スポンサーリンク

2021年03月04日

反省点がたくさんあったが結果をだしてくれた。

 ミシャは全員を代えてきた。これは思い切ったことをしてきたと思う。

 そしてやはりどこかギクシャクしていた感じは否めなかった。

 しかし、ボールを握ってパス回しをすると徐々に主導権を握った。

 そして運よくPKを得た。それをドドが決めて優位にたった。

 しかし、相手のFKから失点。

 これは競り合い負けてドドにあたって入ってしまった。

 相手はドドのところを狙ってきたように思う。ドドがヘッドが弱いことを当然知っていたのだろう。そこまで何度か相手にFKのチャンスを与えていた。
 やはりそういうことが何度かあると失点する。 

 福岡はホームのピッチに大量の水をまく。そのせいでリーグ戦の前節の名古屋の選手も何人も滑っていた。福岡はパスワークを主体とするチームでもないのになぜかわからないただ、相手をただ混乱させるためだけなんだろうか。

 ただ、対策を十分にとっていなかったことは反省点だろう。名古屋の例で十分分かっていたはず。次は対策をとってほしい。

 同点の状態が続くのが嫌な感じがしたがドドがやってくれた。
後ろからのパスを見事に収めてシュート。ボールの落ち際をだふって蹴ったように思えたがうまく入ってくれた。

 そして3点目の中島のゴール。ごっつあんゴールだったが、どんなゴールでも入ればいい。
 初試合で初ゴールはやはり何か持っている。

 2点目をとれるチャンスがあったが、ヘッドは枠の上。コーナーから深井のヘッドがバーにあたりこぼれてきた。ここは決めたかった。

 後半も大部分ボールを持って攻めたてた。しかし、ラストパスの精度やゴール前のこぼれ球がうまくフリーの選手にこぼれずにシュートを打てなかった。



 そして点をとれずにいると、失点。

 これは菅がサイドをぶち抜かれた。この前に菅はイエローをもらっていた。並走する相手に厳しくいけなかった。

 しかし、相手がボールをもらったところは菅よりもかなり低い位置。ここを抜かれるのははっきりいってよくない。


 菅の動きが一瞬遅れた。これが致命的だった。

 昨日の試合は反省点もかなりあった。

 最後小柏が1対1になったところ、自分で打たずに横パスを選択した。そこは自分でシュートを打ってほしかった。

 しかし、しっかり結果はだした

 ともかく連戦でターンオーバーして勝てたことは良かった。



        
          
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |21:46 | 今節の反省 | コメント(2) | トラックバック(0)