スポンサーリンク

2020年01月17日

高嶺は一番下からの飛躍を目指す。

 スポニチには高嶺のことが載っていた。

 高嶺は昨年は特別指定で数試合ルヴァンカップに出場した。

 U-18出身のいわゆる「鮭」選手。
 U-18卒業ではトップに入れずに悔しい思いをした。そして筑波大学で切磋琢磨して2年次にレギュラーをとった。

  「序列は一番下。でもそこから争いに勝って上がっていくのが面白い。」

 プロを意識し始めた札幌U-18の2年次にスタメンを奪取

 下からのスタートで、競争に勝ってのし上がってきた。

  キャンプ3日目の午前はボール回しのみ午後は対人形式をみっちり

 「疲労もあるしキツイけど、いい練習が積めている。」
 「日々積み重ねていけば、ものにできる実感はある。」

 大学時代は大学NO.1ボランチの称号を得た。

 厳しいチェックと正確なキック、展開力が持ち味。

 ボランチはかなり競争が激しい。

 今年、高嶺が割って入るのはかなり難しい。

 ただ、大卒選手は即戦力と期待されている。
まずはルヴァンカップで先発を勝ち取り、リーグ戦に出場していきたい。

 優しそうな感じだが、試合になると人が変わるそうだ。

 やはりサッカー選手は試合で活躍してなんぼだ。

 高嶺にはしっかり練習してアピールしてほしい。

 高嶺の最高のプレーを見せればレギュラーも夢ではない。

 

  チームは即戦力と期待している。

 とにかく思い切りやってほしい。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:25 | 選手のこと | コメント(0) | トラックバック(0)