スポンサーリンク

2013年10月14日

良い形でパスを回していた。

 昨日の天皇杯はアウェイで(という言い方は天皇杯では正確ではないが)磐田に勝った。

 前線の4人。トップの前俊とトップ下荒野。右サイドハーフ三上。左サイドハーフ神田がよい形でパスを回していた。

 やっぱりユース出身の3人と前俊はコンビネーションがよい。パスもよく回っていた。

 守備も曵地を初めとしてよく守った。

 ただ磐田に比べるとパスの精度はいまいち良くなかった。

 前半特にパスミスが多くてせっかくボールを奪ってもチャンスを逃していた。

 そのなかで前半目立ったプレーは宮澤がドリブルして荒野にスペースに出して荒野がシュートを打ったシーン。サイドネットに外れたが、可能性を感じさせるプレーだった。
 前半ロスタイムにもゴール前でパス交換して最後は前俊がコースを狙ったシュート。惜しくも外れたが後半につながるシュートだった。

 後半は相手も攻勢をかけてきた。カルリーニョスが交代で入ったときには相手は点を取りに来ているなと思ったが、なんとかみんなでブロックを作って体を張って得点を許さなかった。

 そして得点シーン。コーナーを三上が蹴るとはまったく思わなかった。練習ではやっていたのか?なぜ神田が蹴らなかったのかが疑問として残るが。

  しかし、三上のまっすぐのコーナーキックを相手がはね返しそれを前俊が拾った。 そして神田へのスルーパスパス。神田がパスを受けてゴールのど真ん中高めに蹴りこんでゴール。見事なゴールだった。

 それからは相手もサイドバックを交代させ攻撃の選手を入れてきたり、攻勢を高めてきたが、こちらも交代で選手を代えてかわしに入った。

  砂川、フェホ、日高が入って逃げ切った。

 日高がまたボランチに入ったときには心配したが、なんとか頑張った。

  個人的には曵地が前節群馬戦の軽かったプレーから立ち直り良いプレーをしていたのが印象深かった。

 そしてゴメス、前への推進力もあって守備も頑張っていた。なにより宮澤となかなかよぴコンビ

 リーグ戦の残り試合はこのコンビで行ってほしい。

  CBも頑張っていた。奈良は磐田の前田に決定的な仕事をさせなかったし、松本は駒野に振り切られるシーンはあったものの最後は体を張って防いでいた。

  とにかくJ1チームに勝ったことは見事

 次は11月20日でリーグ戦と合わせると相当な負担となるが、出来るだけ上に行って国立を目指して欲しい。


  勝手に叱咤コンサ外伝

posted by 孔明 |20:02 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(1)