コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2020年09月21日

入江から函館へ

昨日のメインは午前10時からの北海道サッカーリーグ第5節「日本製鉄室蘭サッカー部VS北海道十勝スカイアース」@入江運動公園陸上競技場の観戦であった。

天候晴れ、気温20度くらい、風もそんなに強くない絶好の試合日よりであったかと。
スカイアースサポもそれなりに多く来蘭しており、2週間前のノルブリッツ戦よりは雰囲気がらしくて良い。

スカイアースといえばコンサユースOBを多数抱えているわけだが、前半はこと松尾の積極性が目立っていた。もっともシュートは正確さに欠けて、前半は0-0で折り返す。
後半手元の時計で8分・13分にスカイアースが続けて得点した頃は、ゴールラッシュ・圧勝を想定したのだがそうならず。
日本製鉄室蘭が1点を返して、更に終了間際に相手パスミスから同点に追いついて、スカイアースまさかの勝ち点3なしかと思っていたら、アディショナルタイムに松尾の得点で突き放してどうにか勝利という展開であった。(スカイアースのレポートはこちら)

後半だけで5得点、同点に追いついた時の室蘭サイドの盛り上がりも相当であり、道リーグでは珍しいくらいの伯仲した試合を見られたのは幸いであったかと。
また通常1枚出るかどうかのイエローカードも、少なくとも確認できただけで4枚あったから、これも激しさの点でらしからぬ感じではありましたかね。


というところから、午後は函館に移動して投宿する。

実のところ函館は2001年以降毎年何らかの形で来ているし、今更新たな観光でもない。
昨年は同じ9月上旬に仕事で来て、その時は午後から新幹線で東京入りするということをやっていた。

まあ改めて見るところはないにしても、駅前周辺の変わりようのチェックはしていて。
以前和光デパートだったところに建て替えられた「キラリス函館」にある「はこだてみらい館」が未訪だったので行ってみたのだが、何とも形容しがたいところであった。
まあ親が子連れで自由にさせるには良い場所であったり、大人が単独で使うには有料の作業スペースとして有効な感じはする。

そういえば以前五稜郭にあったダイエー跡地のビルにも似た感じのスペースがあったなと。
昨今の公共事業は時として理解を超えることにもなるのかね?


さてこの後はまた大移動ではある。
珍妙な理由によるところは改めることにするが。

posted by akira37 |05:08 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)