スポンサーリンク

2022年05月22日

運動量で相手をかき回し勝利した。素晴らしい逆転勝ちだった。

 2ー1で勝利

 前半から特に前線が動き回って相手のパスを遮断した。
 失点は相手のコーナーからマークをはがされてしまった。これはしっかり修正しなければいけないだろう。

 しかし、前半のうちに追いついた。

 右サイドのルーカスからのクロスに深井がわざとDFから距離を置き、スペースに走りこんで技ありのシュートで右隅に蹴り込んだ。1-1

  その後2度ほど決定機があった。駒井がボールをキープしてスペースに走り込んだ金子がGKと1対1になるもシュートは枠を外した。

 また駿汰からの良い縦パスを駒井が受けてGKと1対1になるも距離が近かったこともあってシュートはGKにとられた。こういうところで、決めていれば楽になる。 

 その後はボールを握って相手に自由にさせなかった。ただ危なかったのは後半すぐ。左サイドを突破されシュートをうたれポストにあたった。こぼれ球も相手の選手の前には落ちなかった。運がよかった。

 これはサイドを突破される予想をして桐耶がマークを捨ててでも行かなければいけなかったようにも思う。こういう点はどうすべきが改めて考えてほしい。

 後半のピンチはこれくらい。

 後半得点したのは桐耶の攻め上がり。中盤でドリブルで突破して左の青木へ

 青木がワンフェイントいれて左足でクロス。これを駒井がヘッドで決めた。2-1。素晴らしい崩しだった。なにより桐耶の攻め上がりが効いた。駒井のヘッドも良かった。

 その後は締めのドドを投入。前からDFをして相手に攻撃をさせなかった。

  大谷がボールをキャッチして地面に叩きつけられ肩を強打して脱臼するというアクシデントも後を引き受けた小次郎が問題なくプレー

 大谷から小次郎への交代だが、ここで檀崎と宏武を同時に入れるという選択はなかったか?金子や駒井はかなり疲れているだろう。こういうことをしなかったつけが後の試合に出ないことを願うが


 惜しかったのが最後相手GKが中盤まで上がってきて、駒井がプレスをかけてボールをルーカスが拾ってシュートを打ったシーン。がら空きのゴールだったが決められなかった。 

 ロスタイムは6分あったが、相手にまともな攻撃をさせなかった。そのまま2-1でタイムアップ

 なにより夏日で暑かったにも関わらず前線で動き回ったことが大きかっただろう。前半は荒野のワントップでスタートしたが、その後、青木と駒井の2トップ、金子のトップ下のような形でとにかく前線から動き回った。

 前半はいきなり失点してしまい。いつものようにバックパス、横パスばかりで相手が引いてから攻撃するという悪循環だったが、なんとか深井のゴールで流れを変えた。

  またシュートを打たず、駒井と青木のワンツーから青木がパスを選択したのには崩れ落ちた。

 後は前線から動き回って相手のパスコースを遮断してセカンドボールを拾って攻め立てた。現地は夏日だったがよく動き回ったと思う。これが勝因だろう。

 勝ちパターンのドドの抑えも効いた。

 また左シャドーの青木がボールをうまくキープして持ち上がって時間をつくりこちらのペースにしていた。またセカンドボールをよく拾っていた。

 選手からは絶対に勝つんだという気迫が画面越しでも見えていた。 ただ、前半のグダグダ感とシュートに行かないことと決定力がないことは永遠の課題だろう。しかし、怪我人が多い中でアウェイでよく勝ったと思う。

 素晴らしい勝利だった。


                                      
            コンサドーレなどサッカー、日本ハムなどのプロ野球、レバンガなど北海道のスポーツ、またそのほかのスポーツなど芸能関係もとりあげているブログです。是非よろしくお願いします。
           ↓
  なまら速いスポーツ速報
            
  なまら速いスポーツ速報ツイッター

    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
     孔明ツイッター

}
  
  

  

posted by 孔明 |17:49 | 今節の反省 | コメント(9) | トラックバック(0)