スポンサーリンク

2021年07月16日

興梠に断られた後チームはどう動くか

 興梠の浦和残留のニュースがあって、果たしてチームがどう動くか。

 当然興梠が駄目だった場合は誰と考えているだろうし、オファーもしているのではないかと思う。

 ただ、やりにくいのは興梠の件が新聞に出て、駄目だったことが周知されているので、次にオファーをうけた選手は興梠に断られてオファーしたかとマイナスの感情になってしまうことか。
 もっともこんなことはよくあることでオファーを受けた選手はあまり気にしないかもしれない。

 即戦力という面で考えると獲得するのに一番良いのは日本にいるストライカー(外国人を含め)。

 次はJリーグを経験した海外在住の外国人あるいは日本人、その次にJリーグの経験が効けない外国人だろうか。

 一番いいのは今、Jリーグにいる選手。日本人ではなかなかいないので外国人だろうか。

 J1でいえばサポーターの間で人気なのは横浜FCのクレーベ、広島のドウグラスヴィエイラあたりか。J2でいえば磐田のルキアン、長崎エジカルジュニオ、京都のピーターウタカだろうか。

 ここらへんが取れればいいと思うが、相手もあるのでなかなか難しい。

 はたして強化部はどう動くか。

 また三上さんの斜め上の補強が見られるだろうか。注目したい。

  
                            
                             勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 
  

posted by 孔明 |21:20 | 補強 | コメント(4) | トラックバック(0)