スポンサーリンク

2020年11月01日

守備はより集中力をもって厳しく、攻撃は精度を高めないと上位には勝てない。

 先制したので勝ちたかったが、前半のうちに同点にされたのが痛かった。

 そして相手の得意なセットプレーから失点。

 先制して追加点がとれなかったことと、守備の集中力を欠いたこと。

  1失点目はルーカスのパスミスからで、また最後の福森の守備も良くなかった。

 2失点目は相手がセットプレーからかなり点を取っているということがわかっていたが、前日セットプレーの練習ができなかったことも合わせパトリックに対する守備が良くなかった。

  攻撃は終盤でミンテの惜しいシュートがあった。ポストにあたって入ったかと思ったが入っていないという判定だった。

 G大阪は抜け目のないチームでまた守備が良いチーム。やはりこんなチームに勝つにはもっと守備力をつけるか相手よりも圧倒的な攻撃力をつけないと勝てない。

  しかたないが、今の状態ではなかなか上位に勝てないだろう。

 そして試合はすぐくる。

 火曜日は川崎F戦だが、川崎Fは現在12連勝中で向かうところ敵なしの状態。はっきり言って十中八九負けるだろう。ただ、残りの10%くらいは勝つチャンスはある。

 川崎Fの凄いところは攻撃で相手のペナ内で寸分の狂いもなくパスを回せること。ここの差がとてつもなく大きい。守備側は完全に後追いの状態になり、ボールばかり追ってオペナの中に入っている選手をフリーにして入れられてしまう。

 またペナの中だからファウル覚悟の厳しいプレーはできない。

 そこをうまく利用してくる。

 勝つ方法があるとすればやはり厳しくマンツーマンで行って、自由な体勢でパスを出させないことだろう。マークは中途半端にしないで、どこまでも追っていく事だと思う。川崎Fが嫌なのはパスを出せないこと。それをやれば川崎Fとしてもミスが生じる。

 そしてできるだけ自陣のペナの中に相手選手を入れないこと。入れた場合にはボールではなく自分のマークする相手をしっかり視野にとらえて自由にさせないことだと思う。

 攻撃ではできるだけマイボールの時間を作って相手のペナの中に侵入して正確なラストパスを送ること。

 また、相手の守備をかく乱させるためにミドルシュートをたくさん打ってこぼれ球を狙いたい。

 ただ、相手も十分に分かっているから相手の攻撃では動き回ってパスを受けてくるだろうし、ボールを失ったらすぐさまボールを奪いに来る。これをいかにさせないか守備の精度と攻撃の精度が問われると思う。

 とにかく負けて当たり前ということで、意欲をもって戦ってほしい。サッカーには絶対はない。



     
                         
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |18:59 | 今節の反省 | コメント(2) | トラックバック(0)