スポンサーリンク

2020年05月17日

武蔵らが立ち上げたNPO法人が児童養護施設に弁当を提供した。

 武蔵が代表理事を務めるNPO法人「Hokkido Dream」が札幌市内の児童養護施設「柏葉荘」に弁当110食を届けたそう。

 今日の道スポから

 理事を務める菅野は「今後も続けていきたい。」
札幌市中央区「オーガニックキッチン」の協力で彩り豊かな110食が届けられた。
菅野の好物の「大豆ミートの唐揚げ」などすべて道産食材にこだわったそう。

 フードロスの解消にも一役買った。

 休校が続き食事を3食用意する栄養士も多忙を極めている。
受け取った栄養士の、尾山さんは「息抜きになった本当にありがたい。」
菅野「続けていきたいし、発信し続けたい。そしてコンサドーレの試合を見に行きたいと、いい循環になれば」

 さっそく武蔵の作った団体が活動をした。

 弁当を作った会社は菅野と親交があるそうだが、菅野も老人介護施設などに行って、活動をしている。なかなかできないことだ。

 こうやって地元の食材にこだわってやってくれるのもうれしい。

 荒野のフードレス運動と言い、選手は今できるなかで一生懸命やってくれている。

 菅野も言っているがこのようなことが、しいてはコンサドーレの試合を見に来てくれるサポーターを増やすことにもつながる。
 とにかく素晴らしい活動だ。




                                             
              勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |19:26 | 話題 | コメント(3) | トラックバック(0)