コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年12月15日

大分消滅の危機? ずさんな再建計画、札幌との違い

今朝の新聞報道で大分に対するJリーグの緊急融資2.5億円が承認されなかったことが出ていました。スポーツ新聞では「大分消滅」との見出しも・・
こちらのブログでも11月24日のエントリーで追加融資について疑問を感じていたのですが。

計画のずさんさに加えて資金繰り予定の説明もなかったとか。クラブに人材がいないだけなのか、真剣さが足りないのか、それともJリーグをなめてるのか。ちょっとひどい状況ですね。損益と資金繰りの違いをわかなない人も多いようなのですが、大分の知事の発言も事態をよくわかってないようでした。

Jリーグからは退会の可能性もあると言われているようですが、きちんと現状を把握して再建してほしいです。昨年まで実績を上げてきていますし、債務超過になったからと言ってJリーグが見放すことはないはずですが・・・


さて、ずさんな計画の中身ですが、10年シーズン、収入14億円、11年シーズン収入15億円と順調に収入増加して、11年から年間3億円以上黒字を出して借入返済をしますというもの。いわゆる絵に描いたモチというヤツです。マルハンの資金がなくなっても、サポンサーを今以上に獲得しますと言っています。もう少し現実的な収入見込みを立てて、人件費を落としたクラブ経営をすべきところが、大分の経営陣はわかっていないようです。

債務超過解消の問題については、年度の収益を積み上げることで3~4年かけるということですが、資本不足には増資による資本増強が普通の考え方のような気がします。札幌でやったようにサポーターに増資を募ることをまずやるべきでしょう。これで一定の資本が集まらなければ、存続に値しないという結論になります。こう考えると、札幌のサポーターの力はすごいと思います。クラブ創設以来、何度もサポーターの増資により赤字の穴埋めをしてきた事実は、他のクラブにはない誇れることです。


04年の札幌は、J1再昇格の問題はあとまわしにして、とりあえず年度の収支を現実的なところで均衡させることを重要視した予算を組みました。ここでの転換により08年の増減資による債務超過解消の達成につながっています。HFCの経営にはまだまだ問題は多いですが、04年の転換については正しい判断でした。ただ、札幌の場合は年間2億円の補助金というセーフティーネットがあったことも大きかったのですが・・・大分トリニータの場合も行政の支援は絶対必要だと思われますが、あの知事はダメかもしれないですね。

札幌と大分を比較すると、入場料収入が5億円台でほぼ同等。サポンサー収入もそれほど変わらず、マルハンのスポンサー収入分があるから大分が20億円の予算を組めた理由でした。マルハン撤退でも札幌なみの経営は可能なはずですが、債務超過額が大きい分だけ予算を削減して(9億円)計画を策定することが出発点となるでしょう。予算圧縮したチームでもサポーターはついてくるのは間違いないので、もっと大胆に選手を入れかえ、増資を実施するのが計画の骨子となると思われます。







posted by suga-go |23:19 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009年12月07日

高木に戻ってきてもらうのはどう?

大宮オフィシャルで札幌07シーズンの守護神GK高木の戦力外が発表されました。大宮は江角が成長したため、高木は2年間飼殺しにあってしまいました。札幌としては、07年昇格の立役者である高木にもう一度チャンスを与えるべきではないでしょうか。荒谷を戦力外にしていますから、高木の復帰はいいんじゃないでしょうか?

09シーズンのGKは佐藤、荒谷、高原とスタメンが変わって、どう見ても安定していたとは言えません。高原の競争相手として入ってもらって、チーム内でのレベルアップいってほしいですね。

もう一人、大宮の戦力外となった富田大介。筑波大時代は曽田のチームメイト。おちゃらけキャラですが、非常に頭のいいプレーヤーですので、札幌の若いヤツらにいい影響を与えてくれると思うので、是非獲得してほしいところです。


今年のシーズンオフは各チームとも緊縮財政で戦力外がかなり出ていますから、がんばればいい補強ができる気がします。内村の獲得が発表されましたが、まだいい選手が残っているので、予算と相談でHFCにがんばってほしいです。






posted by suga-go |23:23 | コメント(0) | トラックバック(0)

2009年12月06日

09年 最終戦 VS東京ヴェルディ

第51節 札幌 2-2 東京ヴェルディ (味スタ)


20091206-00.jpg

51試合の長いシーズンが終わりました。
選手のみなさん、御苦労様でした。勝つというのは、本当に難しいですね。
来年は38試合へ減ってしまいますので、開幕からスタートダッシュできることが必要でしょう。石崎監督も2年目になるので、今シーズンより、クラブの事情が分かっている分、チームつくりを早く行えるのではないかと期待します。


20091206-01.jpg

20091206-02.jpg

今シーズンで退団となる中山、石井、荒谷の3選手。
今日はゲーム終了後、サポーターの前で最後のあいさつができました。
残念ですが、新しいチームで活躍してください。


中山も石井も退団発表のときのコメントで、07年の11月の京都戦が思い出深いと言っていましたが、あの試合は今思い出しても、興奮しますね。全道各地からコンサドーレの応援に駆け付けたサポーターたち。あの盛り上がりを来年こそは味わいたいと思います。


posted by suga-go |23:33 | コメント(0) | トラックバック(0)