スポンサーリンク

2020年10月19日

中盤で特に宮澤と高嶺の働きが大きかった。

 ホームで鹿島に勝ったのは19年ぶり。本当に長かった。あの時は厚別でウィルのゴールで勝って現地で喜んだ記憶があるが、鹿島にはアウェイで0-7で2回負けた記憶がある。その鹿島を2タテとは

 昨日は前半の序盤はかなり押し込まれた。鹿島は引いてくると思いきや結構前からでてきた。しかし、それをなんとかいなすと徐々にボールを持てるようになってきた。
そして先制ゴール。

 このシーンは前線でボールをもって攻めていてボールを失って金子がプレスに行って相手のミスを誘った。そのボールをすぐさま宮澤が左サイドに張っていた福森にパス。そして福森がワンタッチで中にいれて駒井がワンタッチでゴール。見事な先制点だった。

 なにより先制できたことが大きい。その後もブロックをつくるも決して下がりすぎることがなく中盤でボールを保持してチャンスをうかがった。

 この試合は中盤で宮澤と高嶺の働きが大きかった。特に高嶺は相手の隙を伺ってチェイスしてボールを奪えないまでも攻撃を遅らせていた。素晴らしかった。

 危なかったのは後半駿汰が右サイドで倒され相手が突破してきて折り返しのボールが宮澤に当たって相手にわたってしまい。ダイレクトのシュートがポストにあたったシーン。危なかった。しかし、その後はメンバーを何人か代えて逃げ切った。

 追加点が欲しかったが得点はとれず。取れそうな場面はあった。

 コーナーから相手GKがかぶってしまい駿汰がヘッド惜しくもポストに当たってしまった。ここで取れていればこの時点で勝敗は決まっただろう。しかし、とれなかったことで、難しい試合になった。しかし、最後はなんとか逃げ切った。

 前節ダメダメだった宮澤は中盤でうまくスペースを埋めたりセカンドボールを拾っていたまた福森もキックの精度が良かった。

 ただ福森で気になったのが、後半左サイドで突破された時。左サイドには福森がいたが相手についていくのではなく諦めたのかボールフォルダーを離してしまい中に絞ってしまった。これを見た時には唖然とした。

 1対1に自信がなかったかもしれないがCBならしっかり潰してほしい。
 

 それでも90分間守った。とにかく勝って良かったしミシャの誕生日を勝利で飾った。


                
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |18:44 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(0)