スポンサーリンク

2021年10月08日

残りの試合はどのくらい先制点をとれるかで勝敗が変ってくると思う。

「サッカーにおいては先制点が重要である。」という言葉の重さを再認識させれらているシーズン。

 特に我がチームは先制しないと簡単に集中力を欠き、失点してしまい得点しようと前掛りなってまた失点を重ねるというパターンがお馴染みになった。

 正確には数えていないがこれまで3/4以上の試合が先制されているのではないだろうか。

 コンサの場合には先制されれば、得点をとろうと余計に焦ってしまい、一方的に同じような攻撃を繰り返す。そのうち後ろの注意が散漫になって失点する。

 もっと押し引きをしながら落ち着いて攻めればいいのにとも思うが、相手はコンサ相手だからポゼッションはできないだろうという思いもあってだろうか、ボールをもたせてもいいという割り切った考えで引いて守る。

 そしてカウンターで追加点を取れれば御の字とその作戦が図らずもはまってしまう。

 もっとも相手が攻撃的なチームであれば失点してもなんとか追いつけることもできるが、名古屋や広島のような守備的なチームではそうなったらまったく勝ち目はない。

 やはり今のチームには先制点が重要になる。

  G大阪戦も試合の入りに先制できたからこのように一方的な試合になったとも言える。万が一逆に取られたらもしかしたら負けていたかもしれない。

 これくらい今シーズンは先制点が大事だと思う。

 もっとも先制点を取ろうとしてもなかなかとれない。

 しかし、いつも序盤からボールを持って攻め立てるので先制点をとれるチャンスはたくさんあると思う。これをいかにものにするか。

 そのためには押し引きや緩急をうまく使って攻撃してほしい。

 残りの試合はどのくらい先制点をとれるかで勝敗が変わってくると思う。


  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:46 | 戦術 | コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月08日

ドドは着実に成長している。更なる成長を期待している。

 G大阪戦で今シーズン2ゴール目をあげたドド

 多くのサポーターも喜んだと思う。

 ドドは最近かなり目覚ましい成長をしていると思う。

 ドドと言えば決定機を必ず外し、ボールを簡単に失い、肝心な時のプレーは残念なプレーばかりといったことばかり言われてきたが、ここにきてかなり頼もしくなってきた。

 ボールを収められるし、ワントップでも後ろに下がって献身的に守備をする。球離れも速くなってパスの精度も上がってきた。

 一時は守備要員としかみなされなかったが、ベンチの層も薄いせいもあるが、攻撃の切り札になりつつある。

 ワントップでも使えるようになってきた。

 致命的だったのは上背があるのにヘッドがまったくできないことだったが、チームでかなり指導されたのだろう。普通の選手の技術くらいを身に着けたようだ。

 ドドの良いところは運動量。トップから中盤まで動き回り、ボールを追いかける。その動きには感動さえ覚える。

 ただ、やっぱり強化してほしいのは決定力。

 G大阪戦でも1度決定機をふかしてミスをした。こういうところをしっかり決めてくれればドドに対しての信頼感はかなり増す。

 ドドは体格に恵まれているので更に技術が上がればとんでもない選手になる可能性を秘めている。 

 ドドの加入時は育成枠と言ってはばからなかったノノ社長だが、最近のドドの成長はうれしいだろう。

 ドドはまだまだ成長できる。この先のドドの成長を期待したいと思う。



    
  
     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |02:24 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(0)