スポンサーリンク

2021年03月05日

名古屋戦展望(サイドで相手を押し込み、どんどん仕掛けて得点を重ねよう。)

明日はアウェイ名古屋戦

  第1戦の横浜FC戦で5-1の圧勝。チャンスを何度も作ってスコア以上の圧勝だった。

  名古屋はフィッカデンティの3年目、いままではどうしても守備の面が目立ったが、今年は攻撃面にさらに力を入れて大型補強を敢行した。

 前節のG大阪戦はG大阪の選手の4人がコロナに感染。試合は中止になった。コンデション整っているはず。昨年は対名古屋1分け1敗と勝利がなかった。

 ここは是非勝利したい。

  名古屋は主にカウンターのチーム。ボールを持ったら素早く手数をかけずに攻めてくる。そして個々の能力が高く、個人技で攻めてくる。これに対処しなくてはいけない。



 特にサイドで個で突破できる選手がいるので気がおけない。


   名古屋の基本システムは4-2-3ー1

以下予想メンバー

                    9山崎

                     8柿谷
     
   11相馬                          16マテウス

               2米本      15稲垣

    23吉田      3丸山   4中谷     26成瀬
                                                                 
                       1ランゲラック

  控え GK21武田 DF14木本、6宮原、MF5長澤、10ガブリルシャビエル、19齋藤、FW25前田

  名古屋の守備は堅いというイメージがある。守備をうまく崩しても最後のGKランゲラックの牙城を崩さなければいけない

 DF陣はほぼメンバーが変わらず連係もよくとれている。

  攻撃陣は両サイドの相馬、マテウスの突破力が光る。マテウスは前節の福岡戦で2ゴールと調子を上げていてやっかいだ。
 また控えも齋藤がいるという豪華さ。息つく暇を与えない。

  

  そこでこちらの予想布陣
 
           ロペス

              チャナ     小柏

ルーカス                 金子

             宮澤         駒井

         福森   ミンテ     駿汰

                      菅野


     控え小次郎、大八、高嶺、青木、柳、伸二、ドド

   まずは先制点をとりたい。相手にとられるとうまく守られる恐れがある。なにがなんでも先制したい。


 しかし、焦りは禁物だ。焦って無理な態勢、受け手が無理な状態でのパスは危険。
ボールはもてるはず。そこをいかにじれずに戦うか。

  この試合は両サイドの攻防がポイント、ルーカスと金子がいかにサイドで優位を保てるか。相馬とマテウスと他の選手を分断して低い位置で押しとどめられるか。

 相手の攻撃はやはりカウンターとセットプレーに気を付けたい。
 
特に低い位置でのミスは非常に危険だ。

 また自陣の近くでFKを与えないようにしたい。マテウスのキックは脅威だ。

 逆にこちらはチャナと小柏、ルーカス、金子でどんどん仕掛けていきたい。

 相手もこの4人のドリブルと突破は非常に嫌だろう。

 そして駒井が後ろから絡めばかなりの得点の可能性が高くなる。

 前節は小柏が活躍した。金子とともに当然マークがきつくなるだろう。そうなると他の選手が空く。

 それがチャンスだ。うまく相手のマークをはがして優位にたとう。
 違いを見せてやろう。
 
  予想スコア
    3-0



           
                               
               コンサメインの展望は勝手に叱咤コンサ外伝  

      孔明ツイッター''''

posted by 孔明 |19:52 | 次節の展望 | コメント(4) | トラックバック(0)