スポンサーリンク

2013年02月03日

2013年に選手達に期待すること注目すること2(DF編)

2013年に選手達に期待すること注目することについて書いていきたいと思う。

DF編

 CBはパウロン、チョ、櫛引、奈良、永坂の争い。パウロン、チョがレギュラーで使えるかどうかが焦点

 パウロンは192cmの長身。ブラジル人らしく細かなテクニックがあるらしい。やはり長身ゆえにハイボールに強いかどうか。特徴はヘディングというだけあって高さには強いだろうか。また、人に強いかどうか。前評判がまずまず良いだけに期待は膨らむ。とにかくCBの中心になって引っ張っていくようにしてもらいたい。

 チョはサイドバックもできるというふれこみだが、噂によるとSBはあまりうまくないらしい。しかし、これも実戦で、見てみないとよくわからない。CBの駒が少ないだけにチョにも高いレベルで他のCBと競ってほしい。高さは十分あるので、その長い足で相手よりも先にボールにいってインターセプトでがつがつボールをとってほしい。

 櫛引は昨年のJ1で自信をなくしたプレーが多かったかも知れない。対人プレーにさらなる磨きをかけて今年は自信をもってプレーしてほしい。もともと素質はある。負けん気を表に出して思い切りプレーしてほしい。細かな技術的な問題はあるだろうが、気持ちで負けないようにしてほしい。

 奈良は昨年1年間J1の舞台で勉強になっただろう。通用した部分と通用しなかった部分とは自分で十分にわかっているはず。今年は他のJリーガーらと八丈島で自主トレも行った。
 何かを変えるという気持ちは十分に持っているはずだ。J2では無双をするという気持ちでまずはレギュラーを狙ってほしい。CBの中心を担うという自負を持って進んでほしい。

 永坂は身長があるだけに高さを武器にしてほしい。まだまだフィジカルがプロの体になっていないだろうから、まずはフィジカルを強くすること。野性味あふれるプレーを心がけてほしい。スピードはない分ポジショニングをはっきりさせて相手をどんどん潰してほしい。

SBは層が薄い。右は日高、小山内。左は松本、前がサイドバックに回るのではないか。

 日高は昨年、攻撃で目立った。ゴールもあげて攻撃的SBの本領を発揮した。しかし、股関節痛で出場できない試合も多かっただけにまずは開幕から出場できるように怪我をしっかり直してほしいところだ。1年を通して守備に攻撃にとできる身体を作ってほしい。
 彼の特徴はサイドを駆け上がる突破力。サイドから精度の高いクロスをどんどん上げてほしいものだ。

 小山内は昨年は怪我に苦しんだ。他のユースから昇格した同期に比べても公式戦出場は少なかった。今年は相当の覚悟で臨んでほしい。2年目だからと言って遠慮することはない。コンサは若いチーム。思い切り得意の攻撃的なDF力で臨んでほしい。サイドバックは層が薄い。小山内の力が必要だ。まずは怪我を完全に治してレギュラー争いに割って入ってほしい。

 松本はユースから大学を経て復帰した。大学出身と言うことであれば即戦力と考えてよいのだろう。攻撃的なSBらしい。本人曰く「守備が課題」ということだが、キャンプで守備を鍛えて、サイドバックのレギュラーをとってほしいものだ。サッカー雑誌ではあまり期待度が高くないが、良い意味で裏切ってほしいと思う。「コンサの左サイドは松本がいる」と印象づけてほしい。

  は昨年はボランチにサイドバックにと活躍した。石崎前監督にも頼りにされていた。この選手はテクニックがあり、思い切りがよい。サイドバックをやっていたときには小気味よいステップで相手を抜き去り、サイドを駆け上がっていた。足は速い方ではないがテクニックで相手を抜いていくタイプの選手。守備力もあり、監督としては使いやすい選手だと思う。サイドバックは守備力が問われるので前を使うことが多くなるだろう。ボランチでも目先が利くのでアクセントになる小気味よいパスも出せる。2年目と言っても頼りにしてよい選手だと思う。


   勝手に叱咤コンサ外伝

posted by 孔明 |19:53 | 選手のこと | コメント(2) | トラックバック(1)