スポンサーリンク

2012年05月31日

攻撃の反省点と今後について

 13戦して得点はリーグワーストの2位の9点

 攻撃力は徐々についてきたと言う感じはあるが攻撃の中心の前俊が長期離脱して今後、どのように点をとっていくのかが課題だろう。

  広島戦は大島のワントップを行ったが、機能していたとは言えない状況

 大島ももっとポストプレーをしっかりやって、運動量を増さなければいけなかったが大島だけがが悪いというわけでもなくて、もっと大島を生かすようなプレーをしなければいけなかったと思う。

 ただ、前俊がいないなかで大島のワントップで継続していくかということには疑問が残る。昨年の最終戦のような近藤と内村の縦の2トップの関係で前からのプレスと素早い攻めがやはりJ1では有効だろう。

 やはり一番望ましい試合は昨年の最終戦のようなショートカウンターで得点をとる展開。

 前から厳しいプレスをかけボールを奪って素早く相手が十分な守りの態勢をとれないうちに攻める攻撃が勝利への近道だろう。

  トップに大島を入れるよりは近藤と内村の縦の2トップでスピードある攻撃を仕掛けた方がよいような気がする。

 また、攻撃時には簡単なミスを極力減らすことだ。広島戦でもせっかくボールを奪っても前線に通すパスや、ラストパスの精度が悪すぎたこともあった。
 トラップもへた。

  もう一度そこらあたりの個人技術の部分は基礎からやる必要もあるのではないか。

  とにかく攻撃力をつけるため、やれることをしっかりやってほしい。

 昨年の良いときのイメージをもって練習してほしいと思う。

posted by 孔明 |20:08 | 戦術 | コメント(2) | トラックバック(1)