コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年02月23日

〜進化〜 開幕戦 湘南戦現地レポ③

うーん‼️
ラストパスとラストシュートが決まらない!

それにしても、寒い!
道内並み、多分、北風で、気温は、14℃から8℃位に下がり、選手も汗も出ない。

後半、サイド活性化がポイントで、ルーカスと中野が試合展開をチェンジさせそう!

勝つぞ!寒くても!

posted by yuukun0617 |14:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年02月23日

〜進化〜 開幕戦 湘南戦現地レポ②


14:40現地到着!
相変わらず、平塚駅からのシャトルバスは、シャトル⁇には程遠い、ノロノロで、普段10分コースを30分掛けて、スタジアム競技場の端箇所に着くも、なんの案内もなく、やっとで座席に辿り着きました。
サービス精神、ワーストスタジアムの評価は、今シーズンも変化なしですね。

スタジアムは、北風、寒風が吹き、気温とは比べ様もない肌寒さ‼️

しかし、コンササポーター席陣は満席で準備完了!

肌寒さは、サッカー実戦には、最適で、最高の運動量が発揮の環境です!

熱い声援で、熱い選手、チームを支え、完勝を勝ち取りましょう!

posted by yuukun0617 |07:21 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年02月23日

〜進化〜 開幕戦 湘南戦現地レポ①

Z旗ならぬ、サポーター旗を掲げて‼️
シーズン開幕❗️ 我らコンサの出発、出航❗️

初戦、湘南・平塚BMWスタジアムに、コンササポーター席満席とし、
例年以上にパックアップ、応援体制は完璧です。

ここ現地レポを速報でお届けします。

①は、試合環境、状況から。

本日の天候予想は、

晴れ、気温12℃、降水確率0%。ピッチコンディションは最優。
ボールは走り、パスは通ります!
問題は、6〜7mの北寄りの強風が吹き続く、との事です。
北寄りの強風は、北海道からの熱い声援を載せて来ます。
実際、強風対策が、試合に大きな影響を与える事必至です。

ロングボール放り込み、そのポイントに全員殺到攻撃の『ストーミング・急襲戦術』を主戦術とする[湘南]は、ターゲットへのピンポイントフィード成功率が低下します。
一方で、コンサDF・GKは、ボール予測、トラップポイントが変化し、放り込みの跳ね返しの安定性が課題となります。
しかし、強風厚別経験の豊富な、コンサスタメン3DF陣には、充分対応可能範囲内ですね。

接戦予想も多いですが、

シーズン開幕、第1節完勝・複数得点差勝利に向け、チーム、サポーター全力・一丸で、掴み取りましょう!

ではでは出陣準備に入ります‼️

posted by yuukun0617 |06:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年02月20日

〜進化〜 シーズンスタート第1節湘南戦~戦術・試合展開・メンバー予想

「言葉の意味」は、人により「言葉の構造=範囲・内容の深さ」が異なり、千差万別になり勝ちです。ミシャは、日頃より「戦術を徹底して説明しますが、その【核心を把握し理解】する」まで、選手へ反復説明を粘り強く・諦めずに徹底します。
2018シーズンを共にしたコンサ選手は、その【核心】の理解・把握度は高くなっていますが、
新加入選手の中には、
〇「選手人生・生命」の中で、経験・学習により、「既にその【核心】を正しく把握・理解」している選手、
〇「正しい把握・理解」には到達していませんが、そのすぐ近くまで行っていた選手、  がいました。
どちらも、シーズン開幕当初より「ミシャ戦術即実践」選手として大きな期待が可能です。「ロペス」が前例・「ルーカス・岩崎・鈴木・檀崎・中野」が後例ですね。
どちらでもない「中村・中原」の2選手は時間が掛かりますね。
というのも、「ロペス・岩崎・鈴木・檀崎・中野」5選手全員、事前学習・興味で「ミシャ戦術を理解・期待して、コンサに移籍希望してきた」選手です。
という経緯・進展があり、新加入選手も即試合起用可能レベルに到達した訳です。
明日は、朝一の9:30~トレーニングで、Aチーム最終コンディショニングトレーニング後、「前々日移動~前日現地練習」日程に見えますね。
関東・湘南地域は、明日木曜/晴れ14℃、金曜/晴れのち雨13℃、試合当日・土曜/曇り時々雨11℃と天候下り坂でも、気温は温暖。
次戦への「展望予想」は多々出始めましたね。
その多くは、コンサ優勢・勝利高確率、との論調ですが、どうでしょうね。
では、次戦予想を。
1.戦術・試合展開予想
両チームの特徴・現況点検は、既にブログ記載済みですが、
対戦試合キャッチフレーズは、
【コンサ超攻撃的・多彩戦術Vs湘南ストーミング(急襲)・ポジションサッカー戦術】です。(詳細は前ブログをご覧ください)
湘南システム【3ー4ー2ー1】で、コンサ基本システムと同形で、守備時【5ー4ー1】まで同形で、一見≪マッチアップ試合≫とされ兼ねませんが、
戦術は、全く異質、別展開ですね。
➀コンサのボール支配60%程度となり、試合コントロールはコンサで、「コンサの攻勢(守備から攻撃~攻勢~攻撃からボールロストまで)」が続きます。
➁湘南の狙い・戦術は、
「激しいタイトチェックとミスでのボールロスト」狙いで「全員攻撃・ストーミング(急襲)」です。
展開は、ボールロストも辞さずに、強引なサイドスペース・トップへのロングフィードから開始し、その瞬間、ボールポジション・選手ポジションをアップさせる、との「ポジション(重視)サッカー」により、コンサ陣・ゴールへの殺到を仕掛けるもの。 個々選手能力主体で、スピードと走力とハードコンタクトを主軸とする戦術ですね。〈前線へのボール放り込み〉、〈そのポイントに、殺到による数的優位を作り出し〉、強引に「ショートカウンター(ゲーゲンプレス=前線でのボール奪取、からのカウンター)」を作り出し、相手ゴール前でのチャンスを作り出す、との「強引・ストーミング型カウンター」が主戦術であるため、実際では、「ボール支配率低率で試合コントロール困難」「個々能力の突破・阻止された場合の対応・変化力は皆無」「激しいフィジカルコンタクトで、コンディション維持・選手維持が困難」と、「成功率の低い戦術」で、高リスク・高ギャンブル戦術で、「得点獲得力」はリーグ最低水準しかありません。
守備のポイントは「湘南のストーミング対策」で、「個々選手防御」では「YBC・ルヴァン杯戦の横浜FM」撃破の様に、「湘南の思う壺」となってしまいます。「組織・ブロック・連携型守備」での阻止・防御が正解です。
➂コンサの攻撃は、可変システム実践だけで、湘南守備陣は変化対応が困難となり、数的有利、スペース・ギャップ発生で、攻撃ポイント・ターゲット・方法は多様となります。特に、新スタメン選手の多彩攻撃パターン、攻撃得点力、セットプレイ力で、複数得点は必至です。

➃試合展開
試合開始       開始直後から、コンサ攻勢。
     ~ 10分 先制点獲得
     ~ 20分 時々の湘南カウンターも、コンサ組織・連携守備で阻止
     ~ 30分 コンサ攻勢・時々湘南カウンターの中、追加点獲得
     ~ 45分 【 2-0 】コンサ優勢で前半戦終了
後半開始 ~ 60分 コンサ選手交代で活性化
     ~ 75分 追加点獲得
           選手交代で活性化
     ~ 90分 【 3ー0 】で完勝!!
  との試合展開です。

2.メンバー予想
ここは、誰も同一、鉄板でしょう!

  スタメン    
          ジェイ
      チャナティップ ロペス
   菅    深井   荒野  ルーカス
       福森 宮澤 進藤
         ソンユン

  サブ      鈴木 ⇔ 60分ジェイ
          チャナ⇔ 60分岩崎
          中野 ⇔ 75分菅
          白井
          早坂
          小野
          菅野

  ※檀崎・石川・藤村は僅かの差で、ベンチ入り逃す
  ※ミンテ・中原・濱・中村は、困難 

 超強力スタメンですが「駒井」離脱は痛いですね。湘南相手では「休養」で十分ですが、浦和戦では必須選手!!絶対、リカバリーを!!

【 3ー0 】出来るメンバーですね。          

posted by yuukun0617 |20:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年02月18日

〜進化〜 シーズンスタート第1節湘南戦~対戦チーム点検

いよいよ、シーズンイン・スケジュールの開始!!
しかし、驚く事!!
第1節湘南戦;アウェイ・サポーター席は、販売開始30分で完売し、私も買えずに「アウェイ指定席」をギリギリ獲得。
第2節浦和戦;3000席のアウェイサポーター(ビジター)席も、完売!ここは、「ビジター自由席」を獲得!!
2連戦、参戦体制を構築しました~!が、コンサのアウェイ席争奪戦は、Jリーグ屈指で、他チームサポーターの追随を許しませんねm(@^^@)m
サポーターの皆様も、シーズン準備-万端・完璧ですね。

では、本日の本題、対戦チーム点検に移りましょう。
シーズン中、定例ブログスケジュールは、対戦日程毎に、週間スケジュールです。
シーズン中週間スケジュールは、
曜日    内容        【 ブログ記載 】
土曜・日曜;試合  Aチーム ~ 試合内容速報
      TG  Bチーム
日曜・月曜;オフ  全チーム ~ 公式データリリース⇒データ値より試合点検
火曜   ;フィジT全チーム ~ 次戦対戦チーム点検
水曜   ;対戦MT全チーム 
木曜   ;対戦TGAチーム ~ 次節戦術・展開・メンバー予想
金曜   ;前日移動Aチーム ~ ( 同  追加記載 )
      MT  Bチーム
 とチーム週間スケジュールに連動して、ブログ掲載となります。
今シーズンもよろしくお願いします。

本日は、その 次節対戦チーム点検 となる訳です。

1.対戦チーム「湘南」現況
➀2018シーズンの最終戦績は、
13位 勝点41 10勝11分13敗 38得点43失点 得失差-5
                   16位  8位
2017はJ2で比較対象とならないため、
2016シーズン〈降格〉
17位 勝点27  7勝 6分21敗 30得点56失点 得失差-26
2015シーズン〈活躍シーズン〉   15位 15位
 8位 勝点48 13勝 9分12敗 40得点44失点 得失差-4 
                   13位  9位    でした。
この2シーズンと対比すると、
得点・失点数は、活躍の2015シーズンと同程度で、どちらもリーグ最低レベルで、ギリギリでの粘り強いJ1リーグ定着力を証明したとの、シーズンでした。
13位の順位は、稀にみる激しかった昨シーズン「降格圏争い」の中、決して安心出来ない順位として、苦戦!のイメージが強かったですが、得・失点数からも「そんな苦戦の原因がハッキリ分かる」数値でした。
しかし、リーグ戦から離れ「YBCカップチャンピオン」! 強いのか・弱いのか、分かり難いチームです。
➁攻撃数値
2018シーズン
攻撃回数123回-6位 シュート数11.9本-16位 決定率8.4%-14位
2016シーズン<降格シーズン>
攻撃回数127回-3位 シュート数12.6本-10位 決定率6.7%-17位
2015シーズン
攻撃回数132回-5位 シュート数13.6本- 6位 決定率8.0%-15位
※攻撃回数はリーグ上位で攻撃の端緒・スタート回数はリーグ上位に拘わらず、チャンス構築数=シュート数、得点=決定率がリーグ最低レベルで、「ゲームメイク力」「得点力」が決定的な弱点です。
➂守備数値
2018シーズン
被攻撃回数126回-18位 被シュート数15.9本-17位 被決定率7.8%-2位
2016シーズン<降格シーズン>
被攻撃回数131回-17位 被シュート数15.1本-17位 被決定率10.5%-14位
2015シーズン
被攻撃回数134回-15位 被シュート数13.7本-11位 被決定率9.5%-7位
※被攻撃回数=前線守備、被シュート数=中盤守備ともに、リーグ最低レベルで、唯一被決定率=DF・GK守備だけより失点防止を図っている現状で「守備力のポジション毎の緩慢・弱さ」を露呈しています。
攻撃も守備も、残留ギリギリの内容・レベルで、大幅脱却・改善が、リーグ定着・上位ステップアップの大命題ですね。
➃今シーズン・キャンプTG戦績~直前キャンプでの改善状況は~
TMは1月に、[弱小相手対戦3戦]1勝1分1敗/得点不足の2得点・1失点、[中堅相手対戦1戦]1勝/4得点・無失点、しかし、2月、トルコ海外キャンプで、TM設定なく、「失点最小で守備力は評価できるも、得点力不足のままで攻撃力は未改善のまま」です。
➄戦術
「走行距離・スプリント回数はリーグ1位」のハードワーク主軸戦術。システムは【3-4ー2ー1】で、就任7年目となる曹監督の【湘南スタイル】で、プレミア・リバプールで有名な「ストーミング戦術」です。
特徴は、
a.前線からも含めた激しいプレスとボール奪取。
b.全員攻撃の急襲型カウンター・・ショートカウンター=ゲーゲンプレスカウンター。
c.守備ラインは攻撃型・中盤型・守備型を使い分け、
最大の特徴は、
「ボールロストを恐れず」「ボールロストをしてでも、手数を掛けずに狙ったスペースにボールを運ぶ」「ボールロストには、その瞬間、その場でボール奪取を仕掛ける」との戦術で、
「パス戦術」の真逆型で、「ボール保持(支配)での試合コントロール」は無用で、

その結果、
「シュートチャンス=決定機」構築確率は極端に低く、
シュート数は大きく減少し、また、
相手陣突破の成功率が低く、
シュート位置・ポジションも、ゴールから遠く「決定率」低下理由です。
➄移籍・選手保有構成
驚きの大量2018活躍選手の首を決断・実行。(コンサに正反対の保有戦略です?)
看板FW高山・イジョンヒョプ・小川、MF高橋諒・石川俊輝、DFバイア、その他中堅・ベテラン選手を12名整理しました。
「湘南スタイル」を熟知したベテラン・中堅層の大量離脱で、「戦術理解」は大幅に低下です。新選手は、15名に亘る「積極加入」を実施、チーム選手の36%・1/3を入れ替えです。中軸は5選手程度の加入で、戦力は「若返り」は達成するも「戦力低下」が懸念される。
2.今シーズン予想
攻守のプレイ数値レベルは、低水準で、攻撃得点力不足・守備決定機阻止力が乏しく、失点阻止力の向上は困難。
キャンプでのTMでの実戦テスト・実戦でのトレーニング不足は、選手・チームの自信不足・不安懸念継続、具体的改善事項の把握困難で、改善も発生せず、との結果に繋がり、最終順位16位の「降格圏」必至です。

如何でしょうか。コンサのシーズン開始・初戦対戦相手としては、「確実に勝利・勝ち点3獲得」の可能性高いチーム・試合ですね。
第1節より、複数得点・完勝、の試合結果を掴めます!!

posted by yuukun0617 |22:43 | コメント(0) | トラックバック(0)