スポンサーリンク

2021年10月23日

福岡戦展望(カウンターとセットプレーに気をつけて素早い攻めで勝利しよう。)

 明日のホーム福岡戦

 前節は横浜FMに逆転負け、70分まではほぼ完璧な内容だったが、マンツーマンDFが疲労して失点を重ねてしまった。ホームに帰っての試合。石水会長が亡くなってから初めてのホームなので何が何でも勝たなければいけない試合だ。

  一方の福岡は今シーズン昇格してきて1年目。大方の予想に反して健闘し、5年に1回降格するというジンクスを初めて破って残留を決めた。

  ここまで連敗中だが、残留しなければいけないという呪縛から解放されて伸び伸びとやってくるはず。今年は川崎Fに唯一勝ったチームで鹿島も2タテした。上位のチームだし決して侮ることはできない。

 今シーズンの対戦はリーグ戦で1試合、ルヴァンカップで2試合対戦し、コンサの2勝1分け。その意味でも福岡はリベンジを誓ってやってくる。また、奈良と前弟のコンサOBもいる。注目の1戦になる。  

 福岡のシステムは4-4-2

  前からかなり厳しくプレスをかけてきて、ボール奪ってからのカウンターが得意。またロングボールをうまく使ってFWが落してサイドバックの上がりから攻撃を仕掛けて来る。守備は堅く、特にセンターラインは強固

 
       福岡予想メンバー

 
               11山岸       9ファンマ


8杉本                                        14クルークス 

                    6前              40中村
                                                           
                             

13志知   5宮       39奈良          3サロモンソン                     
                              31村上
                               

控え    GK21山ノ井、DF33グローリ、2湯澤、MF19田邉、37金森、FW27ブルーノメンデス、30ジョン・マリ

  福岡は序盤は前からかなりプレスをかけてくると思う。FWの2人とも献身的に前から
くる。これをいかにいなしていくか。

 また、マイボールではロングボールを使ってくる。ファンマや山岸に当ててこぼれだまを狙ってくる。序盤はガチャガチャとした展開になるのではないか。
 またDFの裏は要注意。特に菅は後ろをケアしなければいけない。

 そこが過ぎれば福岡は引いて守ってくるだろう。

 4-4-2の3ブロックで真ん中はかなり堅い。

 また形状はコンパクトなので正攻法だけでは崩すのは難しい。

 遅攻だとどうしても福岡のペースになってしまうのでメリハリをつけた攻守をしたい。

 福岡はサイドからの攻撃が得意。

 サイドハーフが中に入って、サイドバックが攻撃に参加してくる。こちらはマンツーマンで徹底的についていくなら1対1に負けないようにしなければいけない。

 気を付けなければいけないのはカウンター

 ボールを持ったら素早く前に出してくるので、マークがずれないようにしなければいけない。

 また中盤では前が君臨してボール奪取、攻撃の起点となってくる。前を簡単にプレーさせないようにしなければいけない。

 福岡のストロングポイントはセットプレー。セットプレーからの得点は総得点38点中17点と高い。特にコーナーは上背の高い選手が多いので十分に気を付けたい。

 また後半の得点が多い。勝負強いジョン・マリが出てくると思うので、後半苦手としている我がチームは後半に点をとられないようにしたい。


 こちらの予想メンバーは以下のとおり
                       
                     ジェイ

            チャナ            小柏

青木                                     金子

               深井         駒井           


            菅     高嶺      駿汰         


                      菅野

  控え 小次郎、中村、柳、荒野、伸二、ドド、ミラン
       
 まずは序盤をスムーズに入っていきたい。序盤は相手は前からくるので、これをいなして攻撃を仕掛けていきたい。

 時間がたてばボールは握れるだろう。

 しかし、遅攻だと相手はすぐ引いて守ってくる。
 
  ロングボールを使って素早い攻めが必要だ。

 ただ、福森がいないので精度の高いロングボールは蹴られないかもしれない。

 この場合には深井からの縦パスで一気に攻撃のスピードを上げたい。

 またチャナや小柏のドリブルからの攻撃を仕掛けて行こう。

 しかし、相手の真ん中はかなり堅いのでワンツーやミドルシュートを打っていかないと崩すのは難しいだろう。 

 真ん中一辺倒では簡単に守られるのでうまくサイド使って攻撃していきたい。
 両サイドがうまく縦を突破してマイナスのクロスをあげていきたい。

  相手は4バックなのでCBとSBの間をうまく使ってそこで起点をつくり素早くシュートまでいこう。

 最後はシュートで終わらないとカウンターを浴びてしまうのでやりきって終わろう。
 セットプレーはコーナーは福岡はマンツーマンとゾーンの併用。

 福岡はセットプレーの失点は6失点と少なく強固

 工夫をしてやらないと得点はとれない。ショートコーナーやトリックプレーなどでマークをうまくはずしてシュートまでいきたい。

 福森やルーカスがいないので金子が蹴ると思うがうまく連係してゴールをとってほしい。

 福岡はJ1残留も決まって気持ちよく戦ってくる。力みもなくるはず。こちらも残留はほぼ決まって、石水会長の訃報から初めてのホームで、前節、逆転負けだけにモチベーションは高いと思う。

 いつものように先制点を取られればかなり厳しくなるので、なんとかして先制したい。 選手達は落ち着いてボールをゴールに流し込んでほしい。

 とにかく残り6試合。この試合に勝てば残留が決まる。チームのため、サポーターのため、自分のためにいいプレーをして勝とう。

 

                                                 
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''
     

posted by 孔明 |18:20 | 次節の展望 | コメント(2) | トラックバック(0)