スポンサーリンク

2024年06月01日

東京V戦展望(動き回って縦に速い攻撃。DFの裏を狙ってシュート第一)

明日のアウェイ東京V戦
                                   
 前節はホームの鹿島戦で手も足も出せず。その後三上さんが今後の方針をHPで発し、ミシャは続投、選手がミシャの戦術でやっていければ残留できるということを盾にして一番悪い選択をした。
 それからの初めての試合。ミシャの従来の勝利第1を考えない戦術では、V1昇格のチームである東京Vに勝利するのはかなり難しいだろう。
 
 この試合に勝つためにはミシャの戦術は頭の横に置いて選手自ら考え、気持ちを強く持ってやるしかない。

 前節の鹿島は気迫だけあっても勝てる相手ではなかったが、東京Vなら鹿島ほどの緻密でこちらの弱点をついてくるチームではないと思う。とにかく気持ちを強く持って1対1に絶対勝つしかない。

 一方の東京Vは昨年プレーオフで上がってきたチーム。下馬評が非常に低く、開幕戦からロスライムに失点し続け、先進的なダメージを受けたが、そこから持ち直し、強豪との対戦でも負けない粘り強さを見せているチームだ。そして残留争いのライバルチームには負けることなくここまで来てる。相当精神的にも強いチームに変貌している。

 このチームに勝つのは至難の業ではない。

 この試合と京都戦と続く試合に少なくとも勝ち点4をとらないとダメだ。とにかく選手たちはどんな手を使ってでも勝利に近づくようなプレーをしてほしい。

コンサドーレ予想メンバー
                 武蔵         

                      チェック      駒井       
                                                      
 菅                                              近藤
  
                 荒野                 家泉

               
       桐耶        大八       馬場ちゃん 

                           菅野

  控え 児玉、髙尾、克幸、宏武、原、長谷川、祐希

 基本的にはこういう形だと思うが、相手のシステム、フォーメーションによっては以下の布陣のような形になる可能性のが高いと思う。


               武蔵         

                         チェック          
                                                 
  菅                                           近藤
  
                   荒野                 駒井

               
  桐耶        大八     家泉       馬場ちゃん 

                           菅野

  相手は2トップ2シャドーでくる可能性が高いと思うのでこのような布陣で行くような感じがする。
 
 基本は3バックなので攻撃時のビルドアップは同じ形だろうが、守備時にはマンツーマンの4バック。

 おまけに鹿島のFWの鈴木のような極端な左右や下がる動きを東京Vの2トップは極端にやってこず、2トップだが1トップトップ下になるような形が多いので、返って強制的に中盤は厚くなる時間帯が長くなり、そこから奪ってショートカウンターがやりやすくなるかもしれない。

 相手は序盤はある程度前から来るが、中盤で網をかけて待ち構え、うまく奪って強力な2トップを中心にシュートを素早く打ってくる。

  それに対してはロングボールをうまく使って、武蔵やチェックを走らせ素早く攻撃するしかない。又は中盤でチェックやボランチ、CBがうまく連携してできるだけ数的不利を避けて素早く前線に持ち込み、シュートまで行くしかない。

 守備では相手は低い位置からビルドアップしてくるのでここをつきたい。前から連動したプレスでかけてボールを奪ってシュートまで行く。

  相手はチャンスとあらばすぐさま遠い位置からでもシュートを打ってくる。それを防がなければいけない。

 相手は泥臭いシュートも打ってくる。これを防ぐにはこぼれ球に対するはっきりしたプレーが必要だ。

 また、セカンドボールをいかに拾うかがポイントだろう。

 そしてとにかく縦に速い攻撃が必要だ。また、サイドから速いクロスをいれたい。縦パスをどんどん入れていきたい。荒野や大八あたりが降りてくる武蔵やチェック、駒井につけてその下がったスペースを徹底して狙いたい。

 相手に引かれてブロックをつくられたら、無理やりパスで崩そうとするだけでなく、張っている選手たちが前線で動き回ってスペースを作ってそこに入って行ってほしい。

 また、DFの裏も狙っていきたい。サイドもボールを受けたらぐずぐずしないでアーリークロス、もちろんそのためにはCB、ボランチの素早い押し上げやシャドーの後ろのカバーも必要だろう。そこの意識を選手たちで統一してやってほしい。

 とにかくシュートを第一に考えてほしい。さすがに三上さんも回すことが目的のサッカーになっているとも言っている。これは選手たちも感じているはず。そうしないようにやってほしい。そうすれば必ず勝てるはずだ。

東京Vのシステムは4-4-2

  シーズン当初4バックで臨んでいたが、対戦相手のサイド攻撃を封じるために5バックも使うようになってきた。
 ただ、これも流動的で、コンサ相手には中盤を厚くした方が有利なので4バックにしてくるか可能性が高と思う。足元のテクニックを使ったパスの精度が高いチーム、そして中盤でボールを奪う強度とスピードを利用して素早く前線につけてシュートまで必ず持っていく。シュートの精度が高いチームだ。しかし、守備はあまりおぼつかない。ペナの中でスぺースを作って失点するケースも多い。


                  東京v予想メンバー

                    20木村    9染野

        10見木                            17稲見

                                              
                7森田           23網島

    22翁長     15千田       4森      6宮原                              

              1マテウス
   
GK21長沢、DF5平、2深澤、26袴田、MF8齋藤、24永井、FW11山見

 東京Vは水曜日にレアルソシエダと親善試合を行っている。しかし、メンバーは完全ターンオーバー、試合に出場したのはサブのメンバーが主だったがユース選手も投入していた 相手もサブメンバーがほとんど。はっきり言えば久保の凱旋試合としての意味合いしかない試合だった。試合は国立でやっていたこともあって日程的にもさほど影響を与えるということはないだろう。

 東京Vは基本的にはGKからしっかりビルドアップをしてくるチーム。そしてテクニックを使ってうまくスぺースに入っていけるようなパスをつけて突破して行ってシュートまでで完結する。

  東京Vの選手ならでの足元のテクニック、1対1の強さで相手の守備陣を破って行くチームだ。

 またボランチの森田が縦横無尽に動き回り、セカンドボールを拾って前線にまで出てくるスーパーマン的な働きをしてくる。また、森田がブレイク中の木村と染野の2トップをうまく生かしてくる。それ故に森田の動きを抑えなければいけない。

  特徴としてサイドからの攻撃が多いが、サイドからのクロスに頼ることはあまりしない。サイドはそこから中に入って前線との連携をしてシュートまで持っていく、悩まずにまずはシュートを選択する。

 J1で枠内シュートの確率はN0.1だ。決定的なシーンを許せば必ず得点してくるので、集中してゴール前でスペースを与えないことや相手のシュートのセカンドボールの処理を確実にすることだ。

 今シーズンの東京Vの得点はセットプレーからの得点が多い。高さと強さがあるFWの木村と染野をターゲットにすることが多いが、セットプレーからの直接のュ―トは少なく、こぼれだまを押し込む得点も多い。

 ゴール前での動きが勝敗を分ける可能性が高い。
 
 東京Vの守備は基本的には前からあまりいかず、中盤での運動量でボールを奪ってくる。

 ただ、ゴール前の守備は必ずしも堅いとは言えない。失点は23と少なくはない。
  失点はセットプレーからとPKによるものも多い。
  PKの中では不用意なハンドによるPKも多い。

 ゆえにゴール前で積極的に仕掛けることで得点の可能性が高くなる。ただただ精度の低いパスだけにこだわらず、前線でのスぺースをつくる動きや、DFの裏を狙って行く動き、ドリブルで仕掛る等、積極的にやってほしい。

  セットプレーはチャンスが十分ある。
 コーナーは東京Vの守りはマンツーマン。ゆえにこちらは動き回りスぺ―スを作ってそこに飛び込んでいきたい。

  とにかくこの試合は勝たなければいけない、勝つためには選手1人1人が気持ちを強くもっ気迫を全面に出して1対に必ず勝つつもりでやるしかない。
 今までのサッカーでは話にならない。とにかく縦に速く、クロスも速く、サイドの横の運動量も増す動きをしないといけないと思う。


攻撃のポイント
 とにかく縦に速い攻撃が必要。気迫で相手を圧倒して、サイドも横の動きも適度に行い、攻撃での運動量を増したい。

守備の注目ポイント
 相手にセカンドボールを拾わせず、中盤で相手のボールをできるだけ引っかける。ゴール前での守備は簡単なプレーを

期待したい選手 
武蔵

特に気を付けなければいけない選手
森田

スコアの予想
  3-1


                                                                                                                       
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
 

posted by 孔明 |18:30 | 次節の展望 | コメント(4) | トラックバック(0)