スポンサーリンク

2020年10月15日

このチームは点を取るべき手段を今はほとんんど持っていない。

 先に失点したら名古屋相手なら勝てないと思ったが見事に予想が的中してしまった。当たらなくてもいい予想だったが。

 そこまでは危ないシーンもありながらまだまともな内容だった。しかし、失点してからはいつもの調子に戻ってしまう。攻めに行って前掛りなってなおかつシュートで終わらないからカウンターを浴びる。いつものような戦いぶり。そして1点も入らない。

 真ん中が堅い相手なのでサイドから攻めようとするのはいいが、単純なクロスやパスで攻めるもパスが雑とあってシュートにすらいけない。
 そして失点を重ねる。この繰り返し。いい加減。売れない小説家でも書かないワンパターンのストーリー。

 練習でいったい何をやっているのだろうか?

 ただただ相手を崩す練習しかしていないのではないだろうか。それゆえにわざと相手に人数を揃わせて攻撃練習でもしているのだろうかと思ってしまうほど酷い内容の攻撃だった。

 横パス、バックパス、前線にパスをだしても受けた選手は怖いのかすぐバックパスして攻撃を遅らせる。連携した崩しというのがまったくない。パスの出し手と受け手の関係しかないから単純で相手はマークしやすい。3人目の動きがほとんどない。

 また、前半は金子が右サイドに開き、駒井が下がって前線にロペスしかいないシーンが多くあった。荒野や宮澤がまったく入っていかず、攻撃が薄かった。そして相手にボールを取られてから2人が単独で行ってかわされピンチというシーンもあった。

 後半はドドと高嶺が入ったことで前線にタメができ。左サイドの守備もできて、少しは攻撃ができるようになったが、低い位置でボールをもっては出しどころがまったくなく、横パスばかり。攻撃が遅くなって、そしてパスを重ねてミスをしてとられカウンターを浴びる。その繰り返し

  また、相手も引いて守ってスペースを埋めれば失点はしないということが分かっていて、

 こちらが中盤でボールを動かしてもめったなことでは食いつかない。やはり縦パスを入れないと相手は嫌ではないだろう。
 
 温厚なコンササポでも怒りが沸いてきた人もかなりいたのではないかと思う。

 そもそもカウンターができないチームでは点はとれない。セットプレーでも点がとれないのだからこのチームは点を取るべき手段を今年はほとんど持っていない。

 

 超攻撃的サッカーと言っても相手に複数失点するわ、点はまったくとれないわではその看板を下ろさなければいけないのではないか?

  とにかく根本的なことを直さなければいけないと思う。このままではいくらなんでもリーグ戦を終われないだろう。




           
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




  
}

posted by 孔明 |21:06 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)