スポンサーリンク

2024年06月02日

敗戦は攻撃の気迫が空回りしたことと、構造的な欠陥を直そうとしない頑固な人のせい。

 3対5で敗戦。

よく3点もとれたと褒めた方がよいのか(笑)

 昨日の展望では攻撃のことしかほとんど書かなかったことを猛反省。また、気迫で上回ることが必要だ、1対1に勝つことが必要だとと書いたが、過剰な気迫がこのような結果になると言及しなかったことは間違っていた。謝罪したい。

 この敗戦は完全に失点は気迫が空回りして前掛りになってしまったことが一要因。ただ後述するが基本的なこのチームの構造的な欠陥が主な要因だろう。

 さすがに前節を踏まえて、攻撃の意識だけは高かった。惜しかったのは近藤からのパスを受けた武蔵がフリーになりシュートのチャンス。ここですぐさまシュートを選択しなかったことが悪かった。サイドに追い込まれ無理な態勢で最後はシュート。当然入らない。

  押せ押せで行くものの、こちらの前掛りを当然予想していたのだろう。ロングボールから大八がかわされ菅野が出ていくも相手を倒しPKを与える。当然、PKを入れられ失点0-1

 その時点ではわがチームの選手も諦めなかった。特に荒野は責任を感じていたのだろう、相当な気迫で動き回り、こちらの1点目は浮き球のパスを一旦胸トラップしてシュート。

 相手に当たってコースが変わってゴール。そう、雨が振っていたということもあったが、こういうペナの外からでもシュートを打てば何かが起こると言う証明の1点でこれは今後に価値のある1点だろう。

  しかし、よかったのはそこまで、ここまで滑るピッチに滑って転ぶ選手が多発。それもコンサの選手だけ。これはいったいどういうことだ。

  押せ押せムードのなかで惜しかったのは左サイドからチェックが抜け出しマイナスのクロス。そこに近藤が中から入って決定的なシュートは相手GKにふせがれた。ここで入っていればもしかしたらという感じもあった。

 しかし、こんな状態でも一瞬の相手のロングボールから失点するのがうちの得意のパターン。

  1対1を作られ桐耶の半身で整体している守備も悪く、股を抜かれ失点。1-2
 
 さらには相手のこれもカウンターからサイドチェンジされ遅い戻りもあってフリーで打たれポストにあたって桐耶にあたって入ってしまう。これで前半は1-3

 前半でほぼ試合を決められた。

  後半はさすがに頭からゴニちゃんと長谷川を投入

  序盤は長谷川が左サイドでうまく起点になって素早くクロスを入れるなど活性化させる。そこでコーナーをとって、そこから近藤が後ろに下がりながらのヘッドをゴール右隅に叩き込んだ。2-3

 後半開始早々だし、もしかしたらの希望も持つこともできた。

 しかし。いつものように一瞬で期待を裏切ってくれるのもこのチームの特徴
  また、サイドからのボールに1対1にさせられてうまく抜かれ、失点。2-
4。これで完全に敗戦決定。

   さらに後ろで同様に1対1にさせられ失点。ダメ押しの冷め押しだ。2-5
  それでも若手は諦めていなかった。

 ロスタイムに駒井が縦に突破して相手の股を抜き、マイナスのクロス、そこに逆サイドで縦に入って行った原がゴール蹴り込んだ。3-5

  試合終了。最後にゴールで終了したことはよかったが、失点のパターンがお決まりの「お笑い」かと思わせるような毎度毎度同じ
 また、ミシャ得意の1人だけ交代攻撃をやるし。
 なぜ、もっと早く原と同時に克幸を入れなかったのかはなはだ疑問

 確かに1対1で負け続けたのは悪いが、相手は当然、こちらの前節の後の選手ミーティング動画を見ていて、こちらの選手の気持ちが空回りすることを折り込み済みで作戦を立てていたのだろう。
 
 その罠にいつものようにまんまと今回もはまりに行っていた。

  から回させてさらには個人の能力も考えず自分の夢ものがたりだけの5トップという愚策を続けるミシャ。

 インタビューでは「1対1の局面でシュートブロックできなかった。守備に課題がある。改善しなければならない」と言っていて選手のせいだと言っているがこれまで紅白戦の練習以外でこのような後ろ向きの守備での1対1の練習などさせたことはあるのか?

 確かに当ブログでは1対1に勝つことだと言ってきたが、これほど中盤での攻撃的な守備ではなく、遠い距離を戻らされて何度も1対1を作られれば失点するのは必至。まずはそういう局面をできるだけ作らせないようにするのが監督の努めではないのか。

 確かに土曜日の紅白戦はいつものハーフコートではあったが」攻撃は縦に速く
、ロングボールからの武蔵のヘッド1つに足から1つ。菅キャノンが1つ。克幸のミドルが1つと選手たちの気迫は十分に見えていてこれは期待できるかな?と思っていたが、私の頭には守備のことなど抜け落ちていた。これは十分反省しなけれはいえない。
 
 この負けは選手の1対1の対応のまずさもあったことは確かだが同時にこのチームの構造的な欠陥も毎度の様に今回も露呈した。
 
 毎回、紅白戦はハーフコートで相手を崩してシュートすることしかやらず、守備のことなどなおざり、何度も書いて本当に嫌になってもう書きたくもないが、フルコートで紅戦をやらないから実戦方式でのカウンターの守備すらできず。守備は選手に丸投げ。

 4位になった以降の数年は攻撃の個の力で前線で時間を作ったり、シュートしたりして守備の負担も自然とある程度軽くなっていた。ゆえに守備に目をつぶっても失点しても勝てた。

  しかし、個の能力が低い選手しかいない状態で、前線に多くの選手を張り付かせ、無駄な人数をかけて中盤をすかすかにわざとさせて、カウンターは浴び放題。

 これを何年続け結果が出ていないのに改善する気すらない。

 もっともこれがミシャサッカーの根幹だから変えたらミシャではなくなるからだろう。そこで1対1に弱い選手がいるせいだとのたまう監督。

 東京Vの2トップは個の力が強く、1対1に強い選手で枠内シュートがJ1 1位とわかっていたはずだ。こういうチームに1対1にさせて得意のパターンにされてしまえば失点は必ず食らうことさえわかっていなかったのか。

 確かに1対1で勝てれば問題ないが、今のJ1のCBでこのミシャのサッカーをさせられてことごとく1対1に勝つ選手はいったいどのくらいいるのか。

 そんなに1対1に強い選手が欲しいなら、チアゴマルチンスなどと同等なCBを3人は三上さんに要求すれば良い。

 そんな金など当然ないから、5トップなど愚策を辞めて、中盤に人数を割く布陣にして、CBは1対1になる場合でもある程度、前向きの守備ができるような戦術に変更すべきではないのか。

 これではサポーターの批判の矛先は選手に向けられてばかりで選手がかわいそうだ。
 今日は特に荒野hが頑張って1対1で最後まで諦めずにボールを拾おうと足を極限にまで伸ばしてボールを拾う努力をしていた。近藤はかなりの疲労ながら、上下に動き回り、また、前線に飛び出して上背が高くないのにヘッドで得点をとった。武蔵も前線を動き回り足をつっていた。

 そんなことがわかっていながらミシャを続投させた三上さんは猶更悪い。この2人のせいでチームが壊れていく様を今後も見せられていくのは本当にごめんだ。


   勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
  孔明ツイッター
  

posted by 孔明 |19:19 | 今節の反省 | コメント(7) | トラックバック(0)