スポンサーリンク

2020年11月24日

相手はプレスを外すために懸命になってくる。その対処を

 清水戦の特に前半はプレスがはまらず、パスを回され失点し、その後もしばらくうまくいかなかった。

 「相手のエウシーニョがインサイドに走ってボランチのようなポジションに入り、西澤が開いたポジションを取る中で、福森とルーカスの所でマークがあいまいになっていた」とミシャは言っていたが、このように今後の対戦相手はマンツーマンのプレスを剥がそうと作戦を練ってくると思う。

 パスの受け手が素早く走りマンツーマンを逃れようと努力してくると思うし、追う方は大変だ。余計な運動量がいるし、逃げる方は自由な方向に行けるのに比べて追う方はひたすら相手の逃げる方に追っていかなければいけない。かなりきつい作業になると思う。

 人につく場合にはどこまでもついていくかも問題だし、誰が誰につくかは事前に決まっているが、相手がポジションを替えれば、誰がつくかもチェンジしなければいけない。

 それはやはり選手どうしで、場合場合によってマークの受け渡しをしなければいけないだろう。
  そこらへんがスムーズにいかないとギャップが生まれ、相手の思う壺になる。

  相手は少しでもこちらを混乱させるために動いてくる。

  いかに対処するか。選手間の意思疎通も大事だが、ベンチの指示も必要になる。飲水タイムなどで修正しなければいけないだろう。
 
 とにかく相手はしっかり考えてくる。これに対処しなければいけないだろう。



      
            
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:52 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(0)