スポンサーリンク

2020年08月06日

前半はダメダメだったが後半開始で3人を入れ替えたことで息を吹き返した。

 前半だけでは今回も逆転負けかなと思ったけど、後半3枚替えして持ち直した。

 やはり5人まで交代ができるのは有利だ。

  前半はまったくパスが回らず、個人技だけで戦っていたような感じ。攻撃がチグハグで
カウンターからさらに失点しそうだった。

 中途半端に疲労した深井や進藤を入れるよりも濱やふじれんを最初から入れた方がパスは回ったのではないだろうか。

 そして解説の宏太が言っていたが、サイドが非常に高い位置で止まって
いたために前方にスペースがなく動くことができなかった。

 先発のワントップはロペスだったが、ロペス個人の責任ではなく、なかなかボールが回らなかったことで、前線に寸止めされ、自由を奪われていたように思う。ドドと位置を変えたならもっとロペスの良さが出たのではないかと思った。。

 それをしっかり後半は修正した。ルーカスと右から左に移った白井が活性化させた。

 そして前半から頑張っていた、金子やドドや高嶺らがそのことによって勢いを加速させた。

 相手のミスのおかげだが、ドドのゴールで勝ったのは良かった。ドドもようやくゴールがでてほっとしたと同時にうれしかっただろう。

 後半ボランチに高嶺をあげて厳しくプレスに行くことで中盤を回復させることができた。 

 横浜FCが勝ったことで今節で1位抜けはできなかった。次節は引き分け以上で自力で1位抜けできる。

 本当は今節で1位抜けしてサブメンバーの若手を思いきり使いたかっただろうが仕方ない。

 とにかく次節で1位抜けしよう。



                                 
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 





}

}

posted by 孔明 |19:45 | 今節の反省 | コメント(2) | トラックバック(0)