コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年10月21日

雷のち雪

いやはやである。

まあ冬の到来がいきなりなことは、過去の経験からしても珍しいことではないにしても、この時期にとなると、ちょっとおののく。


昨日朝は、まず雷で始まっていたのだな。

確かに起床後一旦は明るくなってきていたのだが、どうにも雲行きが怪しくて。
そうして間もなく、暗くなってきたかと思うや否や、雷ときたもんだ。
続けて多量の雨。その後ずっと続く苦難の開始となる。


こういう時に限って外出の予定があり、しかも車がつかえず公共交通機関利用となれば、これまた戦いになる。

こと午後は大変であった。
バス乗車時は、屋根のある所からだったのでまだ何とかなったのであるが、下車後そんなに距離のない部分を歩くにしても、まず強風で傘が持っていかれそうになるくらいであり、実際骨の一本が折れてしまって。

客先滞在約30分後に出れば、天気はみぞれに替わっていて。
当然また屋根のないバス停に戻るにしても困難。
あっという間に靴もズボンもずぶ濡れで。

その先地下鉄で別の場所に移動して、地上に出てみればもう積雪と言える状態。
風は弱まらず、当然に寒い。

帰社した頃には、もうヘトヘトなんだな。


帰宅後にまた雷があったのか。

就寝時には外は積雪で明るく。

まあぐっすり眠れた方だから、今朝はそんなにしんどくもないのではあるが。


今日の練習場所がドーム内ということで、たまたまのタイミングではあるが、試合が明日で良かったということになるのか。

これが日曜日の試合であれば、今日の練習は宮の沢のはずで。
昨日出てきた様子からすれば、まともに練習できやしないくらいに積もっているし。

この辺は運が強いんだ、ということにしておこう。


初雪の多くというのは、夜のうちであったり、日中でもあったの?くらいでスタートすることが多いのだがね。

今シーズンみたいに、初がいきなりの本格的、というのはいつ以来なんでしょうかね?

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月20日

憂鬱

愚痴の続きが憂鬱とは、何ともなことではあるんでしょうがね。
いやどこを見てもそんな気分にさせられますってことで。


まずは天気の話。

いや時期からすれば、もう10月も下旬に入ろうかの頃なのだから不思議はないのであるが、ついに出てきました「平地でも雪」。

どんなに暑い日が多かったとしても、ちゃんとやってくる冬なのではありましてね。

そしていろいろ身構える準備の頃にはなるのです。


2020東京五輪の話ね。

いや何度も書いているけれども、今からでも遅くないから撤回せよ派ではあるのだが。

あれって開催競技場も近くコンパクトで既存施設の活用で費用も掛からない、というのが当初の謳い文句のはずで。

それがいつの間にか建設費用がどんどん高騰していき、開催地も東京以外の地名が出てきて、果ては国外まで、ってもうわけわからんでしょうに。

結局一部の金亡者のためにしかない。
それだけの金があるのなら、せめてその数パーセントでも被災地のために振り向けることの方がずっと多くの人のためになることなのに、結局は一部の人しか幸せにならないというのは、不幸以外の何物でもないなと。


そしてはびこるのは、言葉の軽さ。

あの大臣の軽率な発言に加えて、それに対する官房長官の言葉もまた軽く。

沖縄に目を向ければ、表記するのも嫌な言葉が顕在化し。
まあこれについては、それ以前にそこで起きていることすら報道されていなかったことを見れば、無視できない状況下に陥ったとも言えるのだろうがね。

いや普段仕事上で慎重な言葉使いを求められる立場からすれば、これら軽々なものには憤りしか出てこないのよね。


あと「24歳の高校生」が起こした事件というのは、その立場もさることながら、何をしたのか覚えていないとか言われてしまえば、犠牲者が浮かばれないことでもあり、いやはやたまりません。

そんなんばかりで、憂鬱が増すばかり。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月19日

愚痴る2

久しぶりに目覚まし音を本格的に今朝なのではあるが、その起きる直前に見ていた夢がまたしんどいものだった。

物販の仕事から離れること15年以上になるのだが、夢の内容といえばなぜか中古のノートPCを個人宅に売ってセッティングすることで。

今どきはまずない状況ではあるが、昔やっていた時にはありうることで、久々のことにあたあたしているうちに目が覚めた次第で。
疲れているうえに、どっと疲れてしまって。

いやはやではある。


ニュースを見ればやりきれないものばかりである、という大雑把なまとめから入るのだが。

まずどうでもいいようなことに、執拗に注視しする一方で、肝心な部分は伝えない。

そんなんばかりに、まずは気を付けないと。


嫌なものといえば、黒石市で起きた写真に絡む話。

典型的な自主規制だろうし、言い出しっぺは逃げるか意味不明な弁明をするだろうと予想するのだが、どうだろう。


あとあれか、豊洲の問題で逃げ回る元知事というのもあるのか。

みっともないったらありゃしない。

問題がないのなら正々堂々と出てくればいいだけのことであって。
それを逃げ回るというのは、やましいことがあるからだろうと。

普段は威勢がいいことばかりなのに、自身に絡んでくるとこうなってしまうことは、到底受け入れられないことではあるのだけれどもね。
まあマスゴミのレベルからすれば、到底期待できないけど。


あとなんだ、2020東京五輪に絡むゴタゴタは何なの?

所詮金儲けしか頭にないのだろう。

いやこうなれば、真面目にやめてしまえって。

それ以前にすべき解決されない問題は山積みだろうに。

何度も言うが、近くでは熊本地震、もっと言えば東日本大震災においても、仮設住宅だけとっても未解決状態ではないのか?

己の欲望のためには、息を吐くように嘘をつきまくる為政者には、どうにもこうにもでしかないと。


予報に平地でも雪マークが見られるようになり、個人的には腰がしんどく。

どうにも欝々とした部分が多いままである。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月18日

愚痴る

昨日の予報を見れば、退社時に雨マークがあったものだから、傘をどうしようかと出かける際に逡巡したのね。

で窓から路面が濡れているように見えたものだから、予想に反して朝から降るのかと思って持って出たら、降らない。

日中も外出が地下鉄移動だから持ち歩いていたけれども、当たらない。

退社時も結局降らず、帰宅後ややしばらくして雨音がして、ああ何ということかと嘆いて。
だからどうだでもないけど、非常に損した気分。


最近はちょっと腰痛が出てきていて。
いや歩けないとか、常時痛いとかではないのだけれども、やや心配な傾向ではあって。

加えて昨日午後は話を長めにしている間に、のどが枯れる感じになってきて、もしや風邪かとの懸念が出てきたのだが、熱を測ってみると平常なので、とりあえずは一安心。


昨夕は客のオーダーがあって、部下に見積もりをさせようとしていたのであるが、その口から出た納期に愕然として。

そんなに悠長なことでいいの?自身のペースだけで仕事をするものなの?

どうにもやりきれなくなってしまったのではある。


そしてニュースでは驚くような発言があったのか。

「今までに強行採決をしたことがない」って?
誰が見ても判る嘘を、ここまで堂々と言われると唖然とするよりない。

いやはや。
別にこのことに限らず、何かといえば時に極端に断言するなどの傾向が見られるのだけれども、オイオイそんなに言い切るだけの根拠があるのかよ、ということは少なくなく。

威勢がいいだけで評価なんてできるもんじゃないんだがね。

そもそも経済政策なんて、後世あれは良かったからの理由で名前を付けることはあるのかもしれないのだろうが、それが現在進行中の段階で、勿論評価も定まらないうちから自身の名前を冠すること自体、とっても恥ずかしいことなんだろうとは考えるのだけれどもね。

まあこの辺りは、本来追及すべきマスゴミがあのザマだから、どうにも期待できることにはならんのだけれども。


終盤につれ脱線気味だけれども、これはこれで最大の愚痴だな。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月17日

休日なのに疲労が募っていく

そんなつもりではなかったのですがね、続くときには続くものだと。


その1

帰札後諸々整理と買い物後に外出。
午前中は道立近代美術館に「ゴジラ展」を見に行っていた。

当然のように通常の展示環境にはならず、未就学児が大声を出すのは致し方ないにしても、親が制御できないケースが多いのはちょっと困ったことではあったのかね。

内容としては、昨年の「スター・ウォーズ展」よりは見ごたえがあったね。
ただし「シン・ゴジラ」に関するものは、まだ出せないってことか。まあこれは別の楽しみ方もあるんだろうから、やるのなら単独で見た方がいいのだろう。


その2

宮の沢でJユースカップの試合観戦。
まず相手がクラブチームというのが新鮮で、どんな具合になるかと見ていたら、試合開始早々からいきなりの大応援にまずはおったまげた。

会場入りはキックオフ1時間以上前だったのだが、相手チームの人数がどう見ても過剰で。
実際はベンチ入り以外の選手が応援に回っていた模様なのだが、宮の沢でこれだけのアウエイ応援を見るのはそうそうない。

で試合といえば、前半3-0リードとなれば、本来なら楽勝のはずなのだろうが、終わってみれば7-4というおなか一杯状態。
個人的にも公式戦で合計10得点以上の試合は初だし、正直疲れ果ててしまった。

まあこの結果は、身を引き締めるのにはちょうどいいのかもしれないが。


その3

夜のニンスタの試合については、TV画面にNHKのデータ放送を出し、あとはTLを時折見ることで対処していたのであるが、こと後半凄まじい展開になってしまって、向き合いだけで疲れてしまった。

勿論当事者としては、2度のリードが守れない部分については、結構厳しいことにはなるのだろうが、アウエイでは久々の得点だし、ゴールを決めたのが久々の内村とコンサのリーグ戦では初の中原だったのは好材料にしておく方が健康的だと考えますがね。

まあ第三者的観点からは面白かったであろうことを推察するのだが、ともあれ楽な試合は続かない。


その4

その流れからNHK-BSで「Jリーグタイム」を見たのであるが、基本J1オンリーが、年1度のタイミングでやってくる「J2特集」。

事前に都倉の特集をやると知っていたから、録画もしていたのだが、なんだこの作りは。
どう見てもアイドルの乗りだろう。まさか自身のFM番組収録画像まで出るとは思わなかったぞ。

そして「早野乙」案件多数。おい誰か止めれよレベルの絶好調さで、向き合うこちらが疲れてしまったよ。

最後がサトミキの訪問コスプレやらグルメやらで、全体を通しても緩い作りだったのは、普段の反動なのかね?と考えるようにしよう。


はあ並べるだけでも疲れた。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月16日

想定内の中で

ここの所週末はスポーツ観戦が多くて。

サッカー3試合に、バスケットボール、フットサルと。
個人的にもちょっときついかとでもあるのだが。


Bリーグの方は1週間のうちに4試合というのは流石にしんどいだろうと。
まして後半の方は相手が栃木だから、まああの結果は想定内でしかない。

4節まで来て、おおよその傾向が出てきたと。
レバンガのいる東地区では、6チームの中で東京と栃木がやはり抜けていて。
現実の目標としては優勝よりもプレイオフ進出なのだろうなと。

それにしてもNBL時代よりは派手になって、というのは、昨日見たフットサルとの比較でも明らかでか。


Fリーグの方も波乱がなく来ている印象ではある。

今シーズンはエスポラーダにとっては厳しいことが開幕前から予想されていたわけだ。
そりゃ日本代表選手2人が移籍し、主力選手も退団となれば、なかなかにしんどい。
幸いFリーグには降格がないので、何とかなるのだろうが、もし下位リーグがあれば現実の目標はプレイオフよりも残留になりかねない。

昨日は相手が王者名古屋(ここまで無敗)ということで、多少無理をしても行ってきたのであるが、結果も想定内、1-4で敗戦であった。
まあね名古屋にはエスポから移籍した日本代表ゴレイロがいるわけだから、その辺りが気になることではあったが、やはり流石であった。

最もエスポの方もゴレイロが結構スーパープレイを見せていたから、ゲームとしてはしまっていたのだけれども、やはり隙ができるとやられる、その差が結果として出てくるのだな。

それにしても裏でなんチャラシリーズをやっている一方で、観衆が2千人を超えていたのは評価できるのだろう。
特段のことをしている様子もないので、定着している証左でもあるのだな。


そしてBもFも共通事項として言えるのは、いかにミスを減らすかにかかってくる。

まあこれは他でもそうなんだろうけれどもね。


さて今日は宮の沢に出向いてU-18の道内公式最終戦を見届けてきますか。

いや相手が馴染みのない、恐らく初対戦という辺りが気になるところですが。しっかり後押ししましょう。

posted by akira37 |05:12 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月15日

何故にその日なのか

今回都倉が始球式を務めたこともあって、Bリーグに目が向いた人も多いと思わるのだが、今節の日程が何故に木金で設定されたのかについて、不思議に思われた人も多いと推察する。

通常であれば土日、もしくは金土となるところなのだろうが、その理由は今日土曜日にエスポラーダの試合が先に決まっていたからであるのは自明で。

しかしフットサルの方も、別段日曜でもよいのだが、何故に土曜かといえば、答えはここにあった。
そう日曜日にドッチボール大会があるのだな。
恐らく先にこれが決まっていたから、そのあおりでFリーグが土曜日になり、またそのあおりでBリーグが木金になってしまった、という流れなのだろう。

けど、なんかスッキリしない気分は多分にある。


試合開催日のことで言えば、コンサの次のホームゲームにも言える部分があって。

10/22の土曜日であるが、本来この日はJ1の開催日で、J2は翌日日曜日が原則である。
札幌ドームの予定表を見ても、そこに何か入っている様子は見えない。

とすれば原因はあれだな。取りあえず仮押さえされているあの影響だろうと。

いまやっているなんチャラシリーズが順調に行くとすれば、25-27日に改めてイベントが入ってくる。
とすればもし23日にサッカーの試合をやれば、野球モードへの切り替えが24日になってしまい、前日練習ができない、あるいは短縮される恐れがある。
だからそれを見込んで最初からサッカーの試合を前日にずらした。
これが真相だろう。

ただね個人的にはいい迷惑で。
本来日曜開催であれば予定が重ならないのに、余計なことをしてくれたために、被ってしまっているんだな。

そんなことがあって、また面白くないのではある。

そうこれで公が日本シリーズに進出できなかったり、できたとしても第1・2戦が雨等で延期にでもなれば(セはどっちが勝ち上がってもドーム球場ではないからね)、何のために土曜日にずらしたのか意味不明になるから。

やはりいい迷惑にしかなっていないのか。

posted by akira37 |05:08 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月14日

風物詩

当初は別の話題を考えていたのであるが予定を変更して。

いや流石に私も「えっ?」となったあのことについて。


まあノーベル賞なんてものは、通常その分野に関わっている人以外からすれば、名前が出てきてもほとんど「誰それ?」というのが最初に出てくるものだが、昨夜発表された名前は私も知っていたわけで。

それ以上に、ああ小説家でなくても受賞できるんだ、ということの方が大きかったのかもしれない。

確かに「文学賞」であるから、小説家に限定されたものではないのだろうけれども、違和感はぬぐえないだろうね。

受賞理由については、ここで言及するものではないが。


いやここでタイトルに繋がるのであるが、毎年名前があがる彼については、最早この時期の風物詩と言えるもので。

〇〇キストと言われる人たちが集まって、その瞬間を待っては、今年もダメでしたの繰り返し。
いやもうこれって本人が亡くなるまで、永遠に続くのではないのかと。

ただこの辺に関心がないものからしてみれば、こんなことをしているから受賞できないんだろうとも考えるのだけれどもね。


はい、今年もお疲れさまでした。

posted by akira37 |04:41 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月13日

有り難きはスポンサー様

昨夜退社後、我らの紀伊國屋書店オーロラタウン店様に寄ってから帰ろうとして、これまたいつもルートである丸井今井様一条館1階から大通館地下1階に抜けたら、妙に赤黒かったのだな。

いや間違いないそこにあるのは赤黒の縦縞にドーレくん、ということで改めてチラシを見たら当日からセールをやっていたのだと。
web上でも確認できます。

先月末から公の優勝セールとやらをあちこちで見たくもないのに見せられてきた者にとっては、まさに一服の清涼剤でもある如く、そして有り難いことではありました。

で偶然なのでしょうが、そのセール期間が、あちらのなんチャラシリーズ期間に一致していて。
単純に痛快なことではあります。


まあ丸井今井様に取りましても、ここ20年という期間にはいろいろあって、立場的にも同情できる部分が多くてね。苦楽を共にしてきた印象もあります。

加えて、こんなのもあります。
冊子でも出ているものですが、そのままweb上でも展開されています。

ここに出てくるメンバーに注目なのでしょう。
たまさか企画に都倉の嫁さんが参加している関係で、都倉と石井(とその嫁?)や宏太も出てくるあたりは、流石な感じです。

昨日といえば、早くもクリスマスケーキ予約も始まったわけですが、UHBのニュースではいきなりISHIYAコラボへの注文インタビューが流れたのだとか(当然サポですな)。

こういうのも単純に好感が持てることではあります。


ところで昨日言えば、厭らしいニュースもあったのですな。

そう公の優勝パレードを、よりによってこちらのホーム最終戦と同じ日にやるということ。

当然のようにコンササポの多くが反発、市長へのメールもTL上で呼びかけられて、私もやってみたのですが、早い返信はまあ良いとして、内容はどうもテンプレート化されていた模様。

まあちゃんと返事があるだけましなのでしょうが、理由の一つに降雪云々があって、だったらもっと早くやった方がいいんでないのかとの突っ込みは当然可能。

いや過去にも同様のケースがあったし、反応にも驚かないのであるが、基本はあくまでも公側の事情優先なんでしょう。
詰まる所、先に11/23にファン感をやるから、その直近の休日が前提で。

試合日と同じ日の方が両方見られる云々という記述もあるのですが、それは表面しか見ていない。
双方で運営に関わる人やマスゴミの対応を考えれば、到底思惑通りにはならない。

こちらにしてみれば、当日夜のローカルニュース、あるいは翌朝のスポ紙での扱いが悪くなることは火を見るよりも明らかなことだというのが、まるで理解されていない。

はっきり言えば、あちらの都合優先でしかないんでしょうな。

また最後が嫌味なのが嫌だ嫌だ。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)

2016年10月12日

何かずれている

昨夜の日本代表戦は、まあ結果としては周知の通りなのであるが、試合後のコメントというのが結構マチマチな感じで、何とも言い難い感想になっていたのだな。

単純化すれば、一つの発言でも、是ともとれるし非ともとれるし、といったような塩梅で。
何なんすかね、スッキリとはいかないのだけれども。良くもあり悪くもあり、でそれ以上でもそれ以下でもないというか。

ただ基本部分で関心が薄いから、あまり深入りする気力はない。


それよりもことコンササポ的に衝撃的だったのが、公が優勝パレードをよりによってこちらのシーズン最終戦、ホームで試合のある日にやるというニュースで。

率直なところ、彼らの頭の中には、自チーム以外の動向など関係ないだろう、というのが読み取れる。

以前にもありましたな、こちらの最終戦の前日にファン感をやった実績が。

他に対する気遣いなど一切感じられない、自分たちだけの意思を通そうとすれば、他などどうでもいいのだろう。

どうせ試合は午後だし、パレードは午前で重ならないだろう、で押し通すんだろうな。

問題はそこじゃないんだけど。


たまさか重なってしまったのであるが、来月20日といえば、レバンガが帯広で、エスポラーダが苫小牧で、それぞれホームゲームがある日で。

そちらの動員も気になるところで。

いや地元を大事に、とか言いながら、地元出身者比率では断トツ最下位のチームが何を言うかでもあるのだがね、と嫌味が増えてくるのだが。


まあこの国においては、それ以前に野球そのものが常に特別扱いで。

今日から始まる、なんチャラシリーズのことで、ローカルはもちろん、全国のニュース内でも過剰に詳細に取り上げられていて、何だかなあ、としかの感想しかない。


話が飛躍するけれども、国会の様子というのを垣間見れば、最早日本語が崩壊しているのではないかとしか言えない状況で。

正直意味不明。

そして領収証問題についていえば、小学生以下の発言レベル。
こんな自明なことでもマスゴミは追及しないで垂れ流すだけだし。

ああ嫌だ嫌だ。

posted by akira37 |04:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ