スポンサーリンク

2020年11月04日

昨日の勝利は選手達の頑張りとミシャの監督力の勝利。

 前半から相手にサッカーをやらせなかった。

 出足が良く、相手がボールを持ってもマンツーマンでパスコースを塞いでいたから川崎Fにカウンターを許さなかった。そして川崎Fばりにセカンドボールをすぐ回収して味方の攻撃につなげた。前半惜しいシュートが2度ほど。チャナのシュートとルーカスのシュートこれが決まっていればと思ったが、杞憂に終わった。

 後半頭から相手はやり返してくるはずと身構えてみていたが中2日のせいか前節多摩川クラシコを精一杯やったせいか攻撃に迫力がなかった。

 駒井は前半はあまりよくなかった。ボールロストをしたり、ボールをとられたり、しかし、 駒井はこのように悪くても1度、2度素晴らしいプレーを必ずする。

 後半ボールを奪ってロペスの点のアシストをしたシーン。

 また荒野もパスミスは何度かあったが、守田をマンマークして自由にさせず。相手のストロングポイントを完全に潰していた。

 ミシャはこの試合ゼロトップを選択した。前節の選手起用を見ればゼロトップで行くんだなとはわかったが、もはやルーカスを左に使うとは思わなかった.


  ルーカスが右だと当然マークが厳しいということと、ルーカスに新鮮な気分でやってほしいとうことと利き手の逆のポジションに置くことで、単純なクロスではなく2人に中に切れ込んでチャンスに絡めと言うことだろう。

 前線は荒野とチャナがかなり良かった。特にチャナは前節は良くなかっただけに心配だったがうまくボールを引き出したり、前線で良いパスを出していた。

 守備では川崎Fに自由にパスを出させなかった。

 ここまで川崎Fに勝ったのはリーグ戦で名古屋とルヴァンカップでFC東京だったがいずれも引いて守ってカウンターという形。はじめて前から行って勝ったチームだろう。

 ミシャの戦術が見事に当たった。

 後半の交代策も良かった。相手に流れが行きそうという時にロペスとドドを投入して流れを引き戻した。

 彼らも期待に応えてくれた。

 見事な勝利だった。

 昨日の勝利はもちろん選手たちの頑張りがあってのことだが、ミシャの監督力の勝利と言ってもいいと思う。



   
                            
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:42 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)