スポンサーリンク

2021年09月05日

相変わらず先制を許し1点もとれなかった。

 0-2で負け

  くれぐれも気を付けなければいけなかったゴール前でルーカスがファウルを犯しそこから案の定、レアンドロに決められた。

 このシーンは向かって左に蹴るのがバレバレ。しかし、菅野は直前に向かって右に重心をちょっと移してしまい完全に逆をとられた。

 レアンドロのFKのシーンは何度も見ているがほとんど向かって左に蹴っている。こういうスカウティングもよくなかったのではないか。

 しかし1失点もこちらが点をとれば問題なかったのだが、相変わらず点がとれない。コーナーは数限りなくあったが、いつものように得点の匂いさえしない。

 おまけに福森が前半で足を痛めピッチを去る。

 駒井のお約束のからぶりやシュートミス

  また前半はルーカスのクロスに駒井のフリーのシュート、ふかしてノーチャンスというシーンもあった。

  後半頭から選手を代えてくると思いや、ミシャはなぜか動かない?

 しかし、後半も圧倒的にボールを持つが決定機にならず。 


 駿汰がペナの中で倒されたシーンもあったが、VARと交信していたが、VARが介入せず。審判委員会に言われたら腰が引けるVARじゃあ。


 そしてカウンターからまた寄せきれず失点。ここでミシャはようやく重い腰をあげてドドとミランを投入。笑うしかない。遅すぎる。

 決定的なチャンスはあった。

  ドドの右からのクロスに柳が飛び込みシューともGKの片手にあたりバーにあたった。これが決まって入ればというシーン。

 そして相手に2枚目のイエローが出て退場。数的有利になった。

 前線にジェイ、ドド、ミランと高さを揃えロングボールから攻めるも、真ん中からボールを入れて跳ね返される。

 また、左にルーカスを入れたことで、左右から素早いクロスがはいらなかった。

 せめて右ルーカス、左に金子を入れて左右からクロスを入れたら得点のチャンスがあったと思う。

 またなんでまたクロスをドドにいれるのか。せめてジェイやミランだったら違っただろう。こういう具合に終始ちぐはぐだった。

 そしてこういう場合の鉄則はクロスはサイドからというのが相変わらずできない。真ん中から入れたって駄目なことは素人でもわかる。

 そこで試合終了 

 6試合連続で先制を許し、1点もとれなかった。これは選手の責任でもあるが多くはベンチの責任だろう。 


              
                                勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
   

  

posted by 孔明 |20:47 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)