スポンサーリンク

2006年07月22日

この引き分けは非常に痛い。しかし私は上里に期待する。

   絶対勝たなければいけない試合だった。

  こんな試合をものにしなければJ1には上がれない。

  返す返すも2-1の後の戦い方が悔やまれる。

  特にひどかったのが林。

  なぜあれだけの風下なのに簡単にロングボールを蹴るのだ?

  風下だけにマイボールにする確率は低い。

  ましてや勝ち越した後の対応のまずさ。DFにボールをあずけ、

  キープするのが常道だろう。

  林は1点目もまずいプレーをしていたし、その後も1度決定的なミスをし

 ていた。次の試合の先発GKは考えた方がいいだろう。

  試合全体的にいえば、点をとれる気がしない試合だったが、

  前半コンサは風上を意識しすぎてロングボールを中心に組み立てていた。

  そのため、単純な攻めに終始し、まったくおもしろくない戦い方だった。

  風下だった後半の方が丁寧にパスをする意識が増し、良い試合となった。

  私はコンサの戦い方は風下の方があっていると思っている。

  ロングボールでいけばだいたいは必ず、長すぎるか、受け手が目測を誤る。
  風下の場合の方が、ボールが止まるのでセカンドボールを拾いやすい。


  光明を見つけるとすれば上里だ。2点目の中山の得点はピンポイントの上

 里のセンタリングだった。その他にも1度体を寄せて相手からボールを奪っ

 た圧巻のプレーがあった。

 だんだん、良いプレーが出てきたのは頼もしい。

 フッキ、西谷、砂川と上里が絡めばものすごい破壊力が期待できる。

 今後のコンサはこの4人にかかっている。そして私は上里に期待する。
  




 
 
  




  

posted by asa3804 |21:36 | 今節の反省 | コメント(5) | トラックバック(0)