スポンサーリンク

2020年08月02日

相手がロングボールしかないのに対応できないリスク管理の甘さが勝敗を分けた。

 2-3で競り負けた。

 荒野のうまいゴールで先制したが、相手の唯一これしかないロングボールにやられて逆転後半右サイドからのクロスに荒野が飛び込んで得点をとったが守備がザル。カウンターからまたもや失点してしまいその後得点が取れずに2-3で負けた。

 出だしは良かった。ゼロトップが機能して相手に試合をやらせなかった。

 高嶺のロングパスに荒野がうまくバウンドをあわせてゴールしたまでは良かった。しかし。その後、すぐさま失点。これは相手のロングボールに駿汰がドウグラスと競り合って競り負けてボールをつながれたもの。これはもっと厳しく行ってファウルをもらってもよかった。駿汰はこれが課題。しかし、その後はドウグラスに厳しく行っていた。

 逆転されたのはこれも相手のロングボールから。菅が裏を取られて、高嶺も上がってたのでフリーになりそこからクロスを入られて失点。

 その後も良い流れになっていたが、ラストパスの精度が悪かったり、サイドを深くえぐれなかったりして、真ん中からの攻撃ばかりでで相手にひかれて得点できず。

 後半早々に駒井の右サイドからのクロスに荒野が飛び込んでGKに当たりながらゴールで同点に。これで希望はもてたがその後カウンターから失点。

 進藤の謎の相手への好パスで守備が崩れた。

 その後交代も遅れ、ようやく投入された金子も最初は試合に入れず、バックパスを選択するなどの消極的な場面もあった。

 また、ドドの投入も遅れに遅れた。

 ようやく投入しても時間がなかった。

 そして決定的な場面は金子が相手ペナの中でボールにタッチしてターンした後、ジャンプした着地の後、相手のスライディングに左足がかかって倒されていた。しかし、主審の西村さんは笛を吹かず。このシーンでも運も味方しなかった。

 今日の試合は相手の個にやられた試合だったが守備などもっとケアしなければいけなかった。

 あれだけ前からいけば当然ながら相手はロングボールを蹴ってくる。それしかない戦術はわかっていたはず。それでまんまとやられたのははっきり言ってダメだ。



 神戸は仕方なくロングボールのプランBに切り替えたそう。やはりそうだった。それに対応することをはたしてやっていたのかはなはだ疑問


 また、それをさせないようにプレスをかけなければいけなかったし、ロングボールを蹴られたらファウルで止めなければいけなかった。この判断の甘さが勝敗を分けた。

 また、ミシャの交代も非常に遅かった。ジェイが駄目ならドドをもっと早く入れればよかったのではないかと思う。

  いずれにしてもここぞのという時の判断の甘さが勝敗を分けた。


 それにしても後からツイッターを見たが、サンペールが高嶺に後ろから完全に故意のエルボーを首に食らわせていたが、これはレッドにすべき案件だったろう。西村さんの位置が悪かったかも知れないがこれは後日でも処分すべき案件だと思う。

 ジェイは最初メンバーに入っていたがどうやら左宇足首を痛めたらしい。また、アップの時だろうか。そうなるとこれで2度目。防ぎようはなかったのか。



                               
                  勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 




}
}

posted by 孔明 |16:51 | 今節の反省 | コメント(9) | トラックバック(0)