スポンサーリンク

2016年09月21日

なんでもかんでもボランチが悪いのか。

 日曜日の長崎戦後、他の掲示板とかでボランチの上里と前弟に対する批判が多かった。

 攻守の切り替えのスピードが遅いとかパスのスピードが遅い

 特に上里は判断が遅いとか横パスが多い。前にパスを出せない。
 ミスパスばかり。攻守のリズムを狂わせているとか。

 確かに長崎戦のボランチはお世辞にもよい働きをしているとは思えなかった。

 上里は何度かパスミスをして相手にパスカットされ、前弟はボールロストしたり。

 無得点の一因はボランチの働きの悪さがあった。

 しかし、何でもボランチのせいにするのもよくないだろう。

 確かに前半は相手の素早いパススピードに付いていけず、後手を踏んだが、後半は相手が引いてきたことで、なかなかボールを素早く回せなかった。

 その要因はトップやサイドの選手のボールを引き出す動きの欠如もあった。そのせいで縦パスもなかなか出せなかった。

 一度前弟が無理に縦パスを出して相手にカットされ都倉が前弟に怒ったシーンがあったが、相手がボランチからパスを出させないように長崎のマークが厳しいこともあった。

 もっとも優秀なボランチならそんな形で守ってきても自分で持ち上がり、味方とのパスワークで崩していくものだが、なかなか今のボランチの2人にはできないことも確か。そこは十分に反省してほしいところ。

  試合終了後のインタビューを見ると高木監督は福森の持ち上がりを警戒していたようだ。サイドにプレスをかけてなかなか前に出させないようにしていた。

 通常ならサイドももっとスペースに上がってボランチからのパスを受けるようにするべきだが、なかなかスペースがなかったということも言えるだろう。

 長崎戦は宮澤が出場停止だったが、宮澤に期待する向きも多いが、宮澤もここのところぱっとしない。 深井がいればと思われるが、もっともっと今のボランチでもできるはずだし、やらなければいけない。

 しかし、なんでもかんでもボランチが悪いというのも的はずれな意見だと思う。

 長崎戦は全体的に悪かった。特に福森のサイドが抑えられていたの大きかった。

 これから当たるチームはパスの出しどころである福森を抑えてくるはず。それを逆手にとって攻撃していくことが必要だ。


   勝手に叱咤コンサ外伝

   孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:00 | 戦術 | コメント(3) | トラックバック(0)