ほとんどこちらのペースながら決定機が少なく、パスに時間をかけているところだけ異様に目立った前半
だった。
 後半は、岡田と宏武に代えて菅と馬場ちゃんを投入、少し強度も増して縦への速さも速くなってきた。

 また、原が右サイドに移って右サイドが活性化。原のドリブルからクロスというパターンで何度かチャンスを作っていた。

 後半、危ないシーンはやはりロングボールから家泉が1対1になってしまい。家泉がかわされ滑ってしまい、決定機を作られる、それを桐耶がなんとかカバーで難を逃れる。

 原がポケットで相手ボールを奪うビックチャンスも原がかわしてシュートという思いが強かったのかシュートを打てず。ここは強引にでもシュートを打ってほしかった。
 
 相手が残り30分以上もあるのにDFの選手を投入して早くも5バックで守りにくる。

  このチームの攻撃ならとにかくスペースをなくして守れば失点はないと思ったからだろう。

 しかし、こちらにはコーナー言うチャンスが目白押し。そのコーナーからのクロスに泉のヘッドは相手GKの太ももにあたる。惜しかった。

 ここから圧倒的に相手を押し込むもないがなんでもパスで崩そうとやっき。そしてシュートを打たず、相手が寄せてきてどうしようもなくシュートを打ってゴールを外す。このいつものパターンに入ってきた。
 
 押し込んで10回くらいコーナーがあっても得点できなかったが、克幸のコーナーのこぼれだ球を長谷川がアーリークロス。それを相手の2人の選手が競って触ってさわってようやくゴール。1対1

 その後も積極的に攻撃する。

  桐耶がボールを奪って縦にドリブル、長い距離を走るもクロスはタッチを割る。しかし、それ以前に前線に上がっていく選手が3人しかいない。もっと入っていきたい。

 左奥からのFKのチャンス 長谷川のFKは跳ね返され、桐耶のパスに後ろから入ってきた教科書通りのプレーで木戸がスぺースに入ってきてシュートを打つもGKに防がれてしまった。惜しかった。

  そしてそのまま1対1でドロー
 
なんとはホームで引き分けたという感じだろう。

  どことやってもロングボールを蹴られ1対1にさせられて失点

 攻撃は相手がリードしてJ3ということもあってか引いて守る布陣を無理やりパスで崩そうとするばかり、後半のミシャの指示はサイドチェンジを多くしようということだったしいが、中盤がスカスカだからその手しかない。相手だって十分研究している。
 
 速くブロックを作って最後は5バックにしてスペースを消そうとしてくる。 
 それを唯、愚直にショートパスをして崩そうとするだけ。

 大森に縦パスを出すも多くのDFに囲まれ前にすら向きを変えられず。こぼれ球をシュートに行かない。


 このチームは選手に自覚意識はないとは思うが、毎日の連動したパス練習ばかりさせられて完全にパスが目的になってしまっている。

 またサイドからアーリークロスを入れず。必ずクロスを入れるだろうという予感をさせてからクロスを入れるから、相手の態勢が十分

 長谷川のクロスがオウンゴールを呼んだのもその予感をあまり見せないで素早くクロスを入れたからではないのか?

 また、このチームに象徴的だったのがこのシーン。克幸がシュートコースができたのを見逃さず。ミドルシュート。相手GKはあまり予想していなかったのだろう。ボールを前に弾くも詰める選手は誰もおらず。これはいつものようにパスをするだろうという予想しかしていないからなのではないか。
 
 要するに戦術全てが予定調和だから、相手はそれを予想して好守をすればいいだけ。

  相手にとっては本当に楽なチームだろう。

  富山は結構普段は前からくるチームだと思っていたが、コンサと対戦するいつものような戦術、中盤で相手の選手数の少なさをうまく利用して、中盤でパスをからめとり、前線で強力なFWを走らせて相手DFと1対1に持ち込んでこれを振り切りシュートまで行く。

 この作戦を基本としていたのだろう。

 J3のチームにでさえ、その作戦でうまくやられたということだろう。

 証明されたのは今の戦術ではJ3相手にさえ勝てないということだ。 

 幸い、なんとか同点にしたが、ホームでは圧倒的に点をとって勝たなけらばいけなかったはず。

 さすがに今日は力の差はあったが第2戦は相手のホーム、今度は一転して積極的にくるはず。はたして勝てるかどうかは正直まったくわからない。次の試合は恐らくは主力選手を多く投入してくるはず。富山もそうだろう。

 こちらは主力選手を投入しても個人で良い意味でミシャの戦術にさからう選手が出てこない限り、同じ戦術では勝利は難しいだろう。あとは運があればというところだろうか。


   
   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
  

posted by 孔明 |23:17 | 今節の反省 | コメント(3) | トラックバック(0)