スポンサーリンク

2019年12月03日

深井には日本代表に必ず入ってほしい。

  昨日深井のことを書いてるブログを見た。

 U-17のワールドユースは主力だった。将来は日本代表で活躍すると思われた。しかし、高校生のころから膝のけがをしてその後プロになってからも何度も何度も大けがをした。
そして日本代表どころか試合に出られない日々が続いた。

 しかし、そのたび立ち上がってきた。今は立派にレギュラーを張っている。去年から大きなけがをしなくなった。
 そしてチームの欠くことのできないボランチとして現在活躍している。

 日本代表もこのままいけば可能になるところまで来たと言っていいかもしれない。サポーターの期待が大きい。

 深井はタイプとしては潰し屋だ。中盤でファウルにならない程度に厳しく寄せてあたり、ボールをとる。まさに深井の行為は狩りに似ている。相手に当たってボールをかっさらう。見ていてすっきりするプレーだ。

 調子のいい時には動き回って相手を潰し、マイボールにすることができる。

 あえて課題を言えばパスの精度だろうか。ボールを奪ってからのパスはまだ甘いところがある。ただ、深井はこのところ絶好調。鳥栖戦も先制点を呼び込むボール奪取をしたし、

 中盤で相手のパスワークをかなり阻害していた。

 そしてコーナーから得点していて、攻撃の部分も強度を増している。ルヴァンカップで見せたロスタイムのコーナーからの同点ヘッド。そのあとのリーグ戦でも得点をした。

 このまま攻撃も結果をだしていけば必ず日本代表に選ばれるはず。

 当時のワールドユースのメンバーの多くとまた同じチームでやれるだろう。

 とにかく深井にはこの先、大けがをしないで頑張ってほしい。これだけ酷い目にあってきたんだから後は良いことしかないはず。早々に日本代表を目指してほしい。





     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:47 | 選手のこと | コメント(1) | トラックバック(0)