コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年03月22日

福岡に完敗 ~ 栃木戦、今シーズン初勝利

20100322-01.JPG

ホーム開幕戦、2万1千人を集めたものの、いいところなく完敗。
今シーズンも厳しい戦いが続きそうです。36試合分の1試合は昨年より思い1敗になります。

という結果を受けて序盤の早い段階での勝ちがほしい1戦。
相手はまだ負けがない栃木SC。現実路線に切り替えた第3節でした。


札幌 1-0 栃木 (グリスタ) 3節終了 勝ち点4

20100323-00.JPG

藤山をCBに起用。藤山のプレーはさすがでした。他のコンサの選手たちとJでの経験が格段に違いました。はっきりいって、年齢の面と昨シーズン、あまりゲームに出ていないことは不安でしたが、全く問題ありませんでした。決勝ゴールの内村とあわせて、今シーズンの補強は成功だったといえるでしょう。

シュート数は栃木の方が多かったようですが、点を取られる感じはあまりしませんでした。本当は、あと2、3点ほしかったところですが、次節の岡山戦にとっておくということで。すばらしい勝利とはいえないまでも、とりあえずの結果ということですね。

試合運びとしては、DFラインでボール回す場面がけっこう多かったりしましたが、少し時間をかけて攻撃に移るというのは、かえって落ち着いてプレーできて好印象です。近藤や内村のボールをもらいたいポジションを確かめながら、ボールを運んでいくようなイメージです。そしてキリノにはスピードで勝負してもらう。
藤田も今シーズンここまで積極性を見せていますので、楽しみです。後半、抜け出してシュートの場面も、昨年ならゴール前にパスだったかもしれませんが
迷わずシュートを打ってきました。最後GKをかわせるプレーがあるともっといいのですが。

それから上里に代わって、芳賀のボランチも現実路線の起用で、芳賀も期待に答えたプレーでした。福岡戦の後半でみせた、芳賀がDFラインのセンターに下がって両SBがあがっていくという戦術は、今後は勝っているときに是非やってもらいたい。これが機能すると面白くなると思います。


20100323-01.JPG

ゴンのコンサ初ゴールが早く見たい。



posted by suga-go |23:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

2010年03月08日

キリノ不在で、藤田の積極性が見えた。

第1節 札幌 1-1 鳥栖 (ベスアメ)

今シーズンの開幕戦は、キリノのケガで外国人不在のオール日本人選手のチーム。外人ゼロのメンバーはちょっと記憶にない。逆に、とても新鮮に見えました。昨年までは、クライトンにとりあえず預けてとか、前線のキリノにロングボール出してとか、外人まかせの消極性がつねに見えていたわけですが、外人がいなけりゃ自分でいくしかない。今日の藤田の1点目は、そういう積極性から生まれた得点だったんじゃないかと思います。いいんじゃないでしょうか。

藤田が自分でシュートを打つという意識を強くもってゲームに入ってくれれば、ぜんぜん違ってくると思います。次節以降も期待できますね。

ただし、試合終盤、全員足が止まってしまいました。ホームに帰れず、キャンプからそのまま開幕戦というハンデはありますが、最後に失速してしまうのはコンサドーレの悪い伝統です。それに比べると、鳥栖の試合は終盤に必ず攻撃に勢いが出てくるのはすごいものです。この試合、もしあと5分あったら鳥栖が逆転していた可能性が高かったでしょうね。

今日の勝ち点1は妥当でした。今シーズンも、札幌の戦力は冷静にみると5番手か6番手のチームということになるのでしょう。ただ柏以外の6番手までは混戦になりそうです。次節、ホーム開幕戦、甲府に完勝した福岡は不気味ですが、ここで叩いておかなくてはなりません。3-0で勝つぞ!




posted by suga-go |23:50 | コメント(0) | トラックバック(0)

2010年03月01日

バンクーバーオリンピック終了と、いよいよ開幕

コンサのPSM大分戦は引き分け、まあ、こんなものかしらという感じですが。昨シーズンよりどのくらいレベルアップできるのか、まだよくわからないところですね。とりあえず中山隊長も顔見世出場できて、ひと安心です。
開幕戦参戦のためのツアー申し込み完了、気持ちを盛り上げていきます。

今シーズンの昇格レースは柏、甲府が最有力。次のグループで千葉、札幌、横浜FC、鳥栖か・・・


さて、バンクーバーオリンピック、金メダルこそなかったものの、日本選手たちのがんばりを見ることができました。パシュート、惜しかった、残念。田畑と穂積を支えた中小企業のダイチさん、ありがとう。

浅田真央もよくやったと思いますが、キムヨナには完敗でした。敗因はいろいろありましたが、キムヨナが流暢な英語で外国人記者のインタビューに答えている映像を見て、これはキムヨナの勝ちだと思いました。日本での練習にこだわった浅田選手は、まだ大人になりきれていなかったということなのでしょう。技術的な敗因は今日の日経に原真子記者が詳しく書いていましたね。次のオリンピックでは、大人になった浅田選手に期待しましょう。


もうひとつ、開幕を前に大宮アルデージャの塚本選手の話。
右サイドバックとして期待されていた選手だけに、サッカーができなくなってしまうというのは、ショックでした。
一番、本人が悔しいだろうけれども、病気と闘ってほしいと思います。




posted by suga-go |00:41 | コメント(2) | トラックバック(0)