スポンサーリンク

2019年08月22日

昨日宮の沢に武田さんが来て武蔵にエールを送った。

今日の日刊と道スポには武蔵の話題が載っていた。


 昨日宮の沢でタレントで元日本代表の武田さんがやっててきて彼からエールを受けたそう。


 武田さんから「ストライカーとして期待している」といわれた。
 いろいろと日本代表の心得をいわれたそう。

 武田 「責任感のあるプレーをしないとダメ。FWは結果が全てなので、結果だけ求めて頑張って」
 武蔵 「1試合1試合責任感がある」

 次節FC東京戦は、出場すれば自身J1通算150試合目、3戦連発がかかる。
「どんどんシュートを打っていきたい。ここで勝たなきゃ」
 「まだまだ通過点。25歳なのでこれからもっと選手として成長できるか、僕自身も楽しみ。1試合でも多く出たい」
 「ここで勝たなきゃ、この間の8-0が意味ない」
 「相手の特長はカウンター。リスクマネジメントしながら焦らず、相手の隙を突けるかが大事」


 武田さんの話は半分くらいきておけば良いような感じがする(笑)

 確かに今はFWに求められる仕事は格段に増えたと思うが、基本はやはりゴールだろう。 武蔵はその点今年も頑張っているが、本人的にはもっと得点がほしいのではないだろうか。まずは2年続けての2桁得点を目指して欲しい。ここまでの武蔵ならできるはず、 

 武蔵の課題はやはりシュートの正確さ、そしてそこに至るまでの瞬時の判断の速さがあると思うもう少し速く判断できたならもっと点はとれると思う。

 また、足元の技術をもう少しつけてほしい。トラップミスも結構多い。
 
 ネガティブなことばかり書いたが、武蔵は武器はそのスピード。

 そしてそのスピードからのゴールはだれよりも能力をもっている選手だ。それを常時出してくれれば日本代表のエースになれるはずだ。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                     
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |19:31 | 選手のこと | コメント(3) | トラックバック(0)