スポンサーリンク

2021年03月01日

小柏をシャドーに置くことで戦術の幅が格段に広がった。

 開幕戦で2アシスト以上の活躍をした小柏。

 練習試合で1本目のワントップをやっていたので、先発は間違いないと思っていたが、まさかシャドーで使うとは思わなかった。これが見事に当たった。

 チャナとコンビを組むシャドーが昨年はなかなか決まらなかった。4位になった年のチャナと三好のコンビの攻撃力にはなかなか到達しなかった。

 個人的には金子を使うべきと書いてきたが、金子は後半はウイングバックで使うことがもっぱらで、駒井をシャドーで主に使っていた。ただ駒井をシャドーで使うことは、攻撃の厚みから言えばいまいちで結果、なかなか得点力が伸びなかった。

 それをシャドーに小柏を使うことで駒井をボランチに下げて中盤でタメを作り、ボランチの駒井の攻撃参加で前線の枚数や攻撃力も増やすというメリットができた。

 小柏のスピードでカウンターが鋭くなり、DFの裏も狙えるという昨年武蔵がいなくなって悩んでいた攻撃のパターンを確実に増やすことができた。

 また、小柏はスピードだけでなく、前からの守備は厳しくプレスバックもできて、チームにとってかなり戦力になっている。

 小柏はキャンプ中に佐藤寿人や興梠のプレーを見て動き出しのタイミングを勉強したらしいが、それが見事に出たのが3点目のロペスへのアシスト

 いままでこういうプレーができる選手がいなかっただけに戦術の幅がかなり広がった。

 また、シャドーに入ることプレスバックがかなりできるようになって、守備の強化にもなっている。そしてシャドーに入ることでよりスペースを使えることになって相手への脅威が増した。

 ただ、やはりつけなければならないのは決定力。決定機を1度外したように、相手からすれば決定力があるかないかでは与える圧力が違う。

 初めからあれもこれもではプレッシャーがかかりすぎてかわいそうだが、チーム得点王になると言っているからにはもっと決定力をつけてほしい。とにかく期待している。


    
          
                       勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:31 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)