スポンサーリンク

2013年06月30日

ラストパスの精度、アイデアが足りなかった。

 昨日の試合は決定的なミスが2つ出て敗戦。

 せっかくこれから勢いに乗っていくところで痛い敗戦だった。

 やはりとれるところで得点をとっていかないといけない。

 特に前半。ラストパスやシュートの精度が悪くゴールが決められなかったことは反省しなければいけないだろう。

 ブービー相手にミスミスばかりではダメ。

 攻撃は決定的なチャンスもあった。

 前半上原が独走した場面。内村にパスを出したがそこは自分で打ってほしかった。
そして後半上原からのクロスが純貴にわたった場面。

 どんぴしゃヘッドで角度もよかったが相手キーパーのファインプレーに防がれた。

 相手をなめていたわけではないだろうが、下位相手にはしっかり勝たないと。

 選手では工藤はなかなかよかった。

 積極性が出ていて自分で決めないという良い意味で我が出ていた。
 ただ、もっと楽な場面で出してあげたかった。

 日刊スポーツには工藤のコメントが載っていた。

「経験しにきたわけじゃない。チャンスはあっても決めてなんぼです。たくさんのサポーターがきてくれたのに。こんな試合で申し訳けない。次以降は未定です。監督が必要といってくれたら、また頑張るだけ。」

この後の徳島戦でも彼のプレーをもう見たい。

 財前監督は「失点は自陣でやってはいけないミスからのもの。攻撃はバイタルまではボールは入っていたが、最後の一つ前のプレー、アイデアが足りなかった。」と話していた。

 やはり、全体的にラストパスの精度を高くしてほしい。とにかく精度が低い。
前半いくつかあったチャンスをしっかり決めておきたかった。

 とにかく次の試合はもうすぐ、気持ちを切り替えて次に臨もう。


  勝手に叱咤コンサ外伝

posted by 孔明 |20:00 | 今節の反省 | コメント(0) | トラックバック(1)