スポンサーリンク

2019年09月15日

準備の面でも試合中の戦術でも負けていた。

 準備の差と戦術の差が出た一戦だった。

 仙台は2週間、こちらのストロングポイントを抑える工夫をしてきたし、こちらは代表が4人もいて、戦術練習がほとんど行えなかった。そして代表帰りの選手たちのコンディションが悪かった。
 そうなれば代表帰りの選手たちをサブに置くということもできただろう。ただ、無策で仙台と対戦したようにしか思えなかった。

 また、試合中の修正もできなかった。ルーカスがサイドで2人に対応されて、中に切れ込むしかなかった時点で後半、中央の選手の動きを良くするとか、割合守りが薄かった左サイドを徹底的に狙うとか、工夫が必要だった。

 セットプレーの守りは散々言われているがまったく修正できていない。

 コーナーのマテへのマンツーマンは宮澤が行っていたがどうしてミンテではなかったか。マテは仙台で一番ヘッドが強い選手。悪いが長沢の比ではない。一番の選手に一番の選手をつけるべきでなかったか。

 また、3失点目はまた武蔵だが、昨年の都倉の時のように武蔵が完全に狙われていて、そこが穴だとすべてのチームに認識されている。これの改善を徹底的に行うべきなのに推測で申し訳ないがほとんどやっていないように思われる。

 交代策もよくわからないもの。少なくともロペスを後半頭から使うということをなぜしなかったか。

 手詰まりのルーカスを代えることなく白井を代えたのはどうしてか。

 スペースがない状態でガチガチに守られていたら、個で突破する方法はわかるが、2トップ2シャドーという前線に4人を並べる愚策。

 互いにスペースがなくなって窮屈になることは十分にわかる。

 戦う前から負けていたし、試合中の戦術でも負けていた。

 仙台はこちらのストロングポイントであるサイドを抑えてきて、ウイークポイントであるセットプレーを利用してきた。

 まんまとやられてしまった。

 これでACLの目標は遠ざかってしまった。

 しかし、まだあきらめることはない。連勝すればまた上位との差は縮まるし上位との対戦も残っている。 

 次節は鹿島との正念場だ。ジェイと武蔵がいない中でどう戦うか。

 ピンチだが返って良い試合をするような気がする。

 鹿島のホームでは鹿島は前に出てくると思うし、やってくると思われたジェイを徹底的につぶす作戦もできないし、武蔵のところでボールを奪うチャレンジもできないだろう。

 こちらはある程度引いてカウンターに徹すれば勝機は十分にあると思う。あくまでも鹿島の考える戦術を逆手にとればの話だが。

 とにかく次は鹿島とは言え勝つしかなくなった。

 今度はこちらの鬼門のカシマスタジアム。仙台にできるなら我がチームもできるはずだ。・


     勝手に叱咤コンサ外伝
                                      
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |22:07 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(0)