スポンサーリンク

2020年04月20日

駒井の適正ポジションはどこか?

 今シーズンの駒井は怪我から復帰して、張り切っている。

 昨シーズンはWBから真ん中をやりたいということで、ボランチをやる予定が怪我で大半はリハビリだった。

 今シーズンは進藤の怪我もあり、練習試合では右CBをやるというサプライズ
 これは進藤が出場できないと言う一過性のことかと思ったが、案外駒井のCBははまったいた。高さがないので外国人の高さのあるFWには苦戦しそうだが、元々球際に強く、パスを出せる選手なので、CBもそつなくこなしていた。

 はたして今シーズンの駒井はどこのポジションが適正だろうか。

 駒井のここまではWB、シャドー、ボランチ、CBとGK以外はどこでもできるポリバレントな選手ぶりを見せている。

  ただ、WBは右は白井、ルーカスや早坂がいてかなり層が厚い。シャドーはチャナや武蔵、ロペス、金子らいてここも層が厚い。

 ボランチは宮澤、荒野、深井、駿汰、高嶺などここは一番競争が激しい。
 駒井といえども割り込むのはかなり難しいだろう。

 それらに比べてCBは層が薄い。特に右CBは進藤の他は濱や早坂で層が薄い。CBも面白いだろう。

 しかし、個人的にはシャドーがいいかなとと思う。



 駒井のキープ力パスの能力、球離れの速さなどを考えればシャドーが適任だと個人的には思っている。

 ただ、当然ながらその時のチームの実情に合わせてポジションは決まってくるだろう。特に駒井のようなポリバレントな選手は、そうなると思う。

 ミシャにとっては駒井のような選手は非常に使いやすいだろう。

 勝手な思いだがこのまま特にポジションは決めないでその都度当てはまるやり方が一番いいのかもしれない。



                   
          勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
      孔明ツイッター 



posted by 孔明 |18:52 | 選手のこと | コメント(3) | トラックバック(0)