スポンサーリンク

2021年10月11日

残り試合は7位以上、4勝2分け1敗以上を目指してほしい。

 泣いても笑ってもリーグ戦は残り7試合。 ACL圏は絶望的で降格の可能性もほとんどんなく悪く言えば宙ぶらりんの立場のチーム。

 前節のG大阪戦は石水会長が亡くなって喪章をつけて試合に臨んだこともあってモチベーションが高かったが、この次からは気持ち的にはなかなか難しい試合が続くと思う。

 選手達はもちろん一生懸命やってくれると思うが、特に次の横浜FMは優勝がかかっていて、かなり難しい試合になるのではないかとも思う。

 しかし、残り試合、サポーターのためにも自分自身のためにもやらなければいけない。 そこで残り7試合どんな目標を立てるのかも重要になるのではないかと思う。

 順位的には現実的には8位の福岡の上を行けるか7位の鳥栖を上回れるかどうかというくらいだろう。

 ここはやはり7位以上を目指してほしい。福岡と鳥栖とは直接対決がある。

 確かに鳥栖とは勝ち点差9あって、

 残り試合数>勝ち点差の法則から言えば厳しいが、直接対決は6ポイントゲームになる。勝てばかなり差を縮めることができる。

 もちろん上位のFC東京や広島、福岡、鳥栖が思ったよりも勝ち点が伸びないのを祈るだけだが。

 ただ、7位以上が無理だったとしても次の目標は勝ち点56以上を目指すということではどうだろうか。

 残り試合は割合と下位のチームとの対戦が多い。まずはホーム3試合を2勝1分けでアウェイを2勝1分け1敗以上でいきたい。そうすれば勝ち点56になる。

 J1での最高獲得勝ち点は4位になった2018年の55。これを上回りたい。

  上回れば2018年のシーズンよりも成長したという気持ちにもなるのではないか。

 とにかく目標を持つのは必要だと思う。

 ただ、リーグ戦が終盤になっての目標は現実的に手が届きそうなものがいいと思う。

 残り試合は全勝したいがなかなかそうもいかない。7戦 4勝2分け1敗はできそうでできない数字でもあるが頑張って目指してほしい。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:08 | 今季 | コメント(4) | トラックバック(0)