スポンサーリンク

2020年10月08日

セットプレーやスローインから点を取ってほしい。

 セットプレーがなかなか決まらない。ここまでわずか3点。昨年はかなりの得点をしていただけにここで点がとれないのも不振の影響だろう。

  原因は福森のキックの精度が上がらないことと、各チームが対策をしっかりとってきたことだろうか。

 特に福森はシーズン前の減量でキックの精度が狂ってしまい、まだ微調整を行っている段階なのではないかと思っている。

 そしてジェイや進藤の頭も相手にマークされてなかなか決まらない。武蔵がいなくなったことも大きいだろう。

 セットプレーから点をとるには、福森のキックの精度の向上と、マークをうまく外して決めきれる状況にもっていかないといけないと思う。

 コーナーで言えばただ、ただキックを蹴ればいいというモノでもない。時にはショートコーナーやサインプレーもしているが、もっとやれるだろうと思っている。

 ニアやファーに蹴り分けるのは良くやっているが、福森のキックはかなり読まれている。また福森がいないときにはキッカーは菅になるが彼も左利き、代えるなら右利きのルーカスに時々蹴らせるなど工夫が必要ではないかと思っている。

 せっかく待ち構える側はいい選手がそろっていても、うまく相手のマークをかわさないと点はとれない。

 良いキックをして相手のマークをうまく外して得点をしてほしい。

 FKは福森の状況一つ。調子が良ければ、まったく問題なく入ると思う。福森のキックの感覚が良い時にFKをしてくれればと思う。

 もう一つスローインの話。今年も相手のスローインからすぐさま崩されて失点に結びついた試合があった。相手の素早い行動からだったが、集中していないからこうなったと思う。

  もっと相手の動きに敏感に反応してほしい。他の試合でも失点には結びつかなかったが同じようなシーンが何度もある。本当にもったいない。ここは特に気をつけてほしい。

 またこちらがスローインをするシーンでは遅くて相手にボールをとられたりするシーンも多い。ボールの近くにいる選手が素早く投げ入れるなど工夫を凝らしてほしい。

 とにかくセットプレーは簡単に点がはいるだけに考えてやらないとほんとうにもったいない。

 昨年までセットプレーが得意なチームと言われてきただけに、もっと考えて工夫してほしい。



     
                     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |20:39 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)