スポンサーリンク

2024年06月03日

昨日の試合で再び明らかになった守備の問題点と構造的な欠陥について

 もう、このチームは今シーズンは無理だろうと昨日の試合を見て、すっかり半ば諦めに似た感情を覚えてしまった。

 昨日は攻撃は選手たちの気迫がかなり出ていて、何度も決定機も作っていたし、荒野のようにパスではなくミドルを選択して叩き込んだという前向きな得点があった。もっとも荒野は常に狙っていると言っていたが。

 また、コーナーからさほど身長が高くない近藤のヘッドが強いこと。今シーズンのコーナーからの直接ヘッドでは2点全てが近藤だ。

 ただ、問題はやはり守備。これを選手個人の問題だと叩く人も多い。今年は裏を狙われた失点はあまりかった。こちらは徹底して前に出るマンツーマンをしてこなく、また宮澤や大八の個に依存してきたからでもあろう。しかし、昨日の試合では昨年までの悪癖がまた表面化してしまった。

 選手達の前に出なければという意思の強さが裏目に出てしまったと思う。

 現に失点のうち少なくとも2点はCB自らの位置取りをうまくやっていれば防げたかもしれない。

 ただその上での根本的な問題はやはり前線に大きく人を割いてボールを奪われれたら大部分は数的同数か数的に不利になっているということだろう。またさらにはマンツーマンの守備でどうしても人につかなければいけないシステムになっていても、そのカバーについて徹底して練習していないからだと思う。

 さらに昨日の試合は相手に2つのシステムの選択肢があって土曜日の練習では相手が4バックでくると予想してこちらの主力も4バックになって練習していた。それ自身読みがはずれたのは仕方ない。こちらも疑心暗鬼のままで試合に入ったのも仕方ないだろう。

ここでわれらの河治さん(サッカージャーナリスト)がよい記事を書いてくれている。
                     ↓
 https://www.footballchannel.jp/2024/06/03/post564418/ 

  以下河治さんの記事の抜粋

桐耶「従来の3バックではなく4バックを敷いた。しかし、対する東京ヴェルディが前線に3選手を置いたことで、DFラインに迷いが生じてしまった。DF中村桐耶は「スタートは4バックで入ろうとしていた」と語る。「だけど相手が1トップ2シャドーだったので3バックに。結局いつも通りの形になった。立ち上がりで4なのか3なのか…自分たちでも曖昧になってしまった」

 岡村も修正していく過程を明かす。「相手が3-4-3で来たので、最初僕たちが4-4-2のブロックで引いて守るのか、マンツーマンで行くのかというところで、結局マンツーマンでハメていくことになった。それで(家泉)怜依を右に出して、馬場(晴也)をボランチの位置に。相手のシャドーにうちの両SBがつく形にした」。

 1失点目、このシーンに関して岡村は「僕もセオリー的に、ボールサイドに寄ったところで、背後一発に出されたので。そこで(家泉)怜依がカバーリングに行くのか、菅さん(GK菅野)を高い位置に出すのか。僕個人は菅さんに出て欲しいといったんですけど、菅さん的には厳しいという話だった」と振り返る。マンツーマンでそれぞれが見るべき相手を決めていても、この日のヴェルディのように、瞬間的な切り替わりで裏に走ってきたり、広いスペースを使って攻められると、マークというのはボケてしまう。

 特にこのシーンでは中村が染野に付いて行ったことで生じたスペースを見る形になったために、マークしているはずだった木村に一瞬裏を狙われたわけだが、岡村が語るように、GKの菅野が出てボールを処理するか、岡村の右外で木村が見えていた家泉が、瞬間的にカバーできていれば防げたPKだった。
 岡村は 「僕たちが1回とったボールを馬場が下げて、それを怜依が(荒野)拓馬くんに繋ごうとして。怜依の選択ミスもあるけど、あそこで少しでも圧力をかけてあげてくれと拓馬くんに伝えました」

 3失点目もやはり中村が染野の引く動きに付いていった流れで、相手のシンプルな展開から右側を翁長に破られ、フリーの翁長に対して3バック中央の岡村がサイドのカバーに行ったところで、ゴール前で1対2(家泉対木村、見木)になってしまったところで、外側の見木に決められた。ここに関しては荒野が素早く後ろを埋めるか、あるいは右ウイングバックの近藤友喜が一時的に対面の稲見哲行のマークを捨ててでも、家泉を助けて2対2にするべきだった。

 「僕がカバーリングに行った位置が遠かったので、相手に先に触られると思ってわざと詰めないで、距離を取って、相手にトラップさせようとした。中が間に合ってなかったのは分かっていたので。(荒野)拓馬くんが直線的に戻ってくれていたら、2対2になっていたかなと。あとはクロスを上げられるタイミングでシュートというのはほぼ無いので、菅さん(菅野)に高い位置を取ってもらって、シュートを切りながら行ってもらいたかった。あるいは近藤が直線的に戻ってくるというのも。本当に守るべきところは考えながら守備をする必要があった」と岡村は分析する、

  岡村は「僕たちはあの広大なスペースを1対1で守らなきゃいけないですし、潰しに行かないといけない局面もあるんですけど、そこでもっとどう圧力をかけて行くのかが本当に重要になってくる」

  マンツーマンをベースにしていても、本当に危険な場所はどこなのか。自分のマークを見ているからといって、周りが破られてもその人の責任とするのではなく、相互にカバーし合うことで、初めてこの守備戦術は成り立つ。そもそも、攻撃面で上回ってこそのスタイルではあるが、1試合で5失点してしまった現実をどう受け止めて、ここから取り組んでいくのか。守備戦術に長けた専門コーチを入閣させるのも1つの手かもしれないが、原則と応用の再整理は必要だろう。

  長々と河治さんのコラムを引用させてもらって申し訳ないがそれだけこのコラムはコンサの現時点での分析、今後どうしなければいいけないかのヒントを与えてくれる文章だと思うからだ

  まずは相手が3バックで来た時の対処が事前に決められていたものどうか。ゲキサカのこの記事も参照にしたい。
       ↓
ttps://web.gekisaka.jp/news/jleague/detail/?408475-408475-fl=&utm_source=smartnews&utm_medium=ios&utm_campaign=app

抜粋


   抜粋

 従来の3バックではなく4バックを敷いた。しかし、対する東京ヴェルディが前線に3選手を置いたことで、DFラインに迷いが生じてしまった。DF中村桐耶は「スタートは4バックで入ろうとしていた」と語る。「だけど相手が1トップ2シャドーだったので3バックに。結局いつも通りの形になった。立ち上がりで4なのか3なのか…自分たちでも曖昧になってしまった」と振り返った。

 岡村も修正していく過程を明かす。「相手が3-4-3で来たので、最初僕たちが4-4-2のブロックで引いて守るのか、マンツーマンで行くのかというところで、結局マンツーマンでハメていくことになった。それで(家泉)怜依を右に出して、馬場(晴也)をボランチの位置に。相手のシャドーにうちの両SBがつく形にした」。それでも失点は続いたことで「ボールホルダーに対してあまりにもゆとりを与えすぎていたのではないか」と疑問をのぞかせていた。

  河治さんの桐耶の発言やゲキサカの記事を見て推測で申し訳ないが、相手のシステムがどうしてくるかは大きなポイントだったはず。しかし、この記事からすると試合に入ってからの混乱がうかがい知れる。もっとも実際に試合を行うのは選手だから選手が細かな部分で対処しなければいけないのは当たり前、ただ、。この相手のシステム問題について事前にこうきた場合はこうするというような大まかな基本的な指示が行われたいたのか?という疑問さえ生じる。

 ここ何年もずっとミシャは「安い失点」を個人のミスだと断定しているかのように見える。まずはミシャの1対1では勝たなければいけないという思想があるからだろう。

 しかしながら、大部分が前線にいて、一番の問題だと思うのが「両サイドも張り付かせている」こと。

 これでパスが引っかかれば中央の後ろで守っている数人だけで広いスペースを守らなければいけない。昨日は相手のワンタッチの上手さや1対1の強さもあったが、両サイドが高い位置に張っていることから戻れず、そのギャップもあって3失点の桐耶のオウンゴール気味の失点も生じた。

 これは菅ちゃんや桐耶が必死に戻って追いかけることを怠ったことと一見見られるが、河治さんも言うように荒野が戻ったり近藤が上がっていて戻れなかった?戻らなかったので相手側の左サイドの選手がフリーになり、そこから失点したとも言える。

  そもそもこちらが攻める時には相手の人数が多くて、相手に攻められ場合に数的同数がか不利が多い。これこそ確率論を出すまでなく、得点はなかなかできないだろうし、失点は避けられないだろう。またマンツーマンDFがそれに輪をかけるのは明らかだろう。

 河治さんはマンツーマンでの守備の細かな部分についてのまずかったこと、改善点をあげてくれているが、前からはめるマンツーマンの守備は懸命に練習しているだろうが、守備で相手にロングボールをいれられた時の対処の仕方を練習しているとは到底思えないし、私も何度も練習を見ているが、そんな練習など1回も見たことはない。

 河治さんの記事での、大八の発言からの河治さんの対処方針の考えかたは正しいと思う。
 
 そうすべきだったと思うし、その時点での選手の判断が最善であれば防げた失点あろう。

  ただ、今のままではそういった事態は何度も起こる。

 また、大八の発言や河治さんの文章を見ると普段からそのマンツーマンの守備の基本が 話し合われているとも思えないし、練習さえしていないということが容易に想像できる。

 ミシャは1対1で勝てという思想の持ち主だが、やはりそれには個の強い選手が必要だ。

 今までは大八や宮澤も個人的なスキルだけで広いスペースをかカバーしてきた奇跡的とさえいえる個に依存した守備だったが、危機察知能力が高い宮澤が怪我、全体的にとにかく得点とらなければという思いが強すぎ、大八や荒野あたりがポジションどりで焦ったか、うまくいかず。

 このようにして見えば必ずしも「安い失点」とは言えないのではないだろうか。それに守備練習をしないから、とっさの判断力や連携も身についていかない。

 また最近は極端ではないがマンツーマンは選手に心身共に余計な疲労感を与える。これは大伍のユーチューブでもかつて言っていたこと。選手はカウンターを浴びるたび「また戻らなければいけないのか」と嫌になっているのではないかとさえ思う。

 攻撃で裏のスぺースにどんどん出て行く疲労感はその楽しさからある程度は軽減されるだろう。しかし、負の運動は余計に疲労感を与えるのではと想像している。こういう状態では身体にどう数字的に影響を与えるかを勉強しようと論文を何本か見たが、正直まだ勉強不足でわからない。

 しかし、こういう状態にさせること自体少なくさせなければけないことは多くのサポーターは感じていると思う。

  それでもミシャは1対1に勝つのが前提だというだろう。ただ、その場合は昨日も書いたがチアゴマルチンス張りの強さやスピードをもったCBが必要だと思う。
 
 そして、河治さんは守備コーチを入れた方が良いともアドバイスしてくれて
もいる。

  しかし、噂にしか過ぎないが、現鹿島の監督のポポビッチさんがミシャのやり方に反発して辞めたり、ミシャが過去のチームにおいて守備練習をした方が良いと言った選手を干したということも聞く。またジェイもXでACL出場がでいなくなってから何度も守備練習をしてくれと言いつづけていたが無視されたと明らかにしている。

 その結果が今のこのあり様だ。もっともミシャも年齢を重ね、頭が柔らかになってきたのも期待したいが、守備練習をしないのはミシャのミシャたるゆえんだからまったく期待などできない。

  ゆえに失点を現実的に防ぐには選手間でその対策を話し合うしかないのだろう。

 本来ならば好守とも現時点の戦力では愚策の5トップをやめて、マンツーマンのやり方も大幅に変えなければいけあいはずだ。これまでも根本的から戦術を変更しなければいけないだろうということは当ブログで再三再四書いてきている。
 
 まずは守備は個人の頑張りでというのはいまのチームには無理な話だと思っている。

 また地元のマスコミについても一言書きたい。

 こういう河治さんやゲキサカのような記事をなぜ書かない。書けないのだろうか。内容の分析はともかく、聞いてさえいのかもしれないが、大八がこの試合での具体的な改善点を言っているのに書かないとか、桐耶がこう戸惑っていたとい記事を書かないのか。選手の反省点は書いてはいるが、その内容は具体的ではなく、薄っぺらい内容が多く、無理やり前向きにもっていこうという意図しか見えない。

 もちろんネガチィブな話だけでは記事自体読まれないことを恐れてあえて明るい方向に持っていきたいのは十分わかる。一方でコンサ番は人たらしのミシャに悪い言葉だが「懐柔」されているとも邪推している。その緩い雰囲気もチームに危機感を感じさせない一要因にもなっているのではないか。

 今の時点で選手を一方的に叩くとかチームを壊すような内容の記事などもちろん書くべきではないが、難しいとは思うが、本当にコンサのことを思うなら、ミシャや三上さんに対してより危機感を与えため、選手の発言を引用するなどして現在、こういう問題点も考えられるのではないかというようなある程度厳し目の記事も書くべきではないのか?(スポーツ報知や道スポは宏太や平川さんの記事を載せてはいるが)、記者自ら問題点を指摘するような記事はないと思う。

 それこそが地元マスコミの使命なのではないのではないか。
 また、ミシャの記者会見でももっと厳しい質問をすべきではないのか。もちろん番記者という立場ではチームや監督に嫌われてもらいたい情報を得られない危機感もあるのもわかる。一部、道新だけは割合厳しい記事を書くことも見かけるがスポンサーということもあるのだろう。

 もっともこれらの地元マスコミがミシャが辞めたり、万が一降格した際に「当時のチームの問題点こうあって、こんな悪い状態だったからこうなったんだ」と「それみたことか」とう風にとられる記事を書いたなら私はそのマスコミを徹底的に批判する。


  
   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
  

posted by 孔明 |19:50 | 今節の反省 | コメント(3) | トラックバック(0)