コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2012年06月04日

それぞれの場所で

昨日のことを書く場合、一般的にはW杯最終予選の試合のことか、その間に速報で流れたあの事件の容疑者出頭のことか、になるのであろうが、例によって天邪鬼なので、メインで触れることにはならない。


昨日のTLを眺めていた中でもそうだったので、タイトルは決めていたようなものであったのだが、何を書こうとしているのかといえば、コンサがらみのことで。

まずはSSAPで道サッカーリーグの試合があったわけだが、ノルブリッツが圧勝するということにもなっていて。こちらには元コンサユースの選手が加入しているから、その観点で向かった方がいたということで。

一方ドームサブではトップの練習があったから、そちらに出向く方も多かったようで。
TL上では、阪神ファンのこともよく出てくる辺りが面白い事象であったが。
こちらは私も帰札後慌しく街中に出向いた際に、東西線から東豊線に乗り換える姿を見かけているので、まあおおっぴらなことではある。


私自身のメインとしては、厚別に出向いたわけだ。

午後1時半キックオフの、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北海道大会(長い!)の決勝があったからではある。

カードは道都大VS岩教大ということで、こちらもコンサユース上がりの選手が多くいるわけなのだな。
最も道都大には昨今水戸ユース上がりの選手も多く存在しているので、明らかにその追っかけと判る女性が来ていたのには驚いたのだな(大きいカメラを構えて膝掛けでモロ水戸と判った)。

試合の方は序盤道都が押し気味であったのだけれども、一瞬の隙を付いた形で岩教大が先制し、その後取り合って前半は2-1と岩教大リードで終わる。

後半は膠着して、岩教大は明らかにパワーダウンしていたのだが、得点がなく推移してそのまま終わるかと思っていたら、終了間際に道都大が追いついて延長戦へ。

延長戦は10分ハーフであったのだが、どうもPK戦突入の匂いが漂い始めた後半8分頃に岩教大が得点して、これが決勝点となったわけだな。

厚別は快晴であったものの、例によって風はいつも通りあるから、じっとしていると陽が当たっても寒く感じるくらいで。
なかなか落ち着いた気候にはならないね、と感じて帰宅次第ではありましたとさ。

posted by akira37 |05:01 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)