スポンサーリンク

2013年08月22日

課題もあったが成果も大きかった。

 昨日の試合は3点とって完勝。
 前半はなかなか先制点がとれずにいらいらしたが、そんないらいらを解消させてくれたのが前俊。
 インタビューでは前俊らしい変に間のある飄々とした受け答えだったが、プレーではキレキレ
 他の選手達も前俊のキレぶりに「前俊にボールを集めよう」となっていたそうだが、それも納得のでき。

 先制点は前俊の個人技から、ドリブルして見事なシュート。
厚別のナイトゲームではボールの軌道がよりはっきり見えるのだが、きれいに白いボールが弧を描いて左隅に決まった。

 そして追加点は上里のコーナーから。コーナーを蹴ったボールを相手がクリアしきれずに転がったところを内村が押し込んだ。
 現地では誰が蹴りこんだかよくわからなかった。

 そして前半は2点リードして終了
しかし、これで安心したのがよくなかった。
 後半は相手に押し込まれる展開
 相手のプレスにクリアするのがやっとという状態もあった。
 守備ではDFの間に割って入られ、ようやく最終ラインで体を張るという危ないシーンが続出した。
 そこはしっかりと反省しなければいけないだろう。

 また、右サイドの上原は左サイドに比べてあまりよくない。
G大阪戦のことが頭にまだあったのか、あまりデキがよくなかった。
早く気持ちを切り替えて上原得意のプレーを見せてほしいものだ。

 交代は1枚目は前俊に変わってフェホ
キレキレの前俊に代えてフェホはどうかと思ったがフェホの相手への圧力が結構効いていた。

 こっちはしっかり守ってカウンターの構えだったが、そのカウンターが効いていた。ただ、2度ほどあったカウンターのチャンスはいずれも内村がシューターだったが決めないと。内村は複数得点の機会を逃してしまった。

 2枚目の交代は上里から河合
久しぶりの河合
 上里の交代は大事をとったものか、疲労を考慮したものか、はたまたケガを考慮したものか。結果として河合の試運転にもなった。
 危ないシーンもあったが河合は中盤でしっかりボールを収めてくれていた。

 3枚目の交代はいよいよ待っていたレコンビン
厚別の興奮は絶好調に達していた。

 レコンビンは短い時間帯だったのでプレーの評価はつけがたいところだったがキックで結果を出した。

 このところ見学した練習ではサブのプレースキックはレコンビンが蹴っていた。
その成果を出してくれた。

 フェホのヘッドも高かった。
 本当はヘッドが苦手とさんざん言われていたフェホだが、練習では結構ヘッドで得点を決めていた。これも練習の成果が出てよかった。 

 ただ、そんなフェホだがやはり先発で使うのはやめた方がよいだろう。

 相手の驚異になるフェホだが、先発ではプレスがなかなかかからない。
 夏場のアウェイではなおさら。

 昨日は涼しい気候で前俊も積極的にプレスをかけていたが、フェホだとなかなかプレスがかからない。

 内村の負担も大きい。

 財前監督はフェホをどう使うか。

 水戸戦は監督曰く勝ち点3を計算している相手

  ただ、水戸のケーズデンキスタジアムはピッチがでこぼこ
  空中戦も考えなければいけないためフェホを先発で使ってくる可能は高いだろう。

 今後フェホをどのように使うのか注目である。


 勝手に叱咤コンサ外伝

posted by 孔明 |20:25 | 今節の反省 | コメント(4) | トラックバック(1)