コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2024年06月13日

天皇杯 2回戦 栃木シティ戦

昨日は早めの昼前には自宅を出ていた。
試合参戦以外の理由が2つ。
一つはコーチャンフォー美しが丘店で、未入手の雑誌を2冊手に入れること。うち1冊は難易度が高かったのだが、何とか手にできてご満悦ではあった。
もう一つは市の中央図書館での調べものをすることではあったのだが、月に2度ある水曜日の閉館日だったために目的は果たせず。いやあこれでは時間が余る。


キックオフが19時、開場が17時半。ドームの駐車場には16時からは入れるのだが、それよりも早く予定がなくなってしまって、結果ドームの駐車場で1時間余り車内で待つことだけになってしまったのだった。

ボンフィンを出すのだという。今までは天皇杯は厚別だったから、そもそも作ってもいなかったわけだが。

あくまでも主催は道サッカー協会ではあるものの、グッズ売り場は1か所。当然に殺到するわけだ。
現金以外の専用レジを稼働するのであれば、最初から列を分けたほうがいいのに、この辺りはどうにも、ではある。


そういやドームでは久しぶりの自由席ではあったと。

元々観衆も少なく、周囲も人がまばらとあれば、申し訳ないが観戦環境は悪くない。
最もすぐ近くの指定席側にはガラの悪い野郎がいたのは閉口ものだったが。
というか、特段チケットの確認がなかったから、ズルをするのは可能で本当に正しい席かどうかは怪しい。というのはどうしたものか。


天皇杯開催としては初ドームなのでどんなものかと思えば、ヴィジョンは以前のものを使用していた。だから、現在では表示されない審判団の名前も表示されるということではあったのだな。

そして現在はアディショナルタイム追加時間も時計が動く表示になるのだが、今回はその機能も無しと。


肝心の試合については、前半アディショナルタイムの安い失点がなければねえ、だった。

おかげで無駄に緊張感が募ったわけだが、後半の原君の得点でまあ何とかしんどさからは逃れたわけだな。

正直毎度天皇杯初戦は苦労するのだが、今年はその点で見ればいつもよりは楽に見られたのは、早い時間で得点があったことに尽きる。
勿論内容的には言いたいことは山ほどあっても、今は「勝ち癖」をつけるのが一番と割り切れば、十分ではあったと。最もまた怪我人が増えたのはいただけなかったが。


3回戦は恐らくアウエイ扱いになるんだろうな。
ええドーム使用料金は厚別より高いはずだから、ケチな道サッカー協会としてはやりたくないだろうし。

ともあれ天皇杯での初ドームは、無事に終わったのでした。

posted by akira37 |05:18 | 観戦記 | コメント(0) | トラックバック(0)