スポンサーリンク

2020年01月07日

開幕まではたして補強はあるだろうか。

 昨日契約合意選手が発表されて、26人が今シーズン一緒に戦うことになった。

 報知を除く(報知は買わなかった。)3紙のスポ新にもそのことは書いてあったが、うがった見方だがこれで今シーズンは26人でいくというようなことは明確だが書いていなかった。
  もしかしたらこの後補強はあるか?というような希望を持たせてくれるような書き方だった。

 サポーターもまだ補強があるか?というようなことを思っている人も案外多いのではないか。SNSを徘徊すると京都にいたベルギーの久保がJリーグからのオファーが来ているということで、コンサに来ないかとか(どうやら今日になってアメリカ行きが濃厚)
、三上GMのインタビューを受け、大物外国人は来ないかとか言っている人もいる。

 個人的には補強があってほしいと思う半分、おそらくはないだろうとも思っている。

  何度も言うがやはり補強があるとすればCB及びシャドー・FWだろう。

 全員で26人というのも少ない。

 けが人が出ればとたんに紅白戦すら怪しくなる。

 あえて補強せよと声高に言うつもりはないが、やはりメンバーは多い方が競争が多くなる。

 ノノ社長は人数が多いと若手のチャレンジの機会が少なくなると以前言っていたが、力のある選手は自分でチャンスをつかんでくるものだし、競争が激しくなってレベルが上がるというようなメリットもある。

 もちろん強化部はあらゆる場合を想定してリストアップはしているだろう。

 まあ、会社がどう考えているかだが、開幕まではたして補強はあるだろうか。



    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |20:05 | 補強 | コメント(2) | トラックバック(0)

2019年12月16日

2020年に補強してほしい選手たち3 FW編

2020年補強してほしいFW

 補強は基本的にはしない方針らしいが、あえてここで補強の
要望の最後、FW。ジェイの他にワントップができる選手が見当たらないだけにFWの補強は必要だろう。


 J1

①石原(仙台) 173cm    35歳
仙台を今年で契約満了。背は小柄だが、前線でキープ力がある選手。
ハードワークもできる。年齢の高さが気になるが、まだまだやれると思う。

②山崎(湘南) 187cm 27歳
足元の技術もあって、泥臭いゴールも決める。前線で動き回ることもできる。
上背がありヘッドも強い。

③川又(磐田) 184cm 30歳
今年で磐田を契約満了になった。元日本代表。空中戦が強く、決定力がある。


④オナイウ阿道(大分) 180cm 24歳
浦和からのレンタル。今年は大分でブレイクした。
ボールが収まり、ヘッドも強い。また、足元の技術も高い。


J2
①レアンドロ(東京V) 176cm 34歳
点取り屋、ワンタッチゴーラー。足元の技術も持っていて、動きがシャープ

②小川(水戸)  186cm 22歳
磐田からの
磐田からのレンタル。先日、日本代表でハットトリックを記録。今やかなりの知名度
評価はうなぎのぼり。争奪戦が予想される。
 ゴールの嗅覚をもっている選手で次世代の日本代表の主力を張れる選手。
高さもあって、ヘッドからのゴールももっている。

③呉屋(長崎)177cm 25歳
G大阪からレンタル。長崎に移籍して22ゴールを記録して大ブレイク。
ゴール前の嗅覚があって。シュートがうまい選手。ワンタッチゴーラー。
そんなに上背はないがヘッドが強い。

④垣田(金沢)186cm 22歳
体が大きいが動き回れる選手。今年は点はさほどでもないが、チームに貢献する努力は惜しまない。空中戦が得意

⑤山田(琉球)181cm 19歳
C大阪からのレンタル。
ゴール前で落ち着きがあってフィジカルも強い。
DFの裏を抜ける動きが秀逸



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター


posted by 孔明 |20:55 | 補強 | コメント(5) | トラックバック(0)

2019年12月14日

補強はやはり必要ではないか?

 昨日報知新聞に載ってたが、補強は考えていないという記事。
その後のノノ社長のラジオでは「コンサでどうしてもやりたい気持ちがあってコンサでやった方が伸びると思う選手がいたら、コストを使っても獲りに行く可能性はゼロではない。」という言い回しで補強を否定しなかったらしいが。基本的には補強は考えていないということだろう。
 果たして大丈夫だろうか?
 

 もちろんサプライズで補強はあるかもしれないが、基本的にはないということは、CBやシャドー、ワントップの層の薄さを一体どう考えているのか聞きたい。
  ノノ社長はCBの層の薄さは田中駿太にCBで期待をしているらしいが、これまでの試合を見る限り彼はボランチ向きで、ハードな守備、パスの正確性をもっている選手。日本代表だが大卒1年生いくら何でも彼に期待しすぎのはどうかとも思う。
 もっとも今日のE-1日本代表戦ではスイーパーとして先発するので期待しつつ、テレビを見たい。

 もっともミシャのスイーパーは特殊でボランチのような動きを求められるから本来ボランチの選手がいきるポジションだと思う。果たして駿太はボランチの時よりもいいパフォーマンスを出してくれるだろうか。

 シャドーは岩崎がミシャ式2年目で活躍してくれると思っているのだろう。当然岩崎は2年目だから当然やってもらわなくてはいけないが、それでも不安は残る。

 ジェイのワントップには他にボールが収まる選手がほしいが、怪我がちのジェイ1人ではどうも不安だ。

 もっとも強化費がなかなか上げられないことや、今年各国代表選手が増え年俸の総額がかなりアップするということもあるだろう。

 しかし、今年後半戦のぐだぐだぶりを見ると選手層の厚さは必要で、そのためには補強は一番手っ取り早いような気がする。

 ミシャ式になかなかなじめずそんな選手を取るよりも現有選手たちを2年目で活躍できるように底上げの方が効率的だとの意見もわかる。

  だが、やっぱり補強は必要ではないかという気がしてならない。




    勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |18:22 | 補強 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年12月09日

2020年に補強してほしい選手たち1 CB編

2 020年に補強してほしい選手たち1 CB編


J1リーグも土曜日に終わり、これからストーブリーグが始まっていく。
 コンサは今年の夏は補強なし。そんなに多くない選手層で戦った。果たしてどんな補強をするだろうか。
 まずはチームに必要なのはCBだろう。ミンテや進藤は欠場になると控えがまったくいない状態。ここはまず補強しなければいけない。
 次に必要なのはシャドー。チャナの代わりの選手がいない。
 そしてFW。ジェイの高齢化によりフル出場は厳しく。ポストプレーができる選手が必要だと思う。

 そういうわけで、J1とJ2から勝手に補強してほしい選手を列挙していきたい。
  まずは今日はCB編
    CBはレgyらの電サyてゃ
J1

①新里(磐田)185cm  29歳
  昨年大怪我をして今年復活したが、若手の大南の台頭でポジションを奪われることが多くなった。しかし、守備力が高く、空中戦に強く、ビッドアップにも優れたものをもっている。まだまだやれる選手。

②大南(磐田)184cm  22歳
  U-22の常連。空中戦に非常に強く。積極的な守備が光る若手のCB。普通なら出さないと思うが、J2降格のチームなので移籍はありうると思う。

③坂(湘南)174cm  24歳
  上背はないがジャンプ力があり、空中戦に強い。J1の外国人も封ずる力はかなりのもの。また、ビルドアップの能力も高い。

④高橋祐治(鳥栖)187cm  26歳
 空中戦の強さとビルドアップ能力の高さで鳥栖のレギュラー。能力が高く、移籍は正直難しいそうだが。

⑤ブエノ(鹿島)182cm 24歳
  スピードがあって空中戦に強い。フィジカルが非常に強い。ただ、レギュラークラスなので移籍金はかなり高そう。

⑥庄司(大分)187cm 22歳
 C大阪からのレンタル選手。ハードコンタクトで守備をして、ボール奪取力に優れる。

ビルドアップも得意。

⑦伊藤(横浜FM)
水戸からJ1へ個人昇格。かなり期待されたが、横浜FMの2人のCB陣を崩せず、出場機会はほとんどなかった。しかし、体が強く、スピードがあるCBなので引く手あまた。



J2

①熊本(山形)186cm 24歳
空中戦に強く、ロングボールのフィード能力も持っている。伸びしろがあるので将来楽しみな選手。

莉に2

②山本(金沢)185cm 24歳
ヘッドの強さとハードマークが特徴。また1対1に強い。能力がかなり高く、潜在能力もかなりある。

③菊池(山口)188cm 23歳
今年は大卒ルーキーながらレギュラーに定着、持ち前の空中戦の強さやボール奪取能力にを発揮した。足元の技術はあまりないが、伸びしろは十分にある。

④大武(新潟)189cm 27歳
 空中戦が非常に強く、泥臭いプレーもできる。またビルドアップの能力に優れている。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
       孔明ツイッター

posted by 孔明 |19:35 | 補強 | コメント(5) | トラックバック(0)

2019年11月13日

ミシャがいなくなっても将来性のある選手が来てくれるクラブにしたい。

  今日の日刊スポーツには鈴木智樹スカウトのインタビューがあった。チームの補強戦略がアカデミー中心の育成から、アカデミーの育成も大事にしつつ全国から将来性のある選手を獲得する方向になってきた。

 来季加入予定の大学生3人や、現在大学3年生の中野は1年以上前に内定した。智樹が話しているが、やはり北海道の地域性がハンデとしてあったが、サッカーの方向性やミシャのおかげでサッカーやクラブの方向性、将来性を感じてくれるようになり、大学の監督やスタッフが「札幌なら預けたい」、「選手を育成してくれるクラブ」との認識が広まったそう。

  本当に今までのコンサなら金子や、田中駿太や中野はきてくれなかっただろう。

 それだけチームも成長したということと、人材育成やミシャの個人的な魅力が彼らを動かしたんだと思う。

 ただ、チーム力、チームの魅力が高まったとは言え、ミシャの個人的な魅力によるものということは否めない。将来、ミシャがいなくなっても引き続き将来性のある選手が来てくれるようなクラブにしなければいけないだろう。

 

 今ではスカウト網も全国に、年間150試合も見るのは智樹もたいへんだ。

  しかし、やはり自分で見ないと始まらない。強化部が2人でその上に三上GMがいてという体制は強化を担当とする人数としては決して多くはないだろう。

 この記事では中野の獲得の経緯もわかった。

 本州の有望な大学生をとれることはこれまで滅多になかっただけに、この状況を素直に喜びたい。そしてチームは確実に獲得した選手を成長させてほしい。




     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:30 | 補強 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月05日

ダビド・シルバ獲得のお金はどこから出る?

 今朝のスポニチ1面にでかでかと載っていた「札幌ダビド・シルバ」来夏獲得へ水面下で交渉」という記事には驚かされた。

 飛ばしかもしれないが、仮に信じることとして

 ノノ社長はこれまでの名のある超ビックな選手に声をかけてきたが、元スペイン代表の超大物に声をかけてるとは(驚き)。これまでは本気モードだったか怪しかったが、今度はどうやら本気モードなのだろう。シルバは母方が日系人なので日本にくる可能性があるという。神戸も声をかけているがもっとも熱心なのはううちのチームらしい。

 あの今や世界N0.1クラブのマンチェスターシティを来夏退団するようで、アメリカMSLなどが新天地の候補として取りざたされているとのこと。

  オファーするとしても金はどこからくるのか?とか、年齢的(33歳)なものはどうかとか心配するが、それにしても大きな夢のような話だ。

 もっとも昨季はシティのレギュラーでばバリバリやっていたようだから問題はないと思うが、お金はどこからくるのか?は非常に気になる。ダゾーンマネーという話もあるは何十億も果たしてだせるのか?

 もし入団してくれたら、チャナとシルバの左右のシャドーのドリブラーで破壊力が凄い。

 スポニチの飛ばしのような気もするが、これまでもロッペンに声をかけていたらしいし、ノノ社長ならありうる話。むげに嘘だとは決めつけられない。

 このような超大物の獲得記事がでるようなクラブになったんだと改めて感慨深い。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                                       
        孔明ツイッター 

posted by 孔明 |20:12 | 補強 | コメント(4) | トラックバック(0)

2019年01月21日

ここ最近の補強は確実にチームの成長を確実に感じさせている。

 JCOMのGOコンサドーレは隔週で宏太が司会をやってコンサドーレの情報を発信してくれているが、最新の番組は三上GMがゲストだった。
その中で興味を引いたのは補強の話。

 はほとんど誰がほしいとは言わないそうで、三上さんたちが調査した候補の選手たちをミシャに見せてオファーする選手を決定するとのこと。
交渉ではチームのビジョンを見せて、どう成長させて挙げられるか、足りないところをどう補えるかを伝えている。

 そして今ではクラブの可能性やサポーターのすばらしさが選手たちに浸透していて、条件面では他のチームに劣るが、それらを判断してコンサに来てくれるようになった。
 交渉で選手が「雪」話をしたらこっちのもの。ましてや「スタッドレス」の話をしたら来たなと思うそう。それだけ選手がコンサに興味を持ってくれる証だそう。

 以前は、コンサは契約満了した選手に関してはなにもフォローしないチームであったけど三上さんが強化担当になってからはそのフォローをまずやろうと実行に移したと以前聞いたし、三上さんを始めスタッフの努力が良い選手の獲得につながったのだろう。もちろん最近の好成績もあっただろうが、こういう環境を整える地道な努力の集積がこのようなチーム力のアップにつながった。

 もちろん浦和や、鹿島、神戸などのビッククラブには及ばないが、魅力を増すことにより選んでくれる選手が多くなってきた。何年か前よりもお金を多く出せるようになったことも大きいだろう。

 今年の補強では契約が残っている選手でも違約金を払ってまで完全移籍させたことが、今までと変わった点だと思う。これもチームの成長だと思っている。

 

 なにより、チームが成長している。こう感じることができている。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                             
        孔明ツイッター  

posted by 孔明 |19:48 | 補強 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年01月11日

アンロペとフェルナンデスが来日、開幕戦は湘南。ホーム開幕戦は清水戦。

 今日の日刊スポーツ及び道スポ、スポニチにはアンデルソン・ロペスとルーカス・フェルナンデスが昨日来日したということが載っていた。

 故郷が隣の州だという2人は同じ飛行機で8日に出発。ブラジル北部からリオデジャネイロ、フランクフルト、羽田で3度乗り換え日本にやってきた。
  非常に長いフライトだった。
     ・
 さすがに「だいぶ疲れているよ」

 アンロペは友人であるジュリーニョにチームの話を聞いてイメージを膨らませた。
 フェルナンデスも偶然同じ飛行機に乗り合わせたビスマルクからミシャの情報など収集

フェルナンデス 「『(ペトロビッチ)監督は名の知られた監督だよ』と、言われモチベーションも高まった」
 「早く戦術を理解して、助っ人らしくチームに貢献できれば」

 アンロペ「これだけ長い旅なので、いっぱい話ができたから分かり合えたと思う。お互い高い目標を持ちチームに貢献したい。
「彼(フェルナンデス)とは初対面だけど、長旅だったからたくさんいろんな
話ができて分かり合えた。一体感を持ってやっていきたい。」

 フェルナンデス 「助っ人らしくチームに貢献できれば。早くチームの戦術を理解したい」
 初めて日本に住むことになるフェルナンデスには
 アンロペ「ラーメンやうどんがおいしいので、一緒に連れて行きたい」

 彼ら2人は初対面だが、長い時間フライトを一緒にしたことでかなり親密になったらしい。ブラジル人選手は2人だけなので仲良くやってくれればいい。
フェルナンデスは初めての日本なのでいろいろ不慣れな点があるだろうが、アンロペにも助けてもらい生活して欲しい。
 それにしても札幌の雪にはびっくりしたのではないだろうか。昨日から今日にかけてさらに大雪が降った。嫌にならないでほしい。
 彼らに期待することは多い。
 アンロペは強烈な突破力を武器にどんどん相手守備を突破してほしい。フェルナンデスはサイドをしっかり上がって仕掛けてほしい。
アンロペも広島の経験はあるだろうが、長いキャンプや移動距離の長さなど違った面もたくさんある。2人とも早くコンサになれて十分に力が発揮されるようにしてほしい。

 共にミシャ式に慣れるのは時間がかかるだろうが、頑張って慣れて欲しい。

それから開幕戦がアウェイ湘南戦との発表もあった。

 そしてホームは第3戦で清水。

 昨年はホームで負けたので勝たなければいけない相手だろう

 第1戦からホーム開幕戦までは毎年調子が出ないのでなんとか勝ち点を重ねたい。
今年はスタートダッシュをはかりたい。第1戦から勝ち点を増やしていければ上位にいけるはず。



     勝手に叱咤コンサ外伝
                           
        孔明ツイッター   

posted by 孔明 |18:29 | 補強 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年12月30日

来年かと思ったがルーカス・フェルナンデスの加入が発表になった。

 ルーカス・フェルナンデスの加入が発表された。

 発表は来年かと思ったが、今年キター

 まだ動画は見ていないが、スピードがあってかなり良い選手らしいので期待ができる。ブラジル1部の選手だけに周りからの期待も大きいだろう。

 レンタルだけど当然、腹黒(失礼)先を見通せる三上GMのことだから活躍次第で買い取りオプションはつけているだろう。

 とにかく懸案の右サイド。昨年は駒井が主戦場はだったが、今年はルーカス・フェルナンデスが第1候補になると思う。早坂が控えで白井や中野もできるが、やはりチームはルーカス・フェルナンデスに期待をかけていると思う。

 まずはミシャ式に慣れること。

 ブラジル人で1部にいた選手なので足元のテクニックがあるとは思うが

 まずは1年間よろしくお願いしたい。

 とにかく期待している。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                           
        孔明ツイッター   

posted by 孔明 |16:58 | 補強 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年12月28日

アンデルソン・ロペス選手そして中野選手これからよろしく

 今日はずいぶんリリースが来る日だ。

 アンデルソン・ロペスと中野の完全移籍での獲得が発表になった。

 アンデルソン・ロペスは粗削りだが突破力や豪快なシュートが持ち味。

 中野はするするするっとサイドから中に切れ込みペナ内での動きが秀逸とそれぞれ特徴ある選手だ。

 中野は菅の上を行く選手ということで獲得したらしいが、右利きなので右サイドもできる。菅も中野と競争でレベルアップをしてほしい。

 アンデルソン・ロペスは広島での実績もあり、ミシャとしても鍛えがいがあるだろう。とにかく頑張って活躍してほしい。

 いずれも未完成な選手のような気がする。

 共に完全移籍なので長い期間コンサにいて、能力を伸ばしてほしい。
とにかくよろしく。


     勝手に叱咤コンサ外伝
                           
        孔明ツイッター   

posted by 孔明 |15:32 | 補強 | コメント(3) | トラックバック(0)